◆マルチクライアント調査レポート:2010年10月29日発刊

2010 液晶TV前面板と構成部材の将来展望

表面処理フィルム、ガラス/プラスチック基材、OCA需要の将来性分析
−調査の背景−
  • 2009年からデザインの差別化を目的として導入された液晶TV用前面板は、2010年にはSamsungを除く大手TVブランドで採用モデルが増えつつあります。
  • 前面板は意匠性向上以外にも、TV筐体の表側をガラス化することによるトータルコストの削減、3D-TVにおけるλ/4板(Xpolなど)の支持体としての役割も注目されるようになりました。一方で、コストダウンを目的として、ガラス基材へのダイレクトARコーティング(表面処理フィルムレス)、樹脂基材(ポリカーボネート)材料の検討が行われています。
  • 一方、表面処理フィルムの仕様はクリアLRが急増すると同時に、AGではローへイズ化が急速に進みつつあり、2011年にはヘイズ5%未満まで低下する見込みです。ほぼクリアとも言えるローヘイズAGとクリアLRとの競合やすみ分け方が注目を集めています。
  • 層構成や仕様、各部材の供給能力、貼合能力不足が注目されている業界であり、当該レポートでは下記ポイントにフォーカスして調査を行いました。
    調査のポイント
    • TVブランドメーカーヒアリングによるTV表面処理、前面板のニーズについて調査
    • 主要構成部材の生産能力、増強計画の把握
    • 液晶TV前面板市場の業界構造、納入関係を把握
−調査目的−
  • 本資料は、TVメーカー、前面板メーカー、反射防止フィルムメーカー、OCAメーカーに対して調査、分析を行う事により、液晶TV前面板の周辺業界の実態把握と将来展望を明らかにすることを目的とした。
−調査対象−
1) 液晶TVブランドメーカー8社
2) 前面板メーカー5社
3) 反射防止フィルムメーカー5社
4) 対象製品/部材液晶TV、前面板、ガラス基材、反射防止フィルム、OCA
−備考−
単語意味
ASPAverage Selling Price(平均単価)
AGアンチグレア
ARAnti Reflection(低反射)
CAGR年平均成長率
CHCクリアハードコート
HCハードコート
LRLow Reflection(低反射)
−目次−
1.0 総括(1)
1.1 前面板導入の背景(2)
1. LCD TVの生産拡大と付加価値のトレンド(2)
2. 前面板搭載LCD TVモデルの位置づけ・市場投入背景(3)
1.2 前面板採用動向〈LCD TVメーカーの前面板搭載モデル製品化経緯〉(4)
1.3 TVメーカー別採用計画と前面板ベンダー(2010年見込み)(5)
1. LCD TVメーカーの前面板モデル出荷計画(5)
2. LCD TVメーカーと前面板ベンダーの供給マトリクス(5)
1.4 TVメーカーの前面板、構成部材バリューチェーン(6)
1. ソニー(6)
2. シャープ(6)
3. LG Electronics(7)
4. Philips(7)
5. SKYWORTH(8)
6. 東芝(8)
1.5 前面板仕様/層構成のパターンとトレンド予測(9)
1. 主要TVメーカーの採用前面板仕様/層構成推移(9)
2. 前面板仕様/層構成推移・トレンド予測予測(11)
1.6 前面板製造フロー(12)
1.7 サイズ別層構成別コスト構造(14)
1. ソーダライムガラス/フィルム両面貼合(15)
2. ソーダライムガラス/フィルム片面貼合(16)
3. Gorillaガラス/フィルム片面貼合(17)
1.8 パッシブ型3D-TVにおける前面板需要の考察(18)
1. パッシブ型3D-TVの市場概況(18)
2. パッシブ型3Dディスプレイの構造(18)
3. 3D円偏光フィルムへのアプローチ(18)
4. 前面板の受容性(19)
2.0 TVセット市場(20)
2.1 TV方式別生産実績・予測(2009年〜2015年)(21)
1. TV方式別生産実績・予測(21)
2. LCD-TV地域別出荷実績・予測(22)
3. LCD-TV ディスプレイサイズ別生産実績・予測(23)
4. 3D-LCD-TV方式別生産実績・予測(24)
5. 前面板採用LCD-TV(25)
2.2 液晶TV生産シェア・計画(2009年、2010年)(26)
1. LCD-TVメーカーシェア(2009年、2010年)(26)
2. 主要メーカーのLCD-TV生産委託動向(2009年/2010年)(27)
3. OEM/ODM関係図(28)
4. 主要ブランドメーカーの2011年販売計画と製品開発コンセプト(29)
2.3 TVブランド別TFTモジュール調達実績・計画(2009年、2010年)(30)
1. TV用LCDアライアンス動向(30)
2. TVブランド別TFTモジュール調達実績・計画(2009/2010年)(31)
2.4 主要TVブランド別反射防止フィルム需要(32)
1. 主要8ブランドにおけるTV表面処理方式の概況(32)
2. 主要8社の反射防止フィルム需要量(推定)(33)
3.0 液晶TV用前面板市場(34)
3.1 液晶TV用前面板(35)
−共通調査項目−
1. 製品概要/定義
2. 業界構造
3. 参入状況
4. 主要製品のスペック
5. 材料の利用効率
6. 市場動向(市場規模推移・予測 2008〜2015年)
7. メーカーシェア
8. 地域別生産・販売動向(2010年見込み)
9. 価格動向(2010年第3四半期)
10. 技術ロードマップ
11. 主要メーカーの事業戦略
12. タイプ別ウェイト
13. 納入関係
4.0 構成部材市場(44)
4.1 前面板用基材(ガラス/樹脂)(45)
4.2 反射防止フィルム(TV偏光板/前面板用)(52)
4.3 前面板用OCA(テープ/樹脂)(61)
−共通調査項目−
1. 製品概要/定義
2. 業界構造
3. 参入状況
4. 主要製品のスペック
5. 材料の利用効率
6. 市場動向(市場規模推移・予測 2008〜2015年)
7. メーカーシェア
8. 地域別生産・販売動向(2010年見込み)
9. 価格動向(2010年第3四半期)
10. 技術ロードマップ
11. 主要メーカーの事業戦略
12. タイプ別ウェイト
13. 納入関係
5.0 ケーススタディ(68)
5.1 TVメーカーケーススタディ(8社)(69)
−共通調査項目−
1. 企業プロフィール
2. 液晶TV事業
1) 液晶TV出荷台数と計画
2) 表面処理方式別ウエイトの推移と見通し
3. 前面板採用状況
1) 採用モデルの推移と見通し
2) 主力モデルの仕様
3) 前面板採用実績と計画
4) 前面板についての考え方・ニーズ(前面板の意義/必要性、基材、前面板用反射防止フィルム、OCA、パッシブ3Dについての見解)
5.2 前面板メーカーケーススタディ(5社)(97)
−共通調査項目−
1. 企業プロフィール
2. 前面板のビジネス形態とバリューチェーン
3. 生産ラインの状況
4. 前面板出荷実績と計画
5. 前面板及び構成部材に関するコメント(前面板の意義/必要性、基材、その他)
6. 新製品/技術開発動向
5.3 反射防止フィルムメーカーケーススタディ(5社)(112)
−共通調査項目−
1. 企業プロフィール
2. 生産ラインの状況
3. 主要販売先
4. タイプ別出荷実績と計画(前面板向け、偏光板向け、CHC+LR、CHC、AG、AG+LRに区分)
5. TV表面処理に関する見解
6. 新製品/技術開発動向
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2010 液晶TV前面板と構成部材の将来展望

頒価
190,000円+税

発刊日
2010年10月29日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
126ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ