◆市場調査レポート:2010年02月08日発刊

2010 注目モバイル端末とキーデバイス市場総調査

携帯電話/スマートフォンおよび主要モバイル端末(ネットブック/電子書籍/PND等)の搭載デバイスを徹底分析
「次世代携帯電話とキーデバイス市場の将来展望」リニューアル版
−調査の背景−
  • 2009年の携帯電話市場は2008年末から続く不況の影響により、約10億4,000万台と2008年比約15%のマイナス成長となった。今後は市場自体は緩やかに上向いてくるものの、全世界的な買い替えサイクルの長期化などから、徐々に成長率も鈍化し、安定的に推移していく市場となっていく見込みである。
  • 携帯電話以外のモバイル端末においては、データカードの登場により、携帯電話の通信網を利用した高速データ通信の恩恵を簡単に受けられる時代となりつつある。携帯電話に関しても高機能プロセサの搭載、フルブラウジング、TV視聴、高画素カメラ、電子ブックなどといった機能が搭載され、携帯電話とその他のモバイル端末の垣根がなくなりつつある。
  • このような市場環境の変化に伴い、デバイスメーカーとしては市場規模の大きい携帯電話市場を注視しつつも、その他のモバイル端末市場を真剣に開拓し、携帯電話に次いで市場展望に期待が持てるモバイル端末に対してデバイス開発をせざるを得ない状況となっている。
    本レポートではこのような世界の状況を受け、携帯電話以外のモバイル機器向けのキーデバイス情報を新たに追加している。
  • 本レポートでは、3.9G/4G/WiMAXなどの次世代通信に向けた携帯電話とキーデバイスの最新動向や国内外の大手携帯電話メーカーの事業戦略を検証する一方で、ネットブック、PMP(ポータブルミュージックプレーヤ)、PND(ポータブルナビゲーションデバイス)などのモバイル端末に関しても同様にキーデバイスの最新動向を追うことにより、モバイル端末全般におけるキーデバイス市場を俯瞰し、その将来展望を明らかにすることを目的とする。
  • 本調査レポートが関係各社の今後の事業戦略立案にあたり、一助となれば幸いである。
−調査目的−
  • 本レポートでは携帯電話端末と垣根のなくなりつつある注目モバイル端末市場において、キーデバイスの最新動向を明らかにすること、各端末の将来像を明らかにすることを目的としている。
−調査対象−
1) 携帯電話/スマートフォン14社および注目モバイル端末の端末メーカー各社
2) キーデバイス、キーコンポーネントメーカー各社
RF系6品目
情報処理/ストレージ系5品目
無線インターフェース系5品目
カメラ系5品目
表示/出力系9品目
バッテリ系4品目
センサ/入力系6品目
基材系3品目
合計43品目
注目モバイル端末の内容、名称は下記の通りである。
  • 携帯電話端末
  • ノートPC
  • ポータブルミュージックプレーヤ(PMP)
  • ポータブルナビゲーションデバイス(PND)
  • デジタルフォトフレーム(DPF)
  • 電子書籍
  • ポータブルゲーム機
  • デジタルカメラ(デジタルスチルカメラ:DSC、デジタルビデオカメラ:DVC、デジタル一眼レフカメラ:DSLR)
  • その他のモバイル端末(ゲームコントローラ、電子辞書、歩数計など様々なモバイル端末)
−目次−
I. まとめ(1)
Summary(3)
1. 注目モバイル端末とキーデバイス動向(5)
1-1 携帯電話/スマートフォン(7)
1-2 パーソナルナビゲーションデバイス(PND)(11)
1-3 ノートパソコン/Netbook(15)
1-4 デジタルカメラ(19)
1-5 ポータブルゲーム機(24)
1-6 ポータブルミュージックプレーヤ(PMP)(28)
1-7 電子書籍(32)
1-8 デジタルフォトフレーム(36)
2. 携帯電話端末/データカードの技術および市場動向(41)
1) 2009年の携帯電話端末における通信技術動向(43)
(1) 第3及び3.5、3.9世代の携帯電話端末の現状(43)
(2) 次世代通信技術概要(44)
(3) 各通信方式の変遷(45)
(4) 第3世代以降の通信方式の地域別普及状況(46)
(5) 携帯電話で利用される電波の一覧(48)
2) 携帯電話端末のカテゴリー別市場動向(49)
(1) 携帯電話端末のカテゴリー別市場規模推移・予測(49)
(2) 携帯電話端末のカテゴリー別デバイス構成(50)
(3) 携帯電話端末のファンクション動向(51)
3) 携帯電話端末市場の動向(54)
(1) 携帯電話端末の通信方式別市場推移動向(54)
(2) 注目市場の動向(56)
(A) 中国(56)
(B) インド(58)
(C) ブラジル(60)
(3) 通信方式別携帯電話端末出荷数量/メーカーシェア(62)
(4) スマートフォン市場動向(64)
(5) データカード市場動向(65)
(6) 国内携帯電話端末市場の分析(66)
3. 主要携帯電話端末メーカーのケーススタディ(71)
3-1 Nokia(73)
3-2 Samsung Electronics(76)
3-3 LG Electronics(79)
3-4 Sony Ericsson Mobile Communications(SEMC)(82)
3-5 Motorola(85)
3-6 Research In Motion(RIM)(88)
3-7 HTC(90)
3-8 Apple(92)
3-9 ZTE Corporation(中興通信)(94)
3-10 Huawei Technology(華為科技)(96)
3-11 シャープ(98)
3-12 NEC/カシオ日立モバイルコミュニケーションズ(100)
3-13 パナソニックモバイルコミュニケーションズ(PMC)(102)
II. 集計(105)
1. 注目モバイル端末のキーデバイス市場全体の動向(107)
2. 分野別キーデバイス市場の集計(108)
1) RF系キーデバイス(108)
2) 情報処理/ストレージ系キーデバイス(114)
3) 無線インターフェース系キーデバイス(120)
4) カメラ系キーデバイス(125)
5) 表示/出力系キーデバイス(130)
6) バッテリ系キーデバイス(137)
7) センサ/入力系キーデバイス(142)
8) 基材系キーデバイス(148)
III. キーデバイス個票(153)
1. RF系キーデバイス(153)
1-0 RFデバイスのトレンド(155)
1-1 メインアンテナ(159)
1-2 デュプレクサ(162)
1-3 SAWフィルタ(166)
1-4 パワーアンプ(169)
1-5 RFモジュール(174)
1-6 水晶振動子/TCXO(178)
2. 情報処理/ストレージ系キーデバイス(185)
2-0 プロセサのトレンド(187)
2-1 RFIC/ベースバンドプロセサ(189)
2-2 アプリケーションプロセサ/コプロセサ(193)
2-3 フラッシュメモリ/PRAM(199)
2-4 Mobile DRAM(208)
2-5 音声認識システム(213)
3. 無線インターフェイス系キーデバイス(217)
3-0 無線系キーデバイスのトレンド(219)
3-1 BT+機能統合チップ(221)
3-2 無線LANチップ(226)
3-3 非接触通信IC(231)
3-4 GPS(235)
3-5 デジタル放送受信モジュール(240)
4. カメラ系キーデバイス(243)
4-0 カメラ機能のトレンド(245)
4-1 カメラモジュール(251)
4-2 イメージセンサ(262)
4-3 レンズユニット(268)
4-4 AF/ズーム用アクチュエータ(275)
4-5 イメージシグナルプロセサ(279)
5. 表示/出力系キーデバイス(285)
5-0 携帯電話用ディスプレイのトレンド(287)
5-1 メイン/サブディスプレイ(289)
5-2 中小型TFT(300)
5-3 中小型LCDバックライト(307)
5-4 白色LED(313)
5-5 白色LEDドライバ(319)
5-6 振動モータ(326)
5-7 スピーカ/レシーバ(330)
5-8 マイクロフォン(334)
5-9 超小型プロジェクタモジュール(339)
6. バッテリ系キーデバイス(345)
6-0 モバイル端末用バッテリのトレンド(347)
6-1 リチウムイオン2次電池(350)
6-2 ワイヤレス充電モジュール(355)
6-3 マイクロ燃料電池(360)
6-4 太陽電池モジュール(363)
7. センサ/入力系キーデバイス(369)
7-0 注目センサのトレンド(371)
7-1 タッチ入力デバイス(373)
7-2 バイタルサイン/環境センサ(380)
7-3 電子コンパス(383)
7-4 加速度センサ(388)
7-5 角速度センサ(393)
7-6 開閉センサ(398)
8. 基材系キーデバイス(403)
8-0 携帯電話向け基板のトレンド(405)
8-1 ビルドアップ基板(407)
8-2 フレキシブルプリント配線板(412)
8-3 LTCC基板(417)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2010 注目モバイル端末とキーデバイス市場総調査

頒価
120,000円+税

発刊日
2010年02月08日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
420ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 140,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 240,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ