◆最新市場調査レポート:2019年11月06日予定

ウェアラブル/ヘルスケアビジネス総調査 2020

コンシューマーから医療/福祉用途まで先端的な利活用が進むヘルスケアソリューションビジネスの全貌を調査/分析
−調査の背景−
  • ヘルスケアソリューションを実現する上でウェアラブル端末の位置付けが高まっている。ウェアラブル端末はバイタルデータが取得可能なセンサー/マテリアルの多様化/高精度化に伴って進化を遂げており、手首装着型やウェア型の機器に加え、リング型やコンタクトレンズ型まで実証実験を超え実用性を伴った製品化が進んできている。
  • ウェアラブル端末の需要増加の背景には健康に対する世界的な関心の高まりに加え、日本政府が2013年に掲げた「データヘルス計画」があり、将来的な医療費抑制、健康寿命の延伸を目指していくといった国策がある。2018年度から同計画は「第2期データヘルス計画」に移行しており、実効性の高い保険事業の取り組みが求められる。また、2017年度〜2019年度の3年間で「健康・医療情報を活用した行動変容促進事業」として「行動変容サービス」といったビジネスモデルの研究が進められるなど、国策としてのヘルスケア事業も新たなフェーズへと入りつつある。
  • 健康管理は個人で継続的に行うことに対して課題が多い中、自治体や企業が主体となって健康管理を行うケースも年々増加している。金融機関や民間保険会社が健康増進の取り組みに対してインセンティブを付与することも増加しており、自治体や一般企業などにおいて健康経営に対する取り組みが本格化している。
  • このように、ヘルスケア用途において新規ビジネスの創出が今後一層進んでいくことに加え、エビデンスの確立により、ウェアラブル端末は臨床医療用途や介護/福祉用途においても本格的な活用が始まっている。病気の進行を長期的に管理し、治療の予後観察に活用することで「個別化医療」を実現していくほか、医薬品の開発において新たなエビデンスを提供していくことにもつながっていくとみられ、AI/IoT/デジタルトランスフォーメーションの融合が高度なヘルスケアビッグデータ分析/共有/管理を可能としていく。
  • 本市場調査資料は一層多様化/高度化するウェアラブル端末および「ヘルスケアビッグデータ」に関連するマテリアル/デバイス/システム/サービスについて主要参入企業の事業展開、ビジネスモデルを明らかにすることで、参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作する。
−調査ポイント−
  • コンシューマーに加え本格活用が始まったウェアラブル×医療(臨床)用途の最新動向
  • 「個別化健康サービス」に向かう中、現時点の「層別化医療」の進展状況
  • ヘルスケアビッグデータビジネスの最前線および現状の課題
  • ウェアラブル端末を活用した新ビジネス(動物健康管理/BtoB健康管理サービス)の方向性
  • キーデバイスとなるセンサー/マテリアルの最新動向を把握
  • 先端ユーザー事例から今後のサービス/システム市場の方向性を展望
−調査対象−
関連システム/サービス
1. 健康管理支援サービス
2. 健康管理支援プラットフォームサービス
3. PHR関連システム
4. 作業員向け健康管理システム
5. ドライバー向け居眠り防止システム
6. 遠隔医療サービス
7. 保健指導支援サービス
8. 簡易健診サービス
9. DTC遺伝子検査サービス
10. 電子母子健康手帳
11. 電子お薬手帳
12. 高齢者見守りサービス
13. オンラインフィットネス
14. 介護支援システム
生体センシング機器
1. 健康管理・増進
1) 活動量計/歩数計
2) ヘルスケアバンド
3) スマート衣料(ウェア型端末)
4) ヘルスメーター
5) ランニングウォッチ
6) フィットネスマシン
7) モーションセンシング端末
2. 医療・介護・サポート
1) 血圧計
2) 体温計
3) ベッドシート型センサー
4) 血糖自己測定器
5) パルスオキシメーター
6) スマートパッチ/スマートタトゥー
7) スマートコンタクトレンズ
8) ブレインチップ
3. ペット/動物
1) 動物健康管理ウェアラブル
2) ペット管理用チップ
4. ヘルスケア周辺機器
1) スマートリング
2) スマートウオッチ
3) スマートグラス/HMD
4) スマートデバイス(スマートフォン/タブレット端末)
5. その他ウェアラブル端末(開発段階の製品を含むため、国内外を含む製品化/開発事例を中心に把握する)
ヘッドセット型、ヘアウィッグ型、イヤフォン型、アクセサリー型、クリップ型、スイマー用ウェアラブル、妊婦用胎児モニター、トランスミッター、など
注目デバイス/マテリアル
1. 脈波/脳派センサー
2. グルコースセンサー
3. ガスセンサー
4. DNAセンサー
5. 導電性繊維
6. 導電性ペースト/導電塗料
7. 伸縮電線
8. 伸縮配線材料
9. ストレッチャブルデバイス用基材
10. ディスプレイ
11. 圧力センサーシート
12. その他(においセンサー、味覚センサー、バイオデバイス、など)
調査対象企業
Analog Devices、AniCall、Apple Japan、Bosch、Broadcom、FiNC、Fitbit、GEヘルスケア・ジャパン、KDDI、NTTドコモ、Maxim Integrated、MediaTek、Qualcomm Atheros、STMicroelectronics、TDK、Vuzix、旭化成、アルインコ、アルプスアルパイン、ウィット、ウェストユニティス、エー・アンド・デイ、エヌ・ティ・ティ・データ、エヌ・デーソフトウェア、エムティーアイ、大林組、沖電線、オムロン、オムロン ヘルスケア、オリンパス、カシオ計算機、キヤノン、キュアプルーフ、京セラ、クラボウ、グンゼ、コニカミノルタ、ジェネシスヘルスケア、シチズン・システムズ、シーメンス・ジャパン、島津製作所、シャープ、セイコーウオッチ、セイコーエプソン、セコム、セーレン、セントラル警備保障、ソフトバンク、ソニー、ソニーモバイルコミュニケーションズ、タニタ、都築電気、帝人、テルモ、東芝、東洋紡、東レ、ドコモ・ヘルスケア、日本電気、日本ユニシス、日本ロレアル、パナソニック、バンドー化学、日立製作所、ファームノート、フィリップス エレクトロニクス ジャパン、富士通、三菱電機、ミツフジ、ミラボ、ユニオンツール、リーベンス、ワイズマン、など
      :新規掲載予定品目
都合により若干の対象変更を行う場合があります。
−調査項目−
I. 総括編
1. 調査総括
2. 国内市場規模推移
3. 次世代ヘルスケアソリューション市場総括
4. ウェアラブル端末利活用の現状と方向性/最新ウェアラブル端末開発動向
5. ウェアラブル端末向けセンサー/マテリアル/キーデバイス開発動向
  • ストレッチャブルデバイス開発動向/材料動向、バイオハック開発動向/材料動向、など
6. 業界構造
7. 参入企業動向
8. 市場を取り巻く環境/関連法制度/政府動向
9. BtoBヘルスケアソリューションビジネス動向/課題/方向性
10. 市場トピックス
  • スマートフォンアプリの現状、臨床向けウェアラブルの最新事例、スリープテック、デジタルトランスフォーメーション動向、医療ビッグデータビジネス/層別化動向、決済/入退出用途動向、有望な応用分野の事例、など
11. 世界市場動向
12. 今後の方向性
II. 関連システム/サービス市場編(10〜15品目予定)
1. 対象定義/市場概況
2. 市場規模推移と予測(数量・金額、2018年実績〜2024年予測)
3. ベンダーシェア(2018年実績/2019年見込)
4. ビジネスモデル/料金体系
5. アライアンス動向
6. 最新サービストレンド
7. 先端ユーザー事例
8. AI/IoT/デジタルトランスフォーメーション連携動向
9. 普及に向けた課題・問題点
10. 今後の方向性
III. 生体センシング機器市場編(20〜25品目予定)
1. 対象定義/市場概況
2. 市場規模推移と予測(数量・金額、2018年実績〜2024年予測)
3. メーカーシェア(2018年実績/2019年見込)
4. 主要参入企業の事業展開
5. キーデバイス採用動向
6. 最新技術・機能トレンド
7. 世界市場動向
8. 普及に向けた課題・問題点
9. 今後の方向性
IV. 注目デバイス/マテリアル市場編(10品目予定)
1. 対象定義/市場概況
2. 市場規模推移と予測(数量・金額、2018年実績〜2024年予測)
3. メーカーシェア(2018年実績/2019年見込)
4. 価格動向
5. 最新技術・機能トレンド
6. アプリケーションの方向性
都合により若干の項目変更を行う場合があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
ウェアラブル/ヘルスケアビジネス総調査 2020

頒価
150,000円+税

発刊日
2019年11月06日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
280ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ