◆最新マルチクライアント調査レポート:2020年08月06日予定

Field Service Management(FSM)市場の将来展望

AI/IoT、カメラ画像/映像解析技術が保守/メンテナンス業務の高効率化や予防保守を実現 次世代型のフィールドサービスがアフター市場の高収益化を促進する
−調査の背景−
  • Field Service Management(FSM)とは保守サービス業務を支援することであり、ベンダー各社がメーカー向け、保守/メンテナンスサービス事業者向けにソリューションとして提供している。保守/メンテナンスサービス業務自体は古くから行われており、過去の業務内容は手書きの作業日誌や業務日報、個人作成のマニュアルなどとして記録されてきた。
  • 40年ほど前にはソフトウェアベンダー各社により著名な保守/メンテナンス業務向けのアプリケーションソフトが開発され、現在も継続的に利用され続けている。これらの製品により業務の効率化や人材の有効活用に効果を上げ、業務内容もシステム内にデジタルデータとして記録されるようになった。
  • 近年はAIの活用が進みつつある。過去の手書きの各種ドキュメントをデジタル化し、すでにデジタル化された情報も併せてマシンラーニングを行い、そのなかからAIにより適切な情報を検索、レコメンドすることによってこれまで以上の効果を上げてきている。
  • その効果は設備や機器の異常が発生した場合の対応業務の効率化に止まらず、熟練技術者がいない場合でも経験の浅い技術者で対応作業が行えるようになるほか、過去の対応作業の傾向を分析して異常が発生する前の予防保守を可能とするなど、これまでとは違った成果となっている。
  • またIoTとしてカメラと画像認識、各種センサーを組み合わせるソリューションも登場してきている。本調査ではAI/IoTの活用が進む保守/メンテナス業務向けの製品やサービスの提供状況、参入ベンダー各社の事業展開、ユーザー企業の保守/メンテナンス業務の実態と方向性を調査することで、当該市場での事業活動に有益なデータを提供することを目的としています。
    調査のポイント
    • FSM市場における関連製品、サービス、技術の提供状況の把握
    • FSM関連ソリューション市場の今後の成長性を明確化
    • ユーザー企業におけるFSMへの取り組みと方向性の考察
    • FSMの有望分野、市場の立ち上がりのキーファクターを明確化
    • マルチベンダー保守サービスの提供状況、参入ベンダー各社の事業展開
−調査目的−
  • 本マルチクライアント特別調査企画はField Service Management(FSM)を主対象として、参入事業者各社の参入状況、開発技術動向、製品動向を調査するとともに有望業界を明確化することで、参入企業各社、関連事業者各社において有益なマーケティングデータの提供を目的とする。
−調査対象−
Field Service Management(FSM)
  • 「フィールドサービス」とは、機械装置などの設備を「現場(フィールド)」にて設置や保守およびメンテナンスを行うサービスである。
  • 現在は、単なる現場での設置、保守、メンテナンスだけではなく、センサーデータ、画像データ、動画データなどのデータを収集し、AIを用いたソリューションを確立することで、一つのビジネスモデルとしてだけではなく、今まで行っていた作業を大幅に効率化することで利益率を高めることも可能になる。
  • 現状では、日本国内企業よりも欧米企業が積極的に採用を進めており、ビジネスモデルの確立とともに、FSMの活用法も高度化されてきている。またユーザーニーズにフレキシブルに対応することが可能となっており、クラウド利用、オンプレミスでのシステム構築も自由に設計ができる。
マルチベンダー保守
  • 保守メンテナンス窓口の一本化や、メーカーがサポートを終了した場合、ユーザー企業が継続してIT資産を利用しようとする際にはマルチベンダー保守サービスが利用されている。マルチベンダー保守サービス事業者は障害の一次切り分け、代替品との交換、自社サポート要員により修理、メーカーの保守要員への出動依頼など対応しているサービス領域が異なっている。
システムベンダー
  • 主要日系企業、海外企業を対象
ユーザー/潜在ユーザー
  • 主要日系企業、海外企業を対象
調査対象企業例
Astea
CTCテクノロジー
Dynabook
EIZO
IFS
Infor
JBサービス
Microsoft
NDIソリューションズ
NEC
NECフィールディング
NTTデータカスタマサービス
OKIクロステック
Oracle
Salesforce
SAP
ServiceMax
アイエスエフネット
アイティ ソリューション サービス
アプライドテクノロジー
イグアス
インフォメーション・システム・サービス
ウチダエスコ
エイチ・シー・ネットワークス
エスエーティ
オムロンフィールドエンジニアリング
兼松エレクトロニクス
北見コンピューター・ビジネス
九州教具
ゲットイット
国際産業技術
さくらケーシーエス
サンテクノシステムズ
島津サイエンス西日本
シェアード・ソリューション・サービス
システムクリエイト
シャープマーケティングジャパン
ダイキン工業
データライブ
テクノル
デル
東芝デジタルソューションズ
東芝テックソリューションサービス
日本IBM
日本システムケア
日本テクニカル・サービス
日本テレマティーク
日本ヒューレット・パッカード
ネットワールド
ネットワンシステムズ
ハイ・アベイラビリティ・システムズ
ジネスコネクト
日立システムズ
日立システムズネットワーク
日立ソリューションズ
フィールドワン
富士ゼロックス
富士通
フジモト
ブレイヴコンピューター
ベル・データ
三菱電機インフォメーションネットワーク
ユニアデックス、その他
調査までに若干の品目の入れ替えを行う可能性もあります。
−調査項目−
A. FSM関連ツール/ソリューション市場編
1. 市場総括
2. FSM市場規模推移(2016〜2018年実績、2019年見込、2020〜2024年予測)
1) 全体
2) ユーザー業界別
3) サービスタイプ別(オンプレ、クラウド、等)
3. FSM市場の課題
4. 関連製品/サービス市場との連携
1) AIカメラ、センサーデバイス、など
2) EoS、EoL、EoE関連製品への対応
5. FSM市場の成長性
6. 先端ユーザー事例(IoT/AI活用)
7. 主要参入企業一覧(国内企業、外国企業、など)
B. FSM関連事業者編 (30社分)
1. 企業プロフィール
2. 提供FSM概要
1) サービス概要
2) EoS、EoL、EoE関連製品への対応
3) 料金体系
3. FSM事業の位置付け・沿革
4. FSM事業売上推移(2019年実績、2020年見込、2021年予測)
1) 全体
2) ユーザー業界別
3) 提供メニュー別
5. 事業体制
1) 事業体制の特長/手法
2) アライアンス状況
6. FSM市場への見解
1) 対象機器のネットワーク管理(IoT/AI活用)
2) 有望顧客(国内企業、外国企業、など)
3) 当該市場における現状の課題
7. 今後の市場見通し
1) 今後3〜5年後の市場見通し
2) 注力分野・有望ユーザー業界分野
C. ユーザー編 【アンケート形式】 (150社程度)
保守/メンテナンス系業務を実施しているユーザー企業に対するアンケート調査を実施。
設問項目例
導入ありの場合
1. FSMシステム/マルチベンダー保守サービス導入状況
2. 導入システム概要(名称/機能/特徴、など)
3. 導入効果
4. 現在の課題
5. AI/IoT活用への見解
6. 今後の方向性
導入なしの場合
1. FSMシステム/マルチベンダー保守サービス導入状況
2. 現在の保守/メンテ業務フロー
3. 業務内容の記録方法
4. 現在の課題
5. FSM導入に対する見解
6. 今後の方向性
日本国内調査を実施いたします。
国内に拠点のある海外企業も対象といたします。
設問項目は、ご要望の項目設定に合わせて調整させていただくことが可能です。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
Field Service Management(FSM)市場の将来展望

頒価
700,000円+税

発刊日
2020年08月06日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
150ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 70,000円+税
      合計金額 770,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ