◆最新市場調査レポート:2024年07月25日予定

2024 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望

ディスプレイ・アプリケーション・部品材料の世界市場と注目技術の動向を徹底調査
−調査の背景−
  • COVID-19感染拡大を契機とした2021年の「特需」の反動で、2022年〜2023年のディスプレイ市場は大規模な生産調整、市場縮小に見舞われることとなった。パネルメーカーの生産調整は2023年下期には底を打った感があるが、マクロ経済の低迷や、行動制限緩和による「コト消費」へのシフトなどを背景に、ディスプレイおよび応用製品の市場回復には力強さを欠いている。
  • 2024年以降、大型パネルの面積市場は拡大に転じると予測されるが、その一方で中国材料メーカーの台頭などを背景に材料価格の下落が予測され、日系など既存メーカーは高付加価値分野へのシフト、事業モデルの見直しなど、ディスプレイ材料事業における収益性の改善に迫られている。
  • 市場成長が期待されるAR/VR分野では、小型のモジュールで大画面表示を実現するためのマイクロディスプレイおよび光学部品の開発が盛んに行われており、パネル自体の大型化によって大画面を実現してきた既存のLCDとは異なる「ディスプレイ」を実現する技術として注目されている。
  • また、既存アプリケーションの中でも、Appleが主導するIT機器向けOLEDの採用およびG8.7ラインの設備投資、スマートフォンにおけるフォルダブルOLEDの増加、大型・中型アプリケーションでOLEDの対抗技術となるミニLEDバックライトの普及など、絶えず変化するディスプレイ技術・部材の動向を注視する必要がある。
  • 本市場調査資料は『液晶関連市場の現状と将来展望』として初版の刊行以来、2012年の改題を経て、本年で33年目を迎える。年間10兆円の規模を有するディスプレイ関連市場の川上から川下までを1冊で網羅するデータベースの提供を目的とする。
−調査のポイント−
  • ディスプレイデバイスおよびアプリケーション・主要部材の市場規模、メーカーシェアの把握
  • マイクロOLED、マイクロLEDなどマイクロディスプレイおよび次世代ディスプレイの市場を展望
  • IT機器向けG8.7ライン投資など、OLEDの今後の普及予測・技術的変化点を調査
  • 材料メーカーのディスプレイ分野に対する事業方針・今後の展開を整理
−調査対象−
調査対象品目
A. ディスプレイデバイス
1. a-Si TFT LCD
2. LTPS TFT LCD
3. Oxide TFT LCD
4. W-OLED
5. QD-OLED
6. RGB蒸着型OLED
 ・リジッド
 ・プラスチック
 ・フォルダブル
7. マイクロLED
8. マイクロOLED
9. LCOS
10. DLP
11. 電子ペーパー
B. ディスプレイ関連部材
 I. ディスプレイ共通部材
1. ガラス基板
2. カラーレジスト
3. ブラックレジスト
4. 表面処理フィルム
5. ドライバーIC
6. ACF
 II. LCD関連部材
1. 配向膜材料
2. 液晶材料
3. シール剤
4. 偏光板
5. 偏光板保護フィルム・位相差フィルム
6. ミニLEDバックライトユニット
7. QDシート・QD拡散板
 III. OLED関連部材
1. フレキシブルガラス・透明PIフィルム
2. 円偏光板
3. 円偏光板保護フィルム・位相差フィルム
4. Y-OCTA用オーバーコート剤
5. OLED用封止材
6. 蒸着型発光材料
7. 電荷発生材料
8. TFT基板用ポリイミド(有色・透明)
9. OLED用バンク材・平坦化材料
10. QDインク
 IV. タッチパネル関連部材
1. 車載カバーガラス
2. OCA
3. OCR
C. アプリケーション機器
1. TV
2. PCモニター・AIO
3. ノートPC
4. タブレット
5. スマートフォン
6. スマートウォッチ・ヘルスケアバンド
7. ヘッドマウントディスプレイ
8. スマートグラス
9. 車載ディスプレイ
 ・センターインフォメーションディスプレイ
 ・メーターディスプレイ
 ・ヘッドアップディスプレイ
10. パブリック・サイネージモニター
11. フィーチャーフォン
12. ゲーム機
13. 業務用モニター(医療用ほか)
14. その他民生機器
15. 産業用・汎用ディスプレイ
は2024年版の新規品目
主要調査対象企業
ディスプレイデバイスメーカー
ジャパンディスプレイ、シャープディスプレイテクノロジー、AUO、BOE、CECグループ、CSOT、Ever Display、Foxconn、HannStar、HKC、Innolux、LG Display、Samsung Display、Tianma、Truly、Visionox、ほか
部材メーカー
出光興産、AGC、JSR、JNC、住友化学、大日本印刷、DIC、東レ、TOPPAN、日東電工、日本電気硝子、富士フイルム、三菱ケミカル、UBE、3M、Corning、Duksan Neolux、LG Chem、Merck、Samsung SDI、UDC、ほか
上記調査対象品目・企業は一部変更となる可能性があります。
−調査項目−
I. 総括
1. ディスプレイデバイスおよび関連部材市場
2. ディスプレイデバイスタイプ別市場規模推移・予測
3. ディスプレイデバイスタイプ別面積推移・予測
1) TFT LCD用途別
2) TFT LCDモード別
3) OLED用途別
4. 用途別ディスプレイデバイス市場動向・メーカーシェア
1) セット生産数量推移・予測(2022年実績〜2029年予測)
2) セットメーカーシェア(2023年実績・2024年見込)
3) ディスプレイデバイスタイプ別市場(面積・枚数・金額/2022年実績〜2029年予測)
4) メーカー別デバイスタイプ別出荷枚数・シェア(2023年実績・2024年見込)
5. 主要ディスプレイデバイスメーカーの業績推移
6. 主要ディスプレイデバイスメーカーの事業戦略
7. LCD・OLED 生産ライン一覧
8. アライアンス動向
9. ディスプレイ関連部材市場規模推移・予測集計
II. 業界動向
1. マイクロディスプレイ市場・技術最新動向
2. OLED注目技術・部材動向
3. 車載ディスプレイ市場最新動向
4. 光学フィルム生産ライン・能力一覧
5. PFASほか環境規制に関する動向
6. ディスプレイ材料メーカーの次世代戦略
7. ディスプレイ技術応用注目デバイスの動向
1) 透明ディスプレイ
2) 調光ウィンドウ
3) 有機フォトダイオード
III. 品目個票
A. ディスプレイデバイス
1. デバイス構造・定義
2. 注目トピック・技術動向
3. 主要参入メーカー一覧
4. 市場規模推移・予測(2022年実績〜2029年予測)
5. 用途別市場動向(面積・枚数・金額)
6. 価格動向(2024年Q2時点)
7. メーカー別用途別出荷枚数・シェア
        (2023年実績・2024年見込)
8. 納入関係(2024年Q2時点)
B. ディスプレイ関連部材
1. 製品概要・定義
2. 主要参入メーカー一覧・拠点動向
3. 主要原材料メーカー一覧
4. 市場規模推移・予測(2022年実績〜2029年予測)
5. 価格動向(2024年Q2時点)
6. メーカーシェア(2023年実績・2024年見込)
7. 注目技術・業界トピック
8. 納入関係(2024年Q2時点)
上記調査項目は一部変更となる可能性があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2024 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望

総額
198,000円(税抜 180,000円)

発刊日
2024年07月25日(予定)

報告書体裁
書籍(A4)

ページ数
280ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、PDF版(CD-ROM)もしくは電子書籍利用権を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。

販売形態/納品形態のご案内
書籍/PDF版(CD-ROM)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 書籍と同じデータ(PDFデータ)を収録したCD-ROM(印刷不可/イントラネットでの共有および複製利用はできません)。
電子書籍利用権(新しいウィンドウもしくはタブで外部サービスサイトが開きます)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 市場調査資料をオンラインでご利用いただく、利用権付与のクラウドサービス(利用期間3年間/1ID発行、同時3名まで利用可)。
ネットワークパッケージ版(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)
  • 同一法人内の社内ネットワークにおいて共有可能なPDFファイルで提供される電子データ企業内ネットワークサービスです。利用可能な範囲は本サービスを利用する法人のすべての事業所とし、親会社や子会社、関連会社は含まれません。PDF版(CD-ROM)、ダウンロード版(Box社のクラウドストレージ経由)のいずれかをご選択できます。

E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
PDF版(CD-ROM)の予約特典でこのレポートを予約する 総額 198,000円(税抜 180,000円)
電子書籍利用権の予約特典でこのレポートを予約する 総額 198,000円(税抜 180,000円)

ネットワークパッケージ版があります
    PDF版(CD-ROM)でネットワークパッケージ版を予約する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ダウンロード版(Box経由)でネットワークパッケージ版を予約する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話いずれか)
FAX
電子メール (メール、電話いずれか)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ