◆市場調査レポート:2013年07月19日発刊

2013 次世代携帯電話とキーデバイス市場の将来展望

スマートフォン差別化の方向性、ウェアラブルデバイスとの融合・連携・競合、スマートフォンの将来像を徹底分析
−調査の背景−
  • 2012年の世界の携帯電話市場は、前年に引き続きスマートフォン市場が拡大し、山寨機を含んだ全体市場は15億8,700万台、前年比107.4%となり、好調であった。中国市場の拡大に伴い、エントリークラスの端末ラインアップを拡充したことで、ローエンド市場が大きく伸びたことが背景にある。タブレットに関しても同様に、1億5,140万台、前年比150.2%と急速に成長した。
  • 毎年飽和がささやかれる携帯電話市場であるが、新興国を中心に新規需要はまだ残存しているとみられている。今後は新興国市場においても徐々に買い替え需要にシフトしていくとみられるが、ローエンド市場が大半を占める分、買い替えサイクルが短いとみられており、携帯電話市場は堅調に推移していくと考えられる。
  • スマートフォンの普及とともに、端末やインフラのLTE対応が加速度的に進んでいる。2013年Q4にはいよいよ中国市場においてTD-LTEがサービスインするとみられており、韓国ではLTE-Advancedのサービスインも予定されている。
  • 通信の高速化はコンテンツのリッチ化やデバイスの高機能化につながる。シーズ先行の感は多分にあるものの、デバイス開発のスピードは上昇している。キーパーツにおいては、over Full HDのディスプレイや20Mカメラ、オクタコアプロセッサーの搭載が視野に入ってきている。
  • 一方で、デバイスが画一化してきていることで、メーカー間の差別化のポイントはソフトウェアやUI、デザインにシフトしてきており、特に見た目の高級感と使いやすさの追求に試行錯誤している。
  • また、スマートフォンを取り巻く環境も大きく変わってきている。6inを超える大画面ディスプレイを搭載したスマートフォンの登場はスマートフォンとタブレットの垣根をあいまいにし始めており、スマートウォッチやヘッドマウントディスプレイなどのウェアラブルデバイスの登場は通話やメールの確認といった基本タスク面をサポートしていくことから、フィーチャーフォン需要に大きく影響を与えるとみられている。
  • 本レポートでは、上記のような市場環境を踏まえつつ、LTEの最新動向、スマートフォン/タブレット向けのキーデバイスの最新動向、大手携帯電話端末/スマートフォンメーカーの取り組み状況などを調査、検証した。また、ウェアラブルデバイスの最新動向を調査することで、スマートフォンとの連携や融合についても考察を行った。
  • 本調査レポートが関係各社の今後の事業戦略立案にあたり、一助となれば幸いである。
−調査目的−
  • 本レポートでは、成長著しいスマートフォン市場と、同市場と今後競合・共存していくであろうタブレット、電子書籍およびウェアラブルコミュニケーションデバイス市場、それらのキーデバイス市場を調査し、今後のセット機器におけるデバイストレンドを明らかにすることにより、関連メーカー各社に有意義な情報の提供を行うことを目的とした。
−調査対象−
1) 携帯電話(フィーチャーフォン、スマートフォン)およびタブレットメーカー 8社
2) アプリケーション 4品目
3) キーデバイス 32品目
高周波デバイス  4品目
情報処理系デバイス  4品目
無線デバイス  2品目
カメラ系デバイス  1品目
表示/出力系デバイス  6品目
バッテリー  1品目
センサー  4品目
基材系デバイス  3品目
新規デバイス/材料  7品目
調査対象(アプリケーション)の製品定義
  • スマートフォン:スマートフォンOSを搭載し、通話機能を持つ端末
  • 大画面スマートフォン:上記のうち、6in以上のディスプレイを搭載する端末
  • タブレット:スマートフォンOSを搭載したバー形状の端末で通話機能を持たない端末
  • 電子書籍:電子ペーパーディスプレイおよび各種OSを搭載した端末
−目次−
I. 総括(1)
1. ワールドワイドにおける携帯電話およびキーデバイスの市場展望(3)
2. 情報通信端末の将来像(4)
2.1 携帯電話の形状、デザインの変遷(4)
2.2 ウェアラブルデバイスとスマートフォン(6)
2.3 スマートフォンにおける専用機器機能の取り込み(8)
2.4 デザインやUIの変化がもたらす差別化の可能性(10)
3. 携帯電話市場動向(12)
3.1 携帯電話市場規模推移(12)
3.2 カテゴリー別スマートフォン市場動向(14)
3.3 スマートフォンOSの動向(16)
3.4 携帯電話メーカーシェア(18)
4. 通信市場概況(24)
4.1 通信技術概要/通信方式変遷(24)
4.2 携帯電話における周波数割り当て一覧(27)
4.3 LTE導入における各国のキャリア動向(31)
5. 高速通信が実現する生活環境のスマート化(52)
6. 主要デバイスのまとめ(56)
6.1 CPUの高速化、多コア化の動向(56)
6.2 カメラモジュールの高性能化(58)
6.3 ディスプレイのトレンド(62)
6.4 センシングデバイスが切り開く未来(64)
6.5 携帯電話の薄型化、軽量化を支える技術(68)
II. 主要携帯電話メーカーのケーススタディ(71)
1. Samsung El.(73)
2. Nokia(76)
3. Apple(79)
4. ZTE(82)
5. Huawei(85)
6. LG El.(88)
7. HTC(91)
8. ソニーモバイルコミュニケーションズ(94)
III. アプリケーション(97)
1. 携帯電話(99)
2. タブレット、電子書籍(103)
3. ウェアラブルコミュニケーションデバイス(107)
4. データ通信モジュール(112)
IV. キーデバイス集計(115)
1. 市場動向集計(117)
2. メーカーシェア集計(131)
V. キーデバイス個票(137)
1. 高周波デバイス(139)
1.1 SAWデバイス(141)
1.2 パワーアンプ(146)
1.3 RFモジュール(151)
1.4 水晶振動子/TCXO(156)
2. 情報処理系デバイス(163)
2.1 ベースバンドプロセッサー(165)
2.2 アプリケーションプロセッサー(169)
2.3 NANDフラッシュメモリー(174)
2.4 モバイルDRAM(179)
3. 無線デバイス(185)
3.1 WLAN/Bluetooth統合チップ、GPS(187)
3.2 NFCチップ(195)
4. カメラ系デバイス(201)
4.1 カメラモジュール/関連デバイス(203)
5. 表示/出力系デバイス(221)
5.1 ディスプレイ(223)
5.2 タッチパネル(238)
5.3 カバーガラス(248)
5.4 スピーカー/レシーバー(253)
5.5 マイクロフォン(258)
5.6 振動デバイス(263)
6. バッテリー(269)
6.1 リチウムイオン二次電池(271)
7. センサー(277)
7.1 電子コンパス(279)
7.2 加速度センサー(285)
7.3 ジャイロセンサー(291)
7.4 指紋認証センサー(297)
8. 基材系デバイス(301)
8.1 積層セラミックコンデンサー(303)
8.2 インダクター(308)
8.3 部品内蔵基板(313)
9. 新規デバイス/材料(317)
9.1 フレキシブルディスプレイ(319)
9.2 次世代バッテリー(322)
9.3 ワイヤレス充電モジュール(328)
9.4 バイタルサインセンサー(332)
9.5 気圧センサー(336)
9.6 IC温湿度センサー(341)
9.7 新規筐体材料(345)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2013 次世代携帯電話とキーデバイス市場の将来展望

頒価
120,000円+税

発刊日
2013年07月19日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
347ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 130,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 240,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ