◆市場調査レポート:2010年05月26日発刊

2010年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

汎用樹脂からスーパーエンプラまでフィルム・シート市場を完全網羅し成長分野を徹底分析!
−調査の背景−
  • プラスチックフィルム・シートは、樹脂(ポリマー)の代表的な加工方法であり、汎用樹脂からスーパーエンプラまで幅広くフィルム・シートとして展開されている。
  • フィルム・シートの用途は多岐に亘っており、身近な食品容器・包装資材やゴミ袋などの他に、液晶パネルや自動車などの各種産業用としても採用されている。
  • 加工貿易国とも言える日本にとって、フィルム・シート技術は強みである。例えば、液晶パネル用のフィルム・シートは、これまで日本企業の独壇場であった。しかしながら、近年は中国や韓国、台湾などの海外メーカーの勢力が増してきており、日本メーカーのシェアは低下している。これまでと同じ製品・機能では、安価な海外メーカーを凌ぐことが難しくなっている。
  • 容器・包装分野におけるフィルム・シートは、内需型(国内生産・消費の品目)で、安価な海外輸入品との競合も少ないが、素材間の競合が激しく、低コスト要求が強いため、採算を確保するためには、高付加価値製品の開発や、新規用途展開が求められる。
  • プラスチックフィルム・シート市場は、既存の用途・機能だけでは生き残ることが難しい市場と言え、常に新規用途開拓や高付加価値化などのイノベーションが求められる業界とも言える。
  • このような中にあって、プラスチックフィルム・シート関連各社にとって、市場トレンドや、競合他社の事業動向を把握する重要性は年々増しており、広い視野に立ったマーケティングの必要性は高いと考える。
  • 本調査レポートでは、上記背景を踏まえ、2008年に発刊した「2008年プラスチックフィルム・シート市場の現状と将来展望」のデータを見直し、最新の市場動向、技術動向、成長品目トレンド、メーカー動向を調査した。特に、今後市場拡大が予測される用途市場を品目ごとに抽出し、注目用途動向を明確化することを目的とした。
  • なお、今回集計した52品目のトータル市場は、2009年実績で513万2,382t、2兆6,445億円を示している。
  • これらプラスチックフィルム・シート市場の方向性・注目拡大用途動向を明確化することで、今後のフィルム・シートにおけるビジネス事業戦略を策定する参考データとして、当資料が関連企業の経営・研究開発・販売・マーケティング全般において、ご活用いただけるものと確信しております。
−調査目的−
  • 本調査は、プラスチックの利用形態において最も汎用性が高く、幅広い分野で利用されているプラスチックフィルム・シート市場の現状をまとめるとともに、末端製品分野の需要動向、環境対策や海外の概況などを把握することで、同市場の今後の方向性を明確化することを目的とした。
−調査対象−
プラスチックフィルム(44品目)、シート(8品目)、合計52品目
分類品目
汎用樹脂フィルム
(20品目)
PEPEフィルム(LDPE、L-LDPEシーラント、HDPE、PEパレットストレッチ、PEシュリンク、PEラップ)
PVCPVCフィルム(PVCストレッチ、PVCラップ、農ビ、PVCマーキング、PVCインテリア)
PPOPPフィルム、CPPフィルム、PPシュリンクフィルム
PSPSフィルム
POPO系フィルム(PO系ラップ(業務用)ストレッチ・シュリンク、PO系ラップ(小巻)、多層PO系シュリンク
PVA二軸延伸PVA、PVA無延伸フィルム
EVOHEVOHフィルム、EVOH系共押出フィルム
PVDCPVDCフィルム、PVDC系共押出フィルム
EVAEVAフィルム
PVBPVB
PMPポリメチルペンテンフィルム
PMMAPMMAフィルム
ウレタンTPUフィルム
セルロースセロハン、TACフィルム
エンプラフィルム(9品目)延伸PAフィルム(ONY)、無延伸PAフィルム(CNY)、PCフィルム、環状ポリオレフィンフィルム(COP/COC)、変性PPEフィルム、PETフィルム、PENフィルム、PBTフィルム、PANフィルム
スーパーエンプラフィルム(7品目)PPSフィルム、LCPフィルム、PESフィルム、PEIフィルム、PIフィルム、PEEKフィルム、その他エンプラシート(POM/PAI/PPS/PSU/PAR)
その他(8品目)PLAフィルム・シート、バイオプラフィルム・シート、PTFEフィルム・シート、ETFEフィルム、PVFフィルム、PVDFフィルム、耐熱透明フィルム、アラミドペーパー
シート(8品目)PPシート、その他PPシート、HIPSシート、OPSシート、A-PETシート、EVOH系共押出シート、PMMAシート、PCシート
PEフィルム(6品目分)、PVCフィルム(5品目分)、PO系フィルム(5品目分)は1ケーススタディとして取り上げた。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 価格動向
4. 市場概要
5. メーカーシェア
6. 用途動向
7. 競合・棲み分け状況
8. 環境対策動向
9. 材料・技術改良ニーズと研究開発動向
10. 海外動向
11. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. プラスチックフィルム・シートの市場トレンド(3)
1) 調査結果概要(全体市場)(3)
2) 市場規模推移及び予測(2006年〜2013年)(4)
3) 市場トレンド(6)
4) 注目成長品目(8)
(1) 成長率ランキング一覧(8)
(2) 主要成長率品目(10)
(3) 販売量・販売金額における主要高成長品目(12)
5) 国内のフィルム・シート市場(14)
2. 分野・用途別動向と注目成長分野(16)
1) 分野別フィルム・シート市場構造(全体市場)(16)
(1) 分野別市場動向(16)
(2) 注目動向とキーワード(17)
2) 容器・包装分野(20)
(1) 容器・包装分野におけるフィルム・シート市場構造(20)
(2) 包装用フィルム競合状況(22)
3) エレクトロニクス分野(23)
(1) エレクトロニクス分野におけるフィルム・シート市場構造(23)
(2) 関連する川下市場の方向性(24)
(3) 光学フィルムにおける競合状況(25)
(4) その他エレクトロニクスにおける競合状況(25)
4) 自動車分野(26)
(1) 自動車分野におけるフィルム・シート市場構造(26)
(2) 自動車分野におけるプラスチックフィルム市場のトレンド(27)
5) エネルギー分野(28)
(1) エネルギー分野におけるフィルム・シート市場構造(28)
(2) 太陽電池関連フィルムの位置付けと競合状況(29)
6) その他産業におけるフィルム・シート市場構造(32)
3. 表面加工動向(33)
1) フィルム・シートにおける表面加工概要(33)
2) プラスチックフィルム・シートにおける表面加工一覧(34)
4. 価格動向(36)
1) 用途と価格の関連性(36)
2) 品目別価格ランキング(37)
II. 集計編(39)
1. 主要参入企業一覧(41)
2. 市場規模推移及び予測一覧(2006年〜2013年予測)(48)
3. 品目別メーカーシェア及び用途別ウエイト(2009年)(64)
4. 注目用途動向一覧(79)
5. 価格一覧(83)
III. 品目別市場編(85)
汎用樹脂フィルム
1. PEフィルム(88)
2. PVCフィルム(97)
3. OPPフィルム(106)
4. CPPフィルム(112)
5. PPシュリンクフィルム(118)
6. PSフィルム(122)
7. PO系フィルム(127)
8. 二軸延伸PVAフィルム(136)
9. PVA無延伸フィルム(140)
10. EVOHフィルム(144)
11. EVOH系共押出フィルム(150)
12. PVDCフィルム(155)
13. PVDC系共押出フィルム(160)
14. EVAフィルム(164)
15. PVBフィルム(170)
16. ポリメチルペンテンフィルム(176)
17. PMMAフィルム(181)
18. TPUフィルム(188)
19. セロハン(191)
20. TACフィルム(196)
エンプラフィルム
21. 延伸PAフィルム(ONY)(202)
22. 無延伸PAフィルム(CNY)(208)
23. PCフィルム(212)
24. 環状ポリオレフィンフィルム(218)
25. 変性PPEフィルム(224)
26. PETフィルム(229)
27. PENフィルム(236)
28. PBTフィルム(242)
29. PANフィルム(248)
スーパーエンプラフィルム
30. PPSフィルム(254)
31. LCPフィルム(260)
32. PESフィルム(265)
33. PEIフィルム(269)
34. PIフィルム(274)
35. PEEKフィルム(280)
36. その他エンプラシート(POM/PAI/PPS/PSU/PAR)(286)
その他
37. PLAフィルム・シート(294)
38. バイオプラフィルム・シート(298)
39. PTFEフィルム・シート(304)
40. ETFEフィルム(308)
41. PVFフィルム(311)
42. PVDFフィルム(314)
43. 耐熱透明フィルム(317)
44. アラミドペーパー(322)
シート
45. PPシート(328)
46. その他PPシート(334)
47. HIPSシート(339)
48. OPSシート(BOPS)(344)
49. A-PETシート(350)
50. EVOH系共押出シート(356)
51. PMMAシート(361)
52. PCシート(366)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2010年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

頒価
97,000円+税

発刊日
2010年05月26日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
371ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 107,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ