◆市場調査レポート:2009年07月17日発刊

2009 液晶関連市場の現状と将来展望(下巻)

ディスプレイ、アプリケーション、部品材料の世界市場、次世代技術/関連部材を徹底調査
下巻:部品材料編
−調査の背景−
  • 2008年第4四半期からの劇的な生産調整は2009年2月下旬より回復基調に入っている。主力デバイスであるTFTのライン稼働率(G6以上)は6月時点で韓国メーカーで80〜90%、台湾大手で70〜80%まで上昇しており、9月までは高稼働を維持するとの見方が多い。
  • 成長要因として中国の家電普及政策(家電下郷)、セットメーカー、流通業者におけるリストックの再開、北米需要の底打ちの兆しなどがあげられるが、実需の回復は2010年以降となる可能性が高く、2009年後半の生産調整が懸念されている。
  • 需要の先行きが不透明な中、世の中の趨勢は「低価格商品の提供」が本流となりつつある。各種ディスプレイデバイスの価格競争も厳しさを増しており、企業間の提携や事業規模縮小などの動きが活発化している。
  • 低価格商品のラインアップを強化する一方で差別化も進んでいる。省電力化やタッチパネルインタフェースの採用、3Dディスプレイといったテーマが浮上してきている。
  • 初版の刊行以来、18年目を迎える当該市場調査レポートでは昨年と分冊構成を変更し、上巻で各種ディスプレイデバイス、応用製品市場を網羅、下巻において主要部品材料市場を調査分析することにより、年間10兆円の規模を持つディスプレイ関連市場を網羅するデータベースの提供を目的とする。
    調査のポイント
    上巻:
    大型化やワイド化、高精細化などの各アプリケーション毎のトレンド、パネルメーカー別の用途別出荷量、納入関係を把握、主要パネルメーカーの事業戦略を調査、分析。
    下巻:
    関連部材市場を広範にわたり網羅。3Dディスプレイなどの次世代ディスプレイで使用される部材動向や「グリーン化(省電力化)」の動向を調査、分析。
−調査目的−
  • 本資料は、ディスプレイ(LCD、PDP、OLED、その他)関連部品材料の、市場規模、マーケットシェア、地域別生産動向や技術開発動向をワールドワイドで調査・分析し、電子ディスプレイ関連の部品・材料市場を明らかにすることを目的としている。
−調査対象−
1) LCD関連部材28部材
2) PDP関連部材9部材
3) 有機EL関連部材8部材
4) その他ディスプレイ関連部材7部材
計52部材
−調査対象製品・企業−
上巻 ディスプレイ/アプリケーション/パネルメーカー事業戦略分析編
A. ディスプレイデバイス
1 アモルファスシリコンTFT
2 低温ポリシリコンTFT
3 高温ポリシリコンTFT
4 Color STN
5 Mono Color STN
6 TN
7 Color PDP
8 アクティブOLED
9 パッシブOLED
10 無機EL
11 VFD
12 CRT
13 DLP
14 LCOS(投射型)
15 LCOS(直視型)
16 カラーFED/カラーSED
17 電子ペーパー
18 3Dディスプレイ
B. アプリケーション
1 カラーTV(直視型)
2 PCモニタ
3 ノートパソコン/Netbook
4 携帯電話/スマートフォン
5 ポータブルオーディオ/メディアプレーヤ
6 電子ブック
7 デジタルスチルカメラ
8 プリンタ(MFP)
9 カムコーダ
10 携帯ゲーム機
11 PND
12 車載ディスプレイ
13 リアプロジェクションTV/ホームプロジェクタ
14 ビジネスプロジェクタ
15 マイクロプロジェクタ
16 デジタルフォトフレーム(DPF)
17 ポータブルDVD
18 パチンコ
19 パチスロ
20 EVF
21 公共表示/デジタルサイネージディスプレイ
22 医療用画像診断モニタ
23 産業用/汎用TFT
C. パネルメーカー事業戦略分析
LCDメーカー
1 シャープ
2 東芝モバイルディスプレイ
3 セイコーエプソン/エプソンイメージングデバイス
4 Samsung Electronics
5 LG Display
6 AU Optronics(AUO)
7 Chi Mei Optoelectronics(CMO)
PDPメーカー
1 パナソニック
2 Samsung Electronics
3 LG Electronics
OLEDメーカー
1 ソニー
2 Samsung Mobile Display(SMD)
3 LG Display
4 RiT display
5 Chi Mei EL
電子ペーパー
1 E Ink
2 ブリヂストン
3 富士通
次世代ディスプレイ
1 TRADIM
2 NHK放送技術研究所
下巻 部品材料編
A. LCD関連部材
1 ガラス基板(TFT用)
2 フォトレジスト
3 カラーフィルタ
4 カラーレジスト
5 ブラックレジスト
6 配向膜材料
7 シール剤
8 ビーズスペーサ
9 フォトスペーサ
10 液晶材料(ミクスチャ)
11 偏光板
12 偏光板保護フィルム(プレーンTAC)
13 偏光板保護フィルム(補償機能付)
14 反射防止フィルム
15 ドライバIC
16 ACF
17 TABテープ
18 COFテープ
19 大型バックライトユニット
20 中小型バックライトユニット
21 導光板材料(シート/ペレット)
22 拡散板
23 蛍光管(CCFL/EEFL)
24 プリズムシート
25 マイクロレンズフィルム
26 拡散シート
27 輝度向上フィルム(反射偏光板)
28 反射シート(白色)
B. PDP関連部材
1 ガラス基板
2 バス・データ電極材料
3 誘電体材料
4 バリアリブ材料
5 蛍光体ペースト
6 ドライバIC
7 光学フィルタ
8 EMIフィルム
9 反射防止フィルム
C. 有機EL関連部材
1 低分子発光材料
2 正孔注入材料
3 正孔輸送材料
4 電子輸送材料
5 高分子発光材料
6 ドライバIC
7 封止用シール剤
8 ゲッター剤
D. その他ディスプレイ関連部材
1 透明電極用ターゲット材
2 メタル系ターゲット材
3 ITOフィルム
4 抵抗膜式タッチパネル
5 静電容量式タッチパネル
6 白色LED
7 拡散ビーズ
E. 次世代ディスプレイ関連部材
1 有機TFT材料
2 酸化物TFT
3 導電性ポリマー
4 ハイバリアフィルム
−2009 液晶関連市場の現状と将来展望の調査内容について−
上巻 ディスプレイ/アプリケーション/パネルメーカー事業戦略分析編
上巻は「1. 総括」、「2. ディスプレイデバイス」、「3. アプリケーション動向」、「4. パネルメーカー事業戦略分析」の4部構成になっています。
1. 総括
電子ディスプレイ全体市場の推移・予測についてディスプレイのタイプ別、サイズ別の予測を行っています。また、LCD、PDP、有機ELについてはメーカー別サイズ別用途別の出荷枚数(2008年実績/2009年計画)、売上高推移、生産ラインを集計しています。
2. ディスプレイデバイス
各種ディスプレイデバイスについて下記項目を調査しています。
(1)市場動向(市場概況、市場規模推移・予測〈2007−2014年〉 今後の見通し) (2)価格動向 (3)メーカーシェア (4)地域別生産販売動向 (5)アプリケーション別市場動向(2007年−2014年予測) (6)省電力化/親環境性への対応
3. アプリケーション動向
TVなど各種アプリケーション機器について下記項目を調査しています。
(1)製品概要/定義 (2)採用ディスプレイのトレンド (3)主要製品におけるディスプレイ採用事例 (4)市場動向(市場概況、市場規模推移・予測〈2007−2014年〉 今後の見通し) (5)メーカーシェア (6)デバイスタイプ別サイズ別採用動向〈2007−2014年〉 (7)パネルベンダーシェア(2008年実績と2009年計画)と納入関係 (8)メーカー別パネルラインアップ
4. パネルメーカー事業戦略分析
主要FPDメーカーについて下記の項目を調査しています。
(1)事業・製品戦略の特徴 (2)出荷量推移・計画 (3)主要販売先 (4)生産ラインの状況 (5)設備投資額推移・計画 (6)新製品・技術開発動向 (7)部材内製化/グループ内調達の動向
下巻 部品材料編
下巻は「1. 総括」、「2. コスト分析とコストダウンの見通し」、「3. 製造フローと材料需要」、「4. 次世代技術動向」、「5. 集計・分析」、「6. 個別品目個票」、「7. ディスプレイ関連企業URL」リストの7部構成になっています。
1. 総括
ディスプレイデバイス及び部品材料市場の概況及び海外部材メーカーの動向や日系部材メーカーの海外展開状況、差別化戦略を集計しています。
2. コスト分析とコストダウンの見通し
LCD-TVとPDP-TVについて原価分析、及び見通しを分析しています。
3. 製造フローと材料需要
LCD、PDP、有機ELの製造フローと工程別の材料需要(原単位)を分析しています。
4. 次世代技術動向
下記テーマについて分析しています。
(1) 省電力化に向けた部材/駆動技術開発動向(TFT、PDP、OLED) (2) フレキシブルディスプレイと関連部材 (3) 3Dディスプレイと関連部材
5. 集計・分析
この章では、「6. 個別品目個票」から吸い上げたデータを集計しています。
6. 個別品目個票
LCD、PDP、有機EL、その他ディスプレイに関係する製品について下記項目を調査しています。
(1) 製品概要/定義 (2) 市場動向 (3) メーカーシェア(08年実績/09年見込み) (4) 地域別生産・販売ウエイト (5) 価格動向 (6) 用途/タイプ別ウエイト(2008年実績/2014年予測) (7) 技術開発動向(省電力対応、親環境性対応、他) (8) 業界構造 (9) 事業戦略 (10) 参入メーカー一覧
7. ディスプレイ関連企業URLリスト
パネルメーカー、部材メーカーのURL一覧
−備考−
為替レート
本調査資料では下記のレートを採用している。
年次200720082009年
以降
円/US$114.00104.23100.00
円/KRW0.1270.1000.08
円/TW$3.623.403.00
略語
単語意味
0.x-3.x in/4>x⇒任意の実数/4インチ未満
10in+/10in≦10in以上
a-Siアモルファスシリコン(TFT)
ASPAverage Selling Price平均単価
BLバックライト
CAGR年平均成長率
CFカラーフィルタ
G5/G6/G7第5世代/第6世代/第7世代(TFTのラインサイズ)
H半期、2008H1→2008年上期(2008年1月〜6月)
HTPS高温ポリシリコン(TFT)
in/「”」インチ、1インチ=25.4mm
K(シート)1,000(枚)
LTPS低温ポリシリコン(TFT)
OLED有機EL、AM→アクティブマトリクス、PM→パッシブマトリクス
Q四半期、2008Q1→2008年第1四半期(2008年1月〜3月)
S&M中小型、概ね10in未満
−目次−
1.0 総括(1)
1.1 ディスプレイデバイス世界市場(3)
1.2 デバイスタイプ別市場規模推移・予測(5)
1.3 デバイスタイプ別面積推移・予測(7)
1.4 TFT用途別面積と平均サイズの推移・予測(10)
1.5 VA/IPS面積推移・予測(13)
1.6 ディスプレイ関連部材市場(14)
1.7 将来性分析(15)
1.8 部材市場のグローバル化(16)
1.8.1 日系部材メーカーの差別化戦略(16)
1.8.2 日系部材メーカーの海外展開状況(22)
1.8.3 海外ローカルメーカーの動向(27)
2.0 コスト分析とコストダウン見通し(33)
2.1 LCD-TVコスト分析(35)
2.2 PDP-TVコスト分析(40)
3.0 次世代技術動向(45)
3.1 省電力化に向けた部材・駆動技術開発動向(46)
3.1.1 LCD技術動向(46)
3.1.2 PDP技術動向(51)
3.1.3 OLED技術動向(52)
3.2 フレキシブルディスプレイと関連部材(53)
3.2.1 フレキシブルディスプレイの進化(53)
3.2.2 有機TFT材料(54)
3.2.3 ハイバリアフィルム(55)
3.2.4 酸化物TFT(56)
3.3 3Dディスプレイと関連部材(58)
4.0 製造フローと材料需要(61)
4.1 LCD(63)
4.1.1 TFTアレイ基板(63)
4.1.2 カラーフィルタ基板(65)
4.1.3 TFTセル工程(66)
4.1.4 偏光板(67)
4.1.5 バックライトユニット(68)
4.1.6 モジュール工程(69)
4.2 PDP(70)
4.2.1 PDP前工程(70)
4.2.2 PDP後工程〜モジュール工程〜セットアセンブル工程(74)
4.3 OLED(76)
5.0 集計・分析(79)
5.1 LCD関連部材(81)
5.2 PDP関連部材(107)
5.3 有機EL関連部材(117)
5.4 その他ディスプレイ関連部材(127)
6.0 部品材料個票(135)
6.1 LCD関連部材(135)
前工程関連部材
6.1.1 ガラス基板(TFT用)(137)
6.1.2 フォトレジスト(143)
6.1.3 カラーフィルタ(147)
6.1.4 カラーレジスト(154)
6.1.5 ブラックレジスト(158)
セル工程関連部材
6.1.6 配向膜材料(162)
6.1.7 シール剤(166)
6.1.8 ビーズスペーサ(170)
6.1.9 フォトスペーサ材料(174)
6.1.10 液晶材料(ミクスチャ)(178)
6.1.11 偏光板(182)
6.1.12 偏光板保護フィルム(プレーンTAC)(190)
6.1.13 偏光板保護フィルム(補償機能付)(194)
6.1.14 反射防止フィルム(198)
後工程関連部材
6.1.15 ドライバIC(203)
6.1.16 ACF(207)
6.1.17 TABテープ(211)
6.1.18 COFテープ(215)
ライティング関連部材
6.1.19 大型バックライトユニット(219)
6.1.20 中小型バックライトユニット(226)
6.1.21 導光板材料(シート/ペレット)(231)
6.1.22 拡散板(237)
6.1.23 蛍光管(242)
6.1.24 プリズムシート(247)
6.1.25 マイクロレンズフィルム(251)
6.1.26 輝度向上フィルム(反射偏光板)(255)
6.1.27 拡散シート(259)
6.1.28 反射シート(263)
6.2 PDP関連部材(269)
6.2.1 ガラス基板(271)
6.2.2 バス・データ電極材料(275)
6.2.3 誘電体材料(279)
6.2.4 バリアリブ材料(283)
6.2.5 蛍光体(287)
6.2.6 ドライバIC(291)
6.2.7 光学フィルタ(296)
6.2.8 EMIフィルム(300)
6.2.9 反射防止フィルム(304)
6.3 有機EL関連部材(309)
6.3.1 低分子発光材料(EML)(311)
6.3.2 正孔注入材料(HIL)(315)
6.3.3 正孔輸送材料(HTL)(319)
6.3.4 電子輸送材料(ETL)(323)
6.3.5 高分子発光材料(327)
6.3.6 ドライバIC(331)
6.3.7 封止用シール剤(OLED用)(335)
6.3.8 ゲッター剤(339)
6.4 その他ディスプレイ関連部材(343)
6.4.1 透明電極用ターゲット材(345)
6.4.2 メタル系ターゲット材(349)
6.4.3 ITOフィルム(354)
6.4.4 抵抗膜式タッチパネル(358)
6.4.5 静電容量式タッチパネル(362)
6.4.6 白色LED(367)
6.4.7 拡散ビーズ(373)
6.4.8 導電性ポリマー(378)
7.0 参入メーカーURLリスト(381)
7.1 パネルメーカー(383)
7.2 部材メーカー(387)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2009 液晶関連市場の現状と将来展望(下巻)

頒価
95,000円+税

発刊日
2009年07月17日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
400ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 190,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

複数巻セットでご購入いただくと、セット価格が適用されます
    上巻、下巻 二巻セットでの購入を希望する 180,000円+税
    上巻、別巻 二巻セットでの購入を希望する 180,000円+税
    下巻、別巻 二巻セットでの購入を希望する 180,000円+税
    上巻、下巻、別巻 三巻セットでの購入を希望する 270,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ