◆市場調査レポート:2023年02月02日発刊

ウェアラブル/ヘルスケアビジネス総調査 2023

バイタルデータの収集/分析がもたらす予防医療の方向性およびxTECHによる高度化、ウェルビーイングを実現する先端ヘルスケアビジネスを調査/分析
−はじめに−
  • 日本政府が掲げる「健康寿命の延伸」「医療費の削減」といった方針の下、健康管理を必要とする積極的な施策が展開されている。2022年6月に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2022」ではPHR推進が明記されたほか、COVID-19流行や少子高齢化、医療/介護の人手不足進行などについてテクノロジーを活用した対策(予算化/補助金給付/法改正)が進められている。
  • 健康への意識の高まりは一般社会においても進行しており、ヘルスケア機器/サービスの需要が拡大している。ウェアラブル端末によるバイタルデータの取得と、バイタルデータを用いた健康管理サービスが高度化しつつあり、収集した情報を分析し、健康と因子の関連性を解明することで「行動変容」を促していくプラットフォームビジネスへ参入する企業も増加している。
  • 日本国内では2022 年度診療報酬改定によってオンライン診療の恒久化が進展したが、海外では、オンライン診療時におけるバイタルデータ、日常生活データ、疾病特化型のデジタル技術の利活用が進められている。国内においてもバイタルデータをさまざまなサービスに連携させていくニーズは今後も継続的に高まることが予測される。
  • 「Withコロナ時代」では、日常的な健康データ収集/管理/分析により未然に病気を予防する必要性が増していく。医療費の抑制が課題となる中で予防医療の位置付けが高まっており、ウェアラブル端末やスマートデバイスによって収集/管理したバイタル情報を活用する個別化医療/予防が進展していく。また、「歩行計測」「ニオイ計測」「脳波計測」といった新たなバイタルセンシングも有用性が認められつつあり、今後も、センシング技術の進展によって新たなバイタルデータの取得が可能になっていくなど、「ウェアラブル/ヘルスケアビジネス」は中長期的な広がりが期待される市場となっている。
  • 睡眠、美容、スポーツなど幅広い領域で機器とシステム/サービスを活用したヘルステックの需要が増加していく。また、精神に関するデータの収集/分析が AI の発展によって可能となりつつあり、心身共に健康的な生活を送る「ウェルビーイング」の概念が社会に浸透していく。
  • 本市場調査資料は多様化/高度化するウェアラブル端末やヘルスケア関連機器およびヘルスケア関連システム/サービス、ヘルステック、デバイス/マテリアルについて網羅的に市場動向を明らかにすることで、参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作したものである。
−調査目的−
  • 本市場調査資料はヘルスケアに関するヘルステック6品目、システム/サービス15品目、機器18品目、デバイス/マテリアル6品目、について市場規模推移、製品/サービス動向/技術/トレンド動向の調査を実施した。計45品目を対象に詳細調査を実施することにより、参入企業各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的とした。
−調査対象−
調査対象品目
調査対象対象品目
A. ヘルステック
(6品目)
A-1. ベビーテック
A-2. フェムテック
A-3. スキンケアテック
A-4. スポーツテック
A-5. スリープテック
A-6. ブレインテック
B. システム/サービス
(15品目)
B-1. 健康管理支援サービス
B-2. 健康管理プラットフォームサービス
B-3. 従業員向け健康管理サービス
B-4. 保健指導支援サービス
B-5. アレルギー可視化ソリューション
B-6. ニオイ計測/提示システム
B-7. PHR関連システム
B-8. オンライン医療ソリューション
B-9. 簡易検査サービス
B-10. DTC遺伝子検査サービス
B-11. 電子母子健康手帳
B-12. 電子お薬手帳
B-13. 歩行/姿勢解析サービス
B-14. 高齢者見守りサービス
B-15. 介護支援システム
C. 機器(18品目) C-1. 活動量計/歩数計
C-2. ヘルスケアバンド
C-3. スマートウェア
C-4. スマートシューズ
C-5. ヘルスメーター
C-6. 血圧計
C-7. 体温計
C-8. 血糖測定器
C-9. パルスオキシメーター
C-10. スマートコンタクトレンズ
C-11. ベッドシート型センサー
C-12. パワーアシストスーツ
C-13. 補聴器
C-14. ヒアラブルデバイス
C-15. スマートウォッチ
C-16. スマートリング
C-17. スマートグラス/HMD
C-18. スマートフォン
D. デバイス/マテリアル
(6品目)
D-1. 脈波センサー
D-2. 脳波センサー
D-3. 加速度/角速度センサー
D-4. 導電性繊維
D-5. 圧力センサーシート
D-6. 電子皮膚
B. システム/サービス、C. 機器は用途別に集計を行った。
用途B. システム/サービス(15品目)C. 機器(18品目)
健康管理/増進
(11品目)
B-1. 健康管理支援サービス
B-2. 健康管理プラットフォームサービス
B-3. 従業員向け健康管理サービス
B-4. 保健指導支援サービス
B-5. アレルギー可視化ソリューション
B-6. ニオイ計測/提示システム
C-1. 活動量計/歩数計
C-2. ヘルスケアバンド
C-3. スマートウェア
C-4. スマートシューズ
C-5. ヘルスメーター
医療関連(11品目) B-7. PHR関連システム
B-8. オンライン医療ソリューション
B-9. 簡易検査サービス
B-10. DTC遺伝子検査サービス
B-11. 電子母子健康手帳
B-12. 電子お薬手帳
C-6. 血圧計
C-7. 体温計
C-8. 血糖測定器
C-9. パルスオキシメーター
C-10. スマートコンタクトレンズ
介護関連(6品目) B-13. 歩行/姿勢解析サービス
B-14. 高齢者見守りサービス
B-15. 介護支援システム
C-11. ベッドシート型センサー
C-12. パワーアシストスーツ
C-13. 補聴器
ヘルスケア周辺機器
(5品目)
C-14. ヒアラブルデバイス
C-15. スマートウォッチ
C-16. スマートリング
C-17. スマートグラス/HMD
C-18. スマートフォン
−調査項目−
A. ヘルステック市場
1. 調査対象定義
2. 主要参入企業およびソリューション概要
3. ビジネスモデル
4. 市場規模推移
 (国内、2021年実績〜2027年予測:数量/金額)
5. ベンダー動向
6. 最新ソリューション事例
7. 技術/機能動向
8. 今後の方向性
B. システム/サービス市場
1. 調査対象定義
2. 主要参入企業およびシステム/サービス概要
3. 最新企業動向
4. 市場規模推移
 (国内、2021年実績〜2027年予測:数量/金額)
5. ベンダーシェア(数量/金額:2021年/2022年)
6. ビジネスモデル/料金体系
7. システム連携動向
8. データ利活用事例
9. 技術/サービス化動向
10. 今後の方向性
C. 機器市場
1. 調査対象定義
2. 主要参入企業および製品概要
3. 最新企業動向
4. 市場規模推移
 (世界、2021年実績〜2027年予測:数量/金額)
5. エリア別構成比(数量:2021年/2022年)
6. 製品別市場規模推移
 (世界/国内、2021年実績〜2027年予測:数量/金額)
7. ベンダーシェア
 (数量/金額:2021年/2022年)
8. 需要先別市場構成比
 (国内、数量:2021年/2022年)
9. 収集データの方向性
10. 技術/機能動向
11. 今後の方向性
D. デバイス/マテリアル市場
1. 調査対象定義
2. 主要参入企業および製品概要
3. 価格動向
4. 市場規模推移
 (世界、2021年実績〜2027年予測:数量/金額)
5. 用途別構成比
 (数量:2021年/2027年)
6. メーカーシェア
 (数量/金額:2021年/2022年)
7. 技術/機能動向
8. 今後の方向性
−目次−
I. 総括編(1)
1. 調査総括(3)
2. 国内市場規模推移と予測(金額:2021年実績〜2027年予測)(5)
1) 全体市場(5)
2)システム/サービス市場(6)
3) 機器市場(7)
4) カテゴリー別市場比較(8)
3. ウェアラブル端末市場動向(13)
1) 市場規模推移と予測(13)
2) その他有望ウェアラブル端末(15)
4. センサー/キーデバイス市場動向(18)
1) デバイス/マテリアル世界市場規模推移と予測(18)
2) 有望センサー/技術動向(20)
5. ヘルステック市場動向(23)
1) ヘルステック国内市場規模推移と予測(23)
2) その他有望ヘルステック(24)
6. 参入企業動向(25)
7. 統計データ一覧(28)
8. 関連法制度/政府動向(34)
1) データヘルス改革(34)
2) 政府予算動向(35)
3) 関連法制度(36)
4) 政府のビジョン(37)
9. 市場トピックス(39)
1) GAFAM海外プラットフォームベンダー動向(39)
2) メンタルヘルスへのウェアラブル端末活用(43)
3) フレイル予防動向(45)
4) ヘルスケアプラットフォーム動向(47)
5) 個別化/層別化(50)
6) AI/ロボティクス/音声認識活用事例(52)
10. 世界市場動向(55)
1) 世界市場概況(55)
2) 世界市場規模推移と予測(金額:2021年実績〜2027年予測)(57)
3) エリア別市場動向(58)
11. 今後の方向性(63)
1) ヘルステック市場(63)
2) システム/サービス市場(64)
3) 機器市場(65)
4) デバイス/マテリアル市場(67)
II. 個別市場編(69)
A. ヘルステック市場(71)
A-1. ベビーテック(73)
A-2. フェムテック(78)
A-3. スキンケアテック(82)
A-4. スポーツテック(85)
A-5. スリープテック(90)
A-6. ブレインテック(94)
B. システム/サービス市場(99)
B-1. 健康管理支援サービス(101)
B-2. 健康管理プラットフォームサービス(105)
B-3. 従業員向け健康管理サービス(109)
B-4. 保健指導支援サービス(114)
B-5. アレルギー可視化ソリューション(118)
B-6. ニオイ計測/提示システム(122)
B-7. PHR関連システム(126)
B-8. オンライン医療ソリューション(131)
B-9. 簡易検査サービス(137)
B-10. DTC遺伝子検査サービス(141)
B-11. 電子母子健康手帳(145)
B-12. 電子お薬手帳(149)
B-13. 歩行/姿勢解析サービス(153)
B-14. 高齢者見守りサービス(157)
B-15. 介護支援システム(161)
C. 機器市場(165)
C-1. 活動量計/歩数計(167)
C-2. ヘルスケアバンド(171)
C-3. スマートウェア(176)
C-4. スマートシューズ(181)
C-5. ヘルスメーター(186)
C-6. 血圧計(191)
C-7. 体温計(196)
C-8. 血糖測定器(201)
C-9. パルスオキシメーター(206)
C-10. スマートコンタクトレンズ(211)
C-11. ベッドシート型センサー(215)
C-12. パワーアシストスーツ(220)
C-13. 補聴器(225)
C-14. ヒアラブルデバイス(231)
C-15. スマートウォッチ(236)
C-16. スマートリング(241)
C-17. スマートグラス/HMD(245)
C-18. スマートフォン(252)
D. デバイス/マテリアル市場(257)
D-1. 脈波センサー(259)
D-2. 脳波センサー(263)
D-3. 加速度/角速度センサー(266)
D-4. 導電性繊維(269)
D-5. 圧力センサーシート(272)
D-6. 電子皮膚(275)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
ウェアラブル/ヘルスケアビジネス総調査 2023

総額
176,000円(税抜 160,000円)

発刊日
2023年02月02日

報告書体裁
書籍(A4)

ページ数
277ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

ISBNコード
ISBN978-4-89443-992-4

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。

販売形態/納品形態のご案内
書籍/PDF版(CD-ROM)
 総額 209,000円(税抜 190,000円)
  • 書籍と同じデータ(PDFデータ)を収録したCD-ROM(印刷不可/イントラネットでの共有および複製利用はできません)。
電子書籍利用権(新しいウィンドウもしくはタブで外部サービスサイトが開きます)
 総額 209,000円(税抜 190,000円)
  • 市場調査資料をオンラインでご利用いただく、利用権付与のクラウドサービス(利用期間3年間/1ID発行、同時3名まで利用可)。
ネットワークパッケージ版(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)
  • 国内イントラネットにおいて共有可能なPDFファイルで提供される電子データ企業内ネットワークサービスです。利用可能な範囲は本サービスを利用する法人のすべての事業所とし、親会社や子会社、関連会社は含まれません。PDF版(CD-ROM)、ダウンロード版(Box社のクラウドストレージ経由)のいずれかをご選択できます。

E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートを購入する 総額 176,000円(税抜 160,000円)
PDF版(CD-ROM)セットでこのレポートを購入する 総額 209,000円(税抜 190,000円)
電子書籍利用権セットでこのレポートを購入する 総額 209,000円(税抜 190,000円)

ネットワークパッケージ版があります
    PDF版(CD-ROM)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 352,000円(税抜 320,000円)
    ダウンロード版(Box経由)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 352,000円(税抜 320,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話いずれか)
FAX
電子メール (メール、電話いずれか)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ