◆市場調査レポート:2023年07月10日発刊

デジタルサイネージ市場総調査 2023

Afterコロナ時代において再び加速するサイネージビジネスの全貌、最新トレンド、今後の方向性を調査・分析
−はじめに−
  • 『デジタルサイネージ』とはディスプレイ(映像機器)を活用したインフォメーション/販促/空間演出/広告などの各種情報/映像表示を指す。ディスプレイの大画面化/薄型軽量化、ネットワーク環境の整備/低コスト化の進行によって、幅広い分野/用途において需要が増加し、また配信ビジネス/サービスや広告ビジネスなど導入後のビジネスとしても成長してきた。
  • 当初、参入企業は、ディスプレイ/システムを取り扱うハードウェアメーカーやベンダーが中心であったが、市場拡大に伴い導入後のコンテンツ制作/配信/運営サービスを担うサービス事業者、同ディスプレイを媒体として用いた広告ビジネスなど、現在は多種多様かつ業種業態/規模を問わず多数の企業が参入している。
  • COVID-19感染拡大や緊急事態宣言に伴う外出自粛/業績悪化などの影響による設備投資の抑制、新規/改修案件の見送りや先送りなどがあり、デジタルサイネージ市場としても2020年は一時的に減少となったが、2021年以降、需要は徐々に回復し、市場は再び拡大傾向で推移し、2022年にはピーク時の2019年の市場規模を上回った。
  • 従来の看板/ポスターの代替需要も一定数ある中で、デジタルサイネージシステムの導入に関しては費用対効果が長年の課題でもあり、付加価値提案/差別化がより重要となってきている。そうした中で、昨今さまざまな業界でDX推進が叫ばれて久しいが、IoT/AIの普及やテクノロジーの進化を背景に、リテールソリューション/オフィスソリューションといった各業種/業界向けソリューションとデジタルサイネージを連携した提案が増加しており、2021〜2022年には小売/飲食チェーンを中心にまとまった導入案件もみられた。2023年以降も、他の業種/業界を含めDX連携によるデジタルサイネージの提案はさらに活発化していくものと予測される。
  • 本市場調査資料では、デジタルサイネージ市場を「システム販売/構築市場」「コンテンツ制作/配信サービス市場」「広告ビジネス」および「周辺/関連ソリューション市場」に分類し、各市場/ビジネスの市場規模推移のほか、分野/需要先別のシステムニーズ/トレンド、需要/ビジネスの変化および市場の方向性などを調査・分析した。本市場調査資料は参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作した。
−調査目的−
  • 本市場調査資料は、デジタルサイネージ市場を「システム販売/構築市場」「コンテンツ制作/配信サービス市場」「広告ビジネス」および「周辺/関連ソリューション市場」に分類し、各市場/ビジネスの市場規模推移のほか、分野/需要先別のシステムニーズ/トレンド、市場の方向性などを調査・分析することで、参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作した。
−調査対象−
カテゴリー対象品目
A. ソリューション別
市場編
10品目
A-1. 防災/減災ソリューション
A-2. 属性取得/動線分析ソリューション
A-3. 混雑/利用状況可視化
      ソリューション
A-4. チャットボット/音声認識
      ソリューション
A-5. 人流解析ソリューション
A-6. 多言語対応ソリューション
A-7. 建設/工事現場向けソリューション
A-8. 工場可視化ソリューション
A-9. ARソリューション
A-10. デジタルサイネージ
      アドネットワーク
B. 分野別市場編 12分野
B-1. 小売店舗/商業施設
B-2. その他店舗
B-3. 外食店舗
B-4. 交通機関
B-5. 金融機関
B-6. レジャー/アミューズメント施設
B-7. 宿泊施設/結婚式場
B-8. 公共施設
B-9. 一般企業
B-10. 教育機関
B-11. 医療機関
B-12. 官公庁施設
C. 機器/システム
市場編
18品目
C-1. STB
C-2. 中小型モニター
C-3. 大型モニター
C-4. TV
C-5. ビジネスプロジェクター
C-6. 演出照明用プロジェクター
C-7. フルカラーLEDディスプレイ
C-8. 電子POP
C-9. タブレット端末
C-10. 電子ペーパー
C-11. 空中ディスプレイ
C-12. ホログラムディスプレイ
C-13. インタラクティブディスプレイ
C-14. マルチディスプレイ
C-15. ウィンドウディスプレイ
C-16. 内蔵ディスプレイ
C-17. ミラーサイネージ
C-18. デジタルサイネージロボット
−調査項目−
A. ソリューション別市場編
1. 調査対象定義
2. 主要参入企業動向
3. デジタルサイネージビジネスにおける位置付け/連携
4. 市場規模推移(2021年実績〜2027年予測)
5. ターゲット分野
6. ビジネス/サービス上の課題/問題点
7. 市場の方向性
B. 分野別市場編
1. 調査対象定義
2. 主要需要先別用途/コンテンツ動向
3. 主要参入企業動向
4. 市場規模推移(2021年実績〜2027年予測)
5. 主要需要先別ディスプレイ導入状況
6. 先進導入事例
7. Afterコロナ時代におけるニーズ/活用の変化
8. 広告ビジネス動向
9. 市場の方向性
C. 機器/システム市場編
1. 調査対象定義
2. 主要参入企業動向
3. 市場規模推移(2021年実績〜2027年予測)
4. メーカー動向
5. 分野別市場規模推移(2021年実績〜2027年予測)
6. 有望分野/用途
7. 製品化動向/技術トレンド
8. 市場の方向性
−目次−
I. 総括編(1)
1. 調査総括(3)
2. 業界構造(7)
3. デジタルサイネージ市場規模推移(11)
1) 国内デジタルサイネージ市場(11)
2) システム販売/構築市場(12)
3) コンテンツ制作/配信サービス市場(19)
4) 広告ビジネス市場(21)
4. 周辺/関連ソリューション市場動向(32)
1) 対象ソリューションのデジタルサイネージビジネスにおける位置付け(32)
2) 周辺/関連ソリューション市場規模推移(33)
3) 周辺/関連ソリューション市場の方向性(34)
4) 周辺/関連ソリューション市場のトピックス(35)
5. 分野別市場分析(37)
1) 分野別市場規模/トピックス(37)
2) 分野別導入目的/利用状況(39)
3) 普及台数/総需要/顕在化率(42)
4) 分野別市場予測(45)
5) 有望ビジネス(48)
6. 主なユーザー事例(50)
7. 技術トレンド(55)
1) 製品化/技術動向(55)
2) その他注目技術(59)
8. 業界動向/周辺を取り巻く環境(62)
1) 関連団体/関連法規制(62)
2) DX連携動向(66)
3) デジタルサイネージ需要を支える外部環境(68)
II. 集計編(71)
1. 周辺/関連ソリューション市場規模推移(73)
2. デジタルサイネージ向けディスプレイ市場規模推移(74)
1) 分野別(数量/金額)(74)
2) 分野/需要先別(数量)(75)
3) 分野別配信対応/配信非対応ディスプレイ(数量)(77)
3. 配信システム市場規模推移(78)
1) 分野別(数量/金額)(78)
2) 分野/需要先別(数量)(79)
4. 分野別配信システム稼働数および配信業務委託数/比率推移(81)
5. 分野別コンテンツ制作/配信サービス市場規模推移(82)
6. 機器/システム市場規模推移(83)
III. 個別市場編(85)
A. ソリューション別市場編(87)
A-1. 防災/減災ソリューション(89)
A-2. 属性取得/動線分析ソリューション(92)
A-3. 混雑/利用状況可視化ソリューション(95)
A-4. チャットボット/音声認識ソリューション(98)
A-5. 人流解析ソリューション(101)
A-6. 多言語対応ソリューション(104)
A-7. 建設/工事現場向けソリューション(107)
A-8. 工場可視化ソリューション(110)
A-9. ARソリューション(113)
A-10. デジタルサイネージアドネットワーク(116)
B. 分野別市場編(119)
B-1. 小売店舗/商業施設(121)
B-2. その他店舗(126)
B-3. 外食店舗(131)
B-4. 交通機関(136)
B-5. 金融機関(141)
B-6. レジャー/アミューズメント施設(146)
B-7. 宿泊施設/結婚式場(151)
B-8. 公共施設(156)
B-9. 一般企業(161)
B-10. 教育機関(166)
B-11. 医療機関(171)
B-12. 官公庁施設(176)
C. 機器/システム市場編(181)
C-1. STB(183)
C-2. 中小型モニター(186)
C-3. 大型モニター(189)
C-4. TV(193)
C-5. ビジネスプロジェクター(196)
C-6. 演出照明用プロジェクター(199)
C-7. フルカラーLEDディスプレイ(202)
C-8. 電子POP(206)
C-9. タブレット端末(209)
C-10. 電子ペーパー(212)
C-11. 空中ディスプレイ(215)
C-12. ホログラムディスプレイ(218)
C-13. インタラクティブディスプレイ(221)
C-14. マルチディスプレイ(224)
C-15. ウィンドウディスプレイ(227)
C-16. 内蔵ディスプレイ(230)
C-17. ミラーサイネージ(233)
C-18. デジタルサイネージロボット(236)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
デジタルサイネージ市場総調査 2023

総額
198,000円(税抜 180,000円)

発刊日
2023年07月10日

報告書体裁
書籍(A4)

ページ数
238ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

ISBNコード
ISBN978-4-8351-0004-3

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。

販売形態/納品形態のご案内
書籍/PDF版(CD-ROM)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 書籍と同じデータ(PDFデータ)を収録したCD-ROM(印刷不可/イントラネットでの共有および複製利用はできません)。
電子書籍利用権(新しいウィンドウもしくはタブで外部サービスサイトが開きます)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 市場調査資料をオンラインでご利用いただく、利用権付与のクラウドサービス(利用期間3年間/1ID発行、同時3名まで利用可)。
ネットワークパッケージ版(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)
  • 国内イントラネットにおいて共有可能なPDFファイルで提供される電子データ企業内ネットワークサービスです。利用可能な範囲は本サービスを利用する法人のすべての事業所とし、親会社や子会社、関連会社は含まれません。PDF版(CD-ROM)、ダウンロード版(Box社のクラウドストレージ経由)のいずれかをご選択できます。

E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートを購入する 総額 198,000円(税抜 180,000円)
PDF版(CD-ROM)セットでこのレポートを購入する 総額 231,000円(税抜 210,000円)
電子書籍利用権セットでこのレポートを購入する 総額 231,000円(税抜 210,000円)

ネットワークパッケージ版があります
    PDF版(CD-ROM)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ダウンロード版(Box経由)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話いずれか)
FAX
電子メール (メール、電話いずれか)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ