◆市場調査レポート:2013年07月03日発刊

2013 M2Mソリューション関連マーケティング調査総覧

クラウド、ビッグデータで進展しているM2Mソリューション市場を調査・分析
−調査の背景−
  • M2M(Machine to Machine)とは、通信モジュールを機器や自動車などに搭載して自動的にデータを収集するシステムである。通信モジュール価格や通信料の低下、通信高速化を背景として適用領域の拡大が期待されている。M2Mは通信キャリアやSIer、メーカーなどが新規領域の拡大を目指して積極的に取り組んでいる。M2Mプラットフォームを構築し、クラウドサービスとして提供することで、ユーザーの裾野拡大を狙っている。
  • M2Mの歴史は長く、携帯電話サービスの2G時代から取り組まれてきた。M2Mは移動体通信も固定通信も採用されており、どちらがM2Mに適しているということは言えないが、動体には移動体通信しか利用できないなどの制約がある。固定回線と違って工事が不要なことも移動体通信のメリットになっている。3G/LTEの時代になっても、通信キャリアは契約数の増加を目指して積極的に事業展開を行っている。また、国内M2Mユーザーの海外進出のためのサービス提供も行われている。
  • 従来M2Mシステムは、オーダーメイド型であり、開発には多大なコストと時間がかかり、M2Mシステム利用は大手企業利用が中心であった。これに対して、データ収集、分析機能を備えるM2MプラットフォームがSIerやメーカーから提供され始めている。M2Mに必要な機能を共通化して提供するため、ユーザーはM2Mプラットフォーム活用によりオーダーメイド型のように一から開発する必要もなく、サービス提供コストの抑制とサービスインに伴う時間短縮やプラットフォーム部分での開発も必要ない、などのメリットが受けられる。
  • アプリケーションとしては自動販売機、検針、車載、リモート監視、コンシューマー機器などさまざまな用途で利用されている。業務効率化や、法制度・自然災害・事故などの外部要因、グローバル化といった要件からM2Mの需要は拡大しており、今後も用途開拓が進んでいくものとみられる。M2Mに新規参入する事業者もあり、農業や医療、ヘルスケアといった比較的まだ開拓が進んでいない分野において、ビジネスモデルの開発が目指されている。
  • 当調査レポートは、通信キャリアやソリューション事業者、通信モジュールメーカー、通信機器メーカーなどの関連企業へのヒアリングを通じ、M2M有望分野、M2Mプラットフォームの動向、ビジネスモデル、主要企業の戦略や狙い、ユーザー動向などを明らかにし、M2M関連企業のビジネスモデル立案やサービス・製品開発の際に参考となる情報を提供することを目的に作成した。
  • 末筆ではございますが、当資料作成にあたり、ご多忙中にも関わらず、快く取材に応じていただきました各社ご担当者の方々に対して深く御礼を申し上げます。
−調査目的−
  • 本調査レポートでは、M2M関連ビジネスを展開する通信キャリア、ソリューション事業者、通信モジュールメーカー、通信機器メーカー、M2Mサービス事業者などへのヒアリングにより、M2Mアプリケーション市場、通信サービス市場、M2M関連ハードウェア市場、M2Mプラットフォームおよび関連市場動向について調査分析し、関連事業戦略のためのマーケティングデータを提供することを目的とした。
−調査対象−
1. アプリケーション市場18品目
2. 通信サービス市場4品目
3. プラットフォーム市場1品目
4. 移動体通信モジュール市場3品目
5. 通信機器市場1品目
−目次−
I. 総括編
1. M2M関連市場の現状と将来展望(3)
2. M2Mアプリケーション市場動向、市場構造(6)
3. M2Mで利用されるインフラ、ハードウェア市場動向(41)
4. 無線通信技術とアプリケーション別の親和性(48)
5. 参入事業者のビジネス戦略(55)
6. M2Mプラットフォーム市場動向(72)
7. ビッグデータビジネスへの発展と課題(75)
8. M2Mに関する制度、法規制(77)
9. 海外展開、海外市場動向(81)
10. 関連市場規模推移・予測(85)
11. 関連市場マーケットシェア(2012年度)(88)
II. アプリケーション市場編
1. 自動販売機管理(93)
2. 電気自動検針(99)
3. LPガス自動検針・集中監視(108)
4. 水道自動検針(116)
5. 車両運行管理(122)
6. 農業生産管理(131)
7. 見守りソリューション/サービス(138)
III. M2M活用事例編(主要アプリケーション)
1. 機械メンテナンス(149)
2. モバイル電子決済(151)
3. 環境監視(153)
4. 河川監視(155)
5. 橋梁監視(157)
6. 気象情報収集(159)
7. EV/PHV向け充電インフラ管理(161)
8. テレマティクス(163)
9. AED遠隔監視(165)
10. BEMS/FEMS(167)
11. HEMS/MEMS(170)
IV. インフラ市場編
1. 通信サービス(177)
(1) 携帯電話サービス(177)
(2) PHSサービス(183)
(3) WiMAXサービス(187)
(4) MVNOサービス(191)
2. M2Mプラットフォームサービス(195)
V. ハードウェア市場編
1. 移動体通信モジュール(205)
(1) 携帯電話通信モジュール(205)
(2) PHS通信モジュール(210)
(3) WiMAX通信モジュール(213)
2. 通信ボックス(217)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2013 M2Mソリューション関連マーケティング調査総覧

頒価
150,000円+税

発刊日
2013年07月03日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
222ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 160,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ