◆市場調査レポート:2021年02月12日発刊

デジタルサイネージ市場総調査 2021

システム構築〜コンテンツ制作/配信サービス〜広告ビジネス、周辺/関連ソリューションまでのサイネージビジネスの全貌、「COVID-19」の影響、市場予測/ビジネスの方向性を調査/分析
−はじめに−
  • 『デジタルサイネージ』とはディスプレイ(映像機器)を活用したインフォメーション/販促/空間演出/広告などの各種映像情報表示システムである。ディスプレイの大画面化/薄型軽量化、ネットワーク環境の整備/低コスト化により、幅広い分野/用途において需要が増加してきた。さらに、設置面数の増加により、配信ビジネスや広告ビジネスなど導入後の新ビジネス(新市場)も立ち上がるなど、2000年代前半より市場拡大が続いてきた。
  • また、当初はディスプレイ/システムを取り扱うハードウェアメーカーやベンダーを中心とした市場拡大に伴い導入後のコンテンツ制作/配信/運営サービスを担うサービス事業者、ディスプレイを媒体として用いた広告ビジネスなど、現在は多種多様かつ業種業態/規模を問わない企業が多数参入しており、事業者間の競合も激化してきている。
  • 2019年は、当初2020年開催予定であった「東京オリンピック・パラリンピック」を見据え、首都圏を中心とした交通機関、自治体施設、公共施設などにおいて新設案件のほか、追加/リプレース案件が増加し市場拡大を後押しした。そのため、2020年は反動による需要減少や伸び悩みが見込まれていたが、COVID-19感染拡大/緊急事態宣言に伴う外出自粛の影響などを受け、導入ユーザーの経営悪化/投資抑制などにより、ディスプレイ/システム需要を含めたシステム構築/販売市場は当初想定を大きく下回り、初めて前年比減少に転じている。また、広告クライアントにおける経営悪化によって、広告出稿も減少するなど広告ビジネス市場についても同様に2020年は前年比減少となる見込みである。
  • 一方で、COVID-19感染拡大を背景に感染防止対策の一環として、サービス/施設案内などの一般的なインフォメーションやイベント/キャンペーンなどの販促コンテンツといった従来コンテンツに加えて、検温/検知やソーシャルディスタンス/消毒の啓蒙、混雑状況の可視化(密回避)など感染拡大防止対策を含めた注意喚起コンテンツの活用、同対策を兼ねたデジタルサイネージシステム/ソリューションの訴求/提案が活発化しており、新規需要の創出/リプレース需要が喚起された市場もみられた。
  • 本市場調査資料では、デジタルサイネージ市場を「システム販売/構築市場」「コンテンツ制作/配信サービス市場」「広告ビジネス」および「周辺/関連ソリューション市場」に分類し、各市場/ビジネスの市場規模推移のほか、分野/需要先別のシステムニーズ/トレンド、COVID-19影響下における需要/ビジネスの変化、方向性を調査/分析する。本市場調査資料は、参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作したものである。
−調査目的−
  • 本市場調査資料は、デジタルサイネージ市場を「システム販売/構築市場」「コンテンツ制作/配信サービス市場」「広告ビジネス市場」および「周辺/関連ソリューション市場」に分類し、各市場/ビジネスの市場規模推移のほか、分野/需要先別のシステムニーズ/トレンド、COVID-19影響下における需要/ビジネスの変化、方向性を調査/分析した。本市場調査資料は、参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作した。
−調査対象−
A. ソリューション
  市場編
10品目
A-1. インバウンド/多言語対応ソリューション
A-2. 防災/減災ソリューション
A-3. 顔認証/画像認識ソリューション
A-4. 行動/購買分析ソリューション
A-5. チャットボット/音声認識ソリューション
A-6. 混雑可視化/密回避ソリューション
A-7. 検温/検知ソリューション
A-8. 建設/工事現場向けサイネージ
A-9. ARソリューション
A-10. デジタルサイネージアドネットワーク
B. 分野別市場編 12分野
B-1. 小売店舗/商業施設
B-2. その他店舗
B-3. 外食店舗
B-4. 交通機関
B-5. 金融機関
B-6. レジャー/アミューズメント施設
B-7. 宿泊施設/結婚式場
B-8. 公共施設
B-9. 一般企業
B-10. 教育機関
B-11. 医療機関
B-12. 官公庁施設
C. 製品/システム
  市場編
18品目
C-1. STB
C-2. 中小型モニター
C-3. 大型モニター
C-4. デジタルTV
C-5. ビジネスプロジェクター
C-6. 演出照明用プロジェクター
C-7. フルカラーLEDディスプレイ
C-8. 電子POP
C-9. タブレット端末
C-10. ホログラムディスプレイ
C-11. 透明ディスプレイ
C-12. 空中ディスプレイ
C-13. マルチディスプレイ
C-14. インタラクティブディスプレイ
C-15. ウィンドウディスプレイ
C-16. 自動販売機
C-17. マルチメディア端末
C-18. サーモグラフィー
−調査項目−
A. ソリューション別市場編
1. 調査対象定義
2. 主要参入企業およびソリューション/サービス概要
3. デジタルサイネージビジネスにおける位置付け/連携
4. 市場規模推移
  (2019年実績〜2026年予測:数量/金額)
5. ターゲット分野
6. ビジネス/サービス上の課題/問題点
7. 当該ソリューションビジネス/サービスの方向性
B. 分野別市場編
1. 調査対象定義
2. 主要需要先別用途/コンテンツ動向
3. 主要参入企業
4. 市場規模推移(2019年実績〜2026年予測)
5. 主要需要先別ディスプレイ導入状況
6. 「東京オリンピック・パラリンピック」「COVID-19」による需要変動
7. 広告ビジネス動向
8. 関連ソリューション連携動向
9. 今後の市場予測
C. 製品/システム市場編
1. 調査対象定義
2. 市場規模推移
  (2019年実績〜2026年予測:数量/金額)
3. 主要参入企業
4. メーカーシェア(2020年見込)
5. 分野別販売動向(2019年実績〜2026年予測)
6. 有望分野/用途
7. 製品化動向/技術トレンド
8. 市場の方向性
−目次−
I. 総括編(1)
1. 調査総括(3)
2. 業界構造(7)
3. COVID-19関連ソリューション/製品動向(9)
1) 概要/位置付け(9)
2) 市場に与えた影響/ニーズの方向性(10)
4. デジタルサイネージ市場規模推移(11)
1) 国内デジタルサイネージ市場規模推移(11)
2) システム販売/構築市場(12)
3) コンテンツ制作/配信サービス市場(19)
4) 広告ビジネス市場(22)
5. 周辺/関連ソリューション市場動向(31)
1) 対象ソリューションのデジタルサイネージビジネスにおける位置付け(31)
2) 周辺/関連ソリューション市場規模推移(33)
3) ソリューション別ターゲット分野(34)
6. 分野別市場分析(35)
1) 分野別市場規模/トピックス(35)
2) 分野別導入目的/利用状況(37)
3) 分野/需要先別普及台数/総需要/顕在化率(39)
4) 分野別市場予測(41)
5) 有望ビジネス(44)
7. 分野別先進/注目事例(45)
8. 技術動向/トレンド(49)
1) 製品化/技術動向(49)
2) デジタルサイネージ分野の技術トレンド(52)
9. 業界動向/周辺を取り巻く環境(54)
1) 関連団体/関連法規制/周辺環境(54)
2) 「東京オリンピック・パラリンピック」「COVID-19」の影響(56)
3) 企業のIT投資/法規制(58)
II. 集計編(61)
1. 周辺/関連ソリューション市場規模推移(63)
2. デジタルサイネージ向けディスプレイ市場規模推移(64)
1) 分野別(数量/金額)(64)
2) 分野/需要先別(数量)(65)
3) 分野別配信対応/配信非対応ディスプレイ(数量)(67)
3. 配信システム市場規模推移(68)
1) 分野別(数量/金額)(68)
2) 分野/需要先別(数量)(69)
4. 分野別配信システム稼働数および配信業務委託数/比率推移(71)
5. 分野別コンテンツ制作/配信サービス市場規模推移(72)
6. 製品/システム市場規模推移(73)
III. 個別市場編(75)
A. ソリューション別市場編(77)
A-1. インバウンド/多言語対応ソリューション(79)
A-2. 防災/減災ソリューション(82)
A-3. 顔認識/画像認識ソリューション(85)
A-4. 行動/購買分析ソリューション(88)
A-5. チャットボット/音声認識ソリューション(91)
A-6. 混雑可視化/密回避ソリューション(94)
A-7. 検温/検知ソリューション(97)
A-8. 建設/工事現場向けサイネージ(100)
A-9. ARソリューション(103)
A-10. デジタルサイネージアドネットワーク(106)
B. 分野別市場編(109)
B-1. 小売店舗/商業施設(111)
B-2. その他店舗(116)
B-3. 外食店舗(121)
B-4. 交通機関(126)
B-5. 金融機関(132)
B-6. レジャー/アミューズメント施設(137)
B-7. 宿泊施設/結婚式場(142)
B-8. 公共施設(147)
B-9. 一般企業(152)
B-10. 教育機関(157)
B-11. 医療機関(162)
B-12. 官公庁施設(166)
C. 製品/システム市場編(171)
C-1. STB(173)
C-2. 中小型モニター(176)
C-3. 大型モニター(179)
C-4. デジタルTV(183)
C-5. ビジネスプロジェクター(186)
C-6. 演出照明用プロジェクター(189)
C-7. フルカラーLEDディスプレイ(192)
C-8. 電子POP(195)
C-9. タブレット端末(198)
C-10. ホログラムディスプレイ(201)
C-11. 透明ディスプレイ(204)
C-12. 空中ディスプレイ(207)
C-13. マルチディスプレイ(210)
C-14. インタラクティブディスプレイ(213)
C-15. ウィンドウディスプレイ(216)
C-16. 自動販売機(219)
C-17. マルチメディア端末(222)
C-18. サーモグラフィー(225)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
デジタルサイネージ市場総調査 2021

頒価
176,000円(税抜 160,000円)

発刊日
2021年02月12日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
227ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-932-0

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 352,000円(税抜 320,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ