◆市場調査レポート:2005年03月29日発刊

2005 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

AV、家電、情報・通信機器、電子ユニットの市場分析とEMSの動向
−調査の背景−
  • 2004年のエレクトロニクス産業はフラットTV、DVDレコーダ、デジタルスチルカメラに代表されるデジタル家電製品が牽引役となって前年実績を上回った。しかし、デジタル景気の一巡、製品価格の下落要素などがあり、本年の伸び率は鈍化するという予測である。
    AV分野では引き続きフラットTV、DVDレコーダの需要が拡大していく趨勢にある。
    家電製品市場のうち国内は、食器洗い乾燥機、ノンフロン冷蔵庫など環境対策をキーワードとした製品の市場拡大が期待される。

  • DVDレコーダではHDDの搭載、記憶容量の拡大が図られており、さらに次世代規格であるブルーレイ/HD DVDなどの市場投入によるデジタル家電市場への影響も少なからず期待される。TV市場ではフラット化、大型化が進んでおり、今後地上波デジタル放送で先行する日本、欧米に続いて、アジアにもデジタル化の波が広がっていく世界的な流れとなっている。

  • AV機器、情報家電に代表されるエレクトロニクス製品の生産は、世界同時発売、人件費や関税対策などのほかコスト競争がキーワードとなりつつあり、生産拠点の海外移転・グローバル化による適地生産をより徹底する方向に進んでいる。高付加価値、オンリーワン製品は国内生産、コスト競争が激しい製品は中国などアジアへの生産移転といったトレンドである。また一方ではメイドインマーケットの傾向が強まっている。

  • 弊社では「ワールドワイドエレクトロニクス市場調査」シリーズとして、エレクトロニクス製品別のワールドワイド生産動向の調査結果を毎年刊行してきた。本年も、各メーカーの製品別国別生産実績を調査し、『2005ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査』を刊行した。

  • 本調査資料は日系メーカー、欧米メーカー、ローカルメーカーによるエレクトロニクス製品の生産を詳細に調査分析したものであり、ハンドブックあるいはデータベースとしてご利用頂ければ幸いである。


−調査目的−
  • 注目されているエレクトロニクス製品を対象に、ワールドワイドの観点から日系メーカー、外資系/ローカルメーカーの生産実績を調査分析することを目的とした。


−調査対象品目−
A. AV機器

A−1 CRT−TV
A−2 PDP−TV
A−3 LCD−TV
A−4 リアプロジェクションTV
A−5 STB
A−6 VTR
A−7 カムコーダ
A−8 ラジカセ
A−9 ミニコンポ
A−10 ポータブルCD
A−11 デジタルオーディオプレーヤ
A−12 DVD Player
A−13 DVD Recorder
A−14 カーオーディオ
A−15 据置型ゲーム機

B. 家電製品

B−1 電子レンジ
B−2 ルームエアコン
B−3 冷蔵庫
B−4 洗濯機
B−5 掃除機

C. 情報通信機器

C−1 デスクトップPC
C−2 ノートブックPC
C−3 LCDモニタ
C−4 CRTモニタ
C−5 PDA
C−6 PPC
C−7 ファクシミリ
C−8 ページプリンタ
C−9 インクジェットプリンタ(SFP)
C−10 インクジェットプリンタ(MFP)
C−11 スキャナ
C−12 デジタルスチルカメラ
C−13 携帯電話(GSM)
C−14 携帯電話(PDC)
C−15 携帯電話(CDMA)
C−16 携帯電話(WCDMA)
C−17 携帯電話(AMPS/TDMA/PCS)
C−18 コードレス電話
C−19 カーナビゲーションシステム

D. ユニット製品/部品

D−1 CRT
D−2 PDP
D−3 大型TFT
D−4 中小型カラーLCD
D−5 キーボード
D−6 マザーボード
D−7 HDD
D−8 FDD
D−9 CD−ROM/R/RW
D−10 Combo Drive
D−11 DVD−ROM/±R/±RW/RAM
D−12 光ピックアップ

−調査対象地域およびメーカー−
1. 調査対象地域

日本、アジア(中国/香港、台湾、韓国、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インド、その他)、北米、欧州(東欧、ロシアを含む)、中南米、その他(アフリカ、オセアニア、中近東など)

2. 調査対象メーカー

AV機器、家電製品、情報通信機器、ユニット製品/部品メーカー(日系および外資系/ローカルメーカー)

−目次−
I. 総合分析(1)

1. ワールドワイド市場動向(3)
1)AV機器市場動向(3)
2)家電製品市場動向(8)
3)情報通信機器市場動向(10)
4)ユニット製品/部品市場動向(17)

2. エレクトロニクス製品の生産予測(2003〜2008年)(22)

3. エレクトロニクス製品の製品分野別地域別生産量(2004年)(23)

4. ワールドワイド市場規模推移(24)
1)AV機器(24)
   (1) 生産実績と予測(2003〜2008年)(24)
   (2) 製品別地域別生産量(2004年)(26)
2)家電製品(28)
   (1) 生産実績と予測(2003〜2008年)(28)
   (2) 製品別地域別生産量(2004年)(30)
3)情報通信機器(32)
   (1) 生産実績と予測(2003〜2008年)(32)
   (2) 製品別地域別生産量(2004年)(34)
4)ユニット製品/部品(36)
   (1) 生産実績と予測(2003〜2008年)(36)
   (2) 製品別地域別生産量(2004年)(38)

5. 製品別国別生産動向(2004年)(40)
1)AV機器、家電製品(40)
2)情報通信機器(42)
3)ユニット製品/部品(44)

6. 製品別地域別需要動向(2004年)(46)
1)AV機器(46)
2)家電製品(47)
3)情報通信機器(48)
4)ユニット製品/部品(49)

7. 主要メーカーの製品別生産動向(2004年)(50)

8. 主要メーカー別国別製品別生産動向(2004年)(54)

9. 製品別ワールドワイド生産シェアと計画(2004年〜2005年上・下期計画)(98)

10. EMSの動向(149)

11. 中国携帯電話市場の動向(159)

II. 製品別市場分析(165)

A. AV機器(165)
A−1 CRT−TV(167)
A−2 PDP−TV(171)
A−3 LCD−TV(175)
A−4 リアプロジェクションTV(179)
A−5 STB(183)
A−6 VTR(187)
A−7 カムコーダ(191)
A−8 ラジカセ(195)
A−9 ミニコンポ(199)
A−10 ポータブルCD(203)
A−11 デジタルオーディオプレーヤ(207)
A−12 DVD Player(211)
A−13 DVD Recorder(215)
A−14 カーオーディオ(219)
A−15 据置型ゲーム機(223)

B. 家電製品(227)
B−1 電子レンジ(229)
B−2 ルームエアコン(233)
B−3 冷蔵庫(237)
B−4 洗濯機(241)
B−5 掃除機(245)

C. 情報通信機器(249)
C−1 デスクトップPC(251)
C−2 ノートブックPC(255)
C−3 LCDモニタ(259)
C−4 CRTモニタ(263)
C−5 PDA(267)
C−6 PPC(271)
C−7 ファクシミリ(275)
C−8 ページプリンタ(279)
C−9 インクジェットプリンタ(SFP)(283)
C−10 インクジェットプリンタ(MFP)(287)
C−11 スキャナ(291)
C−12 デジタルスチルカメラ(295)
C−13 携帯電話(GSM)(299)
C−14 携帯電話(PDC)(303)
C−15 携帯電話(CDMA)(307)
C−16 携帯電話(WCDMA)(311)
C−17 携帯電話(AMPS/TDMA/PCS他)(315)
C−18 コードレス電話(319)
C−19 カーナビゲーションシステム(323)

D. ユニット製品/部品(327)
D−1 CRT(329)
D−2 PDP(333)
D−3 大型TFT(337)
D−4 中小型カラーLCD(341)
D−5 キーボード(345)
D−6 マザーボード(349)
D−7 HDD(353)
D−8 FDD(357)
D−9 CD-ROM/R/RW(361)
D−10 Combo Drive(365)
D−11 DVD−ROM/±R/±RW/RAM(369)
D−12 光ピックアップ(373)

III. 主要海外拠点と生産品目(377)

1. セット製品(377)

2. ユニット製品(419)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2005 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

頒価
97,000円+税

発刊日
2005年03月29日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
426ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ