◆市場調査レポート:2004年06月04日発刊

2004 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

フィルム・シート一兆円市場の品目別分析と環境対応・海外戦略の動向
−調査の背景−
  • プラスチックフィルム・シートはプラスチックの利用形態において最も汎用性の高いものであり、その応用用途は産業界での先端エレクトロニクス製品から情報メディア基材、医薬品、建材、印刷、食品、衣料、日用雑貨等広範に渡り、商品の製造・物流・流通販売の各ステージで不可欠な役割を果たしている。

  • 今回調査した結果、プラスチックフィルム・シート49品目トータルで約318.7万t/1兆2,370億円規模(2003年実績)を示しており、需要規模の点でもプラスチック関連産業で最大クラスのマーケットを形成している。

  • しかし、長期に及ぶ国内景気の低迷と容リ法に代表される廃プラスチック関連の環境規制の強化により、フィルム・シートに対しても従来の機能、コストの指標に環境コストを加味した商品選択が大手需要家層を中心に浸透しており、さらに国内系メーカーの生産のアジアシフト化やアジア製フィルム品の国内進出等フィルム・シート市場の動向も大きな変革を余儀なくされている。

  • 本調査企画では上記背景を踏まえて、前回調査した「2002年プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望」のデータを見直し、最新のプラスチックフィルム・シート市場の現状と将来性、及び使用素材や環境規制の影響、関連企業のグローバル化動向を明確化することを目的としている。

  • 本調査資料がフィルム・シートメーカー及び原料樹脂メーカー、販社等関連各位の事業計画策定や製品開発等、マーケティング全般のベースデータとして広く御活用頂けるものと確信しております。


−調査目的−
  • 本調査は、プラスチックの利用形態において最も汎用性が高く、幅広い分野で利用されているプラスチックフィルム・シート市場の概要をまとめるとともに、社会問題となっている環境対策動向や海外の概況などを把握することで、同市場の今後の方向性を明確化することを目的とした。


−調査対象−
分類品目
汎用プラスチックPELDPE(含L-LDPE)、L-LDPEシーラント、HDPE、PEパレットストレッチ、PEシュリンク
PPOPP、CPP、PPシュリンク
PO多層POシュリンク、PO系ラップ、EVA
EVOHEVOH、EVOH系共押出
PSPS
PVCPVCストレッチ、PVC農業用(農ビ)、PVCマーキング、PVCインテリア
PVDCPVDC、PVDC系共押出
PVA二軸延伸PVA、PVA無延伸
PMMAアクリル
汎用セルロースセロハン、TAC(偏光膜保護)
機能性生分解性プラスチック、ラベル用シュリンク
エンプラPA延伸(ONY)、PA無延伸(CNY)、PET、PEN、PAN、PC(汎用、芳香族)、α-PO、超高分子量PE、フッ素樹脂
スーパーエンプラPI、PPS、アラミド、PEEK、PEI、PSF、PES、LCP、PAR
シートHIPSシート、BOPSシート、PVCシート、A-PETシート、PPシート、EVOH系共押出シート、PMMAシート、PCシート

−調査項目−
1. 製品概要
2. 主要参入メーカー一覧
3. 市場規模推移及び予測(2000年〜2007年予測)
4. 価格動向
5. 用途動向
6. メーカーシェア
7. 競合・棲み分け状況
8. 環境対策動向
9. 研究開発・技術動向
10. 世界市場とグローバル化動向
11. 今後の方向性

−目次−
I. 総合分析編(1)

1. プラスチックフィルム・シート市場の位置付け(3)

2. プラスチックフィルム・シート市場の概要(4)
1)全体市場規模推移及び予測(2000年〜2007年予測)(4)
2)品目別市場成長率の位置付け(6)
3)素材別需要動向(7)

3. 成長製品市場トレンド(8)

4. 世界市場及び日本メーカーグローバル化の状況(10)

5. 用途分野別需要の位置付け(12)

II. 集計編(13)

1. 主要参入メーカー一覧(15)

2. 市場規模推移及び予測(21)
1)品目別市場成長状況(21)
2)市場規模推移及び予測一覧(2000年〜2007年予測)(22)

3. 品目別メーカーシェア及び用途別ウェイト(2003年)(34)

4. 品目別価格一覧(46)

5. 品目別環境対策動向(47)

6. 品目別競合・棲み分け状況(50)

7. 品目別注目技術一覧(55)

8. 品目別研究開発動向(56)

III. 品目別市場編(59)

 汎用プラスチックフィルム(61)
1. LDPE(含L-LDPE)フィルム(63)
2. L-LDPEシーラントフィルム(68)
3. HDPEフィルム(72)
4. PEパレットストレッチフィルム(76)
5. PEシュリンクフィルム(80)
6. OPPフィルム(84)
7. CPPフィルム(90)
8. PPシュリンクフィルム(94)
9. 多層PO系シュリンクフィルム(99)
10. PO系ラップフィルム(103)
11. EVAフィルム(108)
12. EVOHフィルム(112)
13. EVOH系共押出フィルム(116)
14. PSフィルム(120)
15. PVCストレッチフィルム(125)
16. PVC農業用フィルム(131)
17. PVCマーキングフィルム(136)
18. PVCインテリアフィルム(142)
19. PVDCフィルム(147)
20. PVDC系共押出フィルム(152)
21. 二軸延伸PVAフィルム(156)
22. PVA無延伸フィルム(160)
23. PMMAフィルム(165)
24. セロハン(169)
25. TACフィルム(偏光膜保護フィルム)(174)
26. 生分解性プラスチックフィルム・ シート(179)
27. ラベル用シュリンクフィルム(185)

 エンプラフィルム(191)
28. PA延伸(ONY)フィルム(193)
29. PA無延伸(CNY)フィルム(199)
30. PETフィルム(203)
31. PENフィルム(208)
32. PANフィルム(213)
33. PCフィルム(汎用)(217)
34. PCフィルム(芳香族)(222)
35. α-POフィルム(226)
36. 超高分子量PEフィルム(230)
37. フッ素樹脂フィルム(シート含む)(232)

 スーパーエンプラフィルム(237)
38. PIフィルム(239)
39. PPSフィルム(244)
40. アラミドフィルム(249)
41. その他スーパーエンプラフィルム(254)

 プラスチックシート(261)
42. HIPSシート(263)
43. BOPSシート(267)
44. PVCシート(271)
45. A-PETシート(275)
46. PPシート(279)
47. EVOH系共押出シート(284)
48. PMMAシート(288)
49. PCシート(293)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2004 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

頒価
97,000円+税

発刊日
2004年06月04日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
296ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ