◆マルチクライアント調査レポート:2019年02月12日発刊

海洋汚染問題を解決する脱プラスチックマテリアル市場

地球規模の課題となりつつある脱プラの最新トレンド
−はじめに−
  • 近年、プラスチックごみによる動物の被害報道により、世界的にプラスチックごみの海洋汚染問題が注目されている。
  • また、プラスチックごみは年月を経て細かな微粒子(マイクロビーズ)になり、海洋中の有害物質を吸着し、魚などに蓄積され、人体への悪影響をもたらすことが懸念されている。
  • このプラスチックごみによる海洋汚染問題を解決すべく、さまざまな企業や国・団体が対策を検討している。
  • 解決策としては、海洋中で分解する生分解性樹脂などに材料変更することだが、価格的あるいは性能的にすでに大量に利用されている石油由来樹脂を代替することは容易ではない。
  • 石油由来樹脂から紙素材へのシフトも進んでいるが、紙製の容器などはプラスチックフィルムなどとラミネートして使用することも多く、接着剤なども使用するため、根本的な解決策とは言い難い。
  • 海洋汚染問題は、生分解性樹脂や紙に素材を変更するだけではなく、リサイクルやごみの回収・処分などに、包括的に取り組む必要がある。
  • 本マルチクライアント特別調査企画では、企業や国・団体の海洋汚染問題に関する取り組みを整理し、脱プラスチックトレンドの動向を明確化することを目的とした。
  • プラスチック関連企業を中心に、さまざまな企業の経営、研究、製造、販売など、マーケティング活動全般において、ご活用いただけるものと確信しております。
−調査目的−
  • 本マルチクライアント特別調査企画は、企業や国・団体の対応状況を整理し、脱プラスチックトレンドを明確化することを目的とした。
−調査対象−
調査対象概要
脱プラスチックマテリアル生分解性樹脂、紙、他
用途レジ袋、ストロー、カトラリー、その他使い捨て容器、他
国・地域日本、米国、EU(欧州各国)、アジア、中南米、中東・アフリカ、他
−目次−
I. 総括編(1)
1. 脱プラスチックマテリアルの市場概要(2)
2. 海洋問題の解決策・取り組み状況(3)
3. 主要国の取り組み(4)
1) 主要国の取組概要(4)
2) 各国の規制・政策一覧(5)
4. 関連団体・機関の取り組み一覧(21)
1) 海洋プラスチック関連の国際会議および主要プロジェクト(21)
2) 海洋プラスチック関連の各種組織および宣言書(22)
5. 主要企業の取り組み一覧(25)
1) 外食産業・各種消費財関連企業の取り組み一覧(25)
2) 素材関連メーカーの取り組み一覧(33)
3) リサイクルの取り組み一覧(39)
6. 脱プラスチックが進む用途・代替素材(41)
1) 外食産業・各種消費財関連企業による脱プラスチック用途一覧(41)
2) 素材関連メーカーによる脱プラスチック・リサイクル用途一覧(43)
3) 代替素材と代替用途(45)
7. プラスチックごみが環境に与える影響(46)
1) プラスチックごみと海洋の影響(46)
2) 生態系への影響(46)
3) プラスチックに含まれる有害物質(47)
4) マイクロプラスチックに吸着する有害物質(47)
8. プラスチック海洋汚染流出量推定(48)
1) 数量推計(48)
2) 各国のごみ処理状況(49)
II. 国別ケーススタディ編(50)
1. EU(51)
2. アイルランド(53)
3. イギリス(54)
4. イタリア(55)
5. オランダ(56)
6. ドイツ(57)
7. ノルウェー(58)
8. フィンランド(59)
9. フランス(60)
10. その他欧州(62)
11. アメリカ合衆国(71)
12. カナダ(74)
13. ブラジル(76)
14. インド(77)
15. インドネシア(79)
16. 韓国(81)
17. タイ(83)
18. 台湾(84)
19. 日本(86)
20. フィリピン(89)
21. マレーシア(91)
22. その他アジア(93)
23. サウジアラビア王国(98)
24. オーストラリア連邦(99)
25. その他(101)
III. 素材別ケーススタディ編(126)
1. 生分解性樹脂(127)
2. 紙(129)
3. その他(130)
IV. 用途別ケーススタディ編(131)
1. レジ袋(132)
2. ストロー(134)
3. カトラリー(137)
4. マイクロビーズ(139)
5. タイヤ(141)
6. 合成繊維(143)
V. 企業別ケーススタディ編(145)
1. すかいらーく(146)
2. 日本マクドナルド(147)
3. H&M へネス・アンド・マウリッツ(150)
4. ファーストリテイリング(152)
5. クラレ(154)
6. クレハ(157)
7. 三菱ケミカル(160)
8. 日本製紙(163)
9. 大日本印刷(166)
10. リスパック(169)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
海洋汚染問題を解決する脱プラスチックマテリアル市場

頒価
660,000円(税抜 600,000円)

発刊日
2019年02月12日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
171ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 726,000円(税抜 660,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ