◆市場調査レポート:2000年08月23日発刊

2000 光産業予測便覧

光通信用デバイスと材料、光記録用デバイス、メディア・太陽電池の
動向・将来性を徹底分析
−調査の背景−
  • 「光産業」は不況の続く日本経済において数少ない成長産業の一つと言える。一口に「光産業」と言ってもカテゴリーは多岐にわたり、極めて抽象的である。そして最近は個々のジャンルにも拡がりや深みが増してきているようにも思える。

  • パソコン、携帯電話の普及、インターネットの爆発的な拡がり、デジタル放送の開始などビジネスやパーソナルに関する大量の情報が飛び交っている。光産業はそれらネットワークの基幹をなすものと位置付けられる。そして、光産業の技術開発は急速に進んでいる。

  • 光通信分野の主役は北米地域である。光ファイバの世界市場規模は1999年4,900万kmと見られているが、その36.7%にあたる1,800万kmが北米地域であり、同地域の情報産業の基幹となっている。光ファイバ需要は近年アジア、欧州の勢いが強く北米のウェイトは減少傾向にあるが、これはむしろWDM化が進んできたためとも受け取れる。最近のWDM光伝送装置は速度が10G/bpsから40G/bpsへ、波長多重も160波を超えるものが出現するなど製品開発は速い。特に光増幅器がらみのデバイスの開発は凄まじいものがある。

  • 光記録分野も大きな動きを見せている。'90年代後半に出現したDVDはデジタルAV市場を牽引している。しかし既に次世代の光ディスクの開発は進められており、10Gを超える大容量光ディスクの製品化も2〜3年中には実現する見通しである。

  • 「光産業予測便覧」は、発刊されて10年近くが経ち、重要な品目、取り上げたい品目が多くなりすぎ、全てを網羅することが不可能になってきている。この「2000光産業予測便覧」ではその中でも特に注目されている分野を出来るだけ広く、深く調査し、世界市場にも出来るだけ触れている。

  • この資料が関係各社の今後の事業戦略を立案展開されるにあたり、データベースとして活用されることを切に望むものである。

−調査目的−
  • 本格的なデジタル化時代に突入し、情報伝送の大容量・高速化が進んでおり、光ファイバ通信網がNTTのみならずNCC各社においても着々と整備されつつある。

  • 「光技術」はデジタル化時代に欠く事のできないキーテクノロジーであり、21世紀に向けて大きく市場成長することが確実な産業である。

  • 本調査では、光通信分野、メディアを中心とした光産業に関連する部品、材料、装置の市場動向について調査し、関連事業展開のための有望な情報を提供することを目的とした。

−調査対象品目−
光関連部品・材料・装置
  1. 光ファイバ(2品目)
  2. 受発光素子(3品目)
  3. 光デバイス・機器(9品目)
  4. 光伝送部品(2品目)
  5. 光計測(4品目)
  6. 光装置(2品目)
  7. 光センシング部品・機器(4品目)
  1. レーザ(3品目)
  2. 光ピックアップ(4品目)
  3. メディア(3品目)
  4. 発光デバイス(2品目)
  5. 太陽電池(4品目)
  6. 材料(5品目)

−目次−
()内は掲載ページ
I.光産業の将来展望
  1. 光産業市場関連図(3)
  2. 光ファイバ網の整備スケジュール(4)
  3. 製品分野別市場規模推移/予測(5)
II.光産業の周辺動向
  1. 光伝送装置(9)
  2. 国内における光加入者系・中継系の動向(12)
  3. LANにおける光化の動向(18)
  4. CATVにおける光化の動向(21)
  5. 競合製品(技術)(25)
      1)ADSL(25)
      2)Bluetooth(27)
      3)フラッシュメモリカード(29)
III.光関連デバイス・材料動向
  1. 光ファイバ(35)
  2. 受発光素子(39)
  3. 光デバイス・機器(43)
  4. 光伝送部品(50)
  5. 光計測器(53)
  6. 装置(57)
  7. 光センシング部品・機器(60)
  8. レーザ(64)
  9. 光ピックアップ(67)
  10. メディア(71)
  11. 発光デバイス(77)
  12. 太陽電池(81)
  13. 材料(85)
IV.品目別市場動向
  1. 光ファイバ(95)
      A-1.石英光ファイバ(95)
      A-2.プラスチック光ファイバ(100)

  2. 受発光素子(104)
      B-1.半導体レーザ(光通信用)(104)
      B-2.半導体レーザ(励起レーザ)(108)
      B-3.受光素子(光通信用)(112)

  3. 光デバイス・機器(115)
      C-1.WDMフィルター(115)
      C-2.光合分波器(119)
      C-3.光アイソレーター(122)
      C-4.光サーキュレーター(125)
      C-5.光外部光変調器(128)
      C-6.光コネクタ(132)
      C-7.光固定減衰器(135)
      C-8.光スイッチ(138)
      C-9.光増幅器(光アンプ)(141)

  4. 光伝送部品(146)
      D-1.光モデム(146)
      D-2.光通信用モジュール(149)

  5. 光計測器(153)
      E-1.光スペクトラムアナライザ(153)
      E-2.光源(157)
      E-3.OTDR(160)
      E-4.光パワーメーター(164)

  6. 装置(166)
      F-1.光ファイバ融看接続機(166)
      F-2.光コネクタ研磨機(169)

  7. 光センシング部品・機器(172)
      G-1.CMOSイメージセンサ(172)
      G-2.CCDイメージンセンサ(エリア、リニア)(175)
      G-3.フォトカプラ/フォトインタラプタ(180)
      G-4.非球面レンズ(デジタルカメラ用)(184)

  8. レーザー(188)
      H-1.エキシマレーザー(188)
      H-2.YAGレーザー(191)
      H-3.CO2レーザー(195)

  9. 光ピックアップ(198)
      I-1.光ピックアップ(198)
      I-2.半導体レーザ(可視光)(202)
      I-3.非球面レンズ(光ピックアップ用対物レンズ)(205)
      I-4.微小光学部品(208)

  10. メディア(212)
      J-1.CD-R,RW(212)
      J-2.DVD-ROM,Video(217)
      J-3.DVD-R,-RAM,-RW(219)

  11. 発光デバイス(225)
      K-1.発光ダイオード(225)
      K-2.有機ELディスプレイ(232)

  12. 太陽電池(236)
      L-1.太陽電池(単結晶シリコン・多結晶シリコン)(236)
      L-2.太陽電池(アモルファスシリコン)(240)
      L-3.太陽電池(化合物半導体)(243)
      L-4.太陽電池(その他)(246)

  13. 材料(248)
      M-1.光ファイバコーティング材(248)
      M-2.光ファイバ材料(He,SiCl4,SiF4,CF4)(251)
      M-3.化合物半導体(256)
      M-4.光フェルール(262)
      M-5.磁性ガーネット単結晶(265)
()内は掲載ページ
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2000 光産業予測便覧

頒価
97,000円+税

発刊日
2000年08月23日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
267ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ