◆市場調査レポート:2016年07月11日発刊

2016 ブロードバンド・モバイルサービス総調査

スマートデバイスの普及による関連コンテンツやプラットフォーム市場の動向、Fintech、IoT、シェアリングなどのトレンドサービスの普及による市場インパクトを分析
−はじめに−
  • 総務省の『平成26年通信利用動向調査』によると、2014年の1年間にインターネットを利用したことのあるインターネット利用者の割合は2013年と同じ82.8%であり、インターネット利用者はすでに頭打ちとなっている。接続デバイスの割合は自宅PCが53.5%(2013年58.4%)、スマートフォンが47.1%(2013年42.4%)とPCの比率が依然高いものの、2013年末と比較すると自宅PCの比率が4.9ポイント低下した。一方、スマートフォンを接続デバイスとしたインターネット利用は4.7ポイント増加しており、本調査レポートで取り上げたコンシューマー向けサービスや関連プラットフォームもスマートフォン利用を第一とした開発へとシフトしている。
  • スマートフォンを活用したインターネット利用はWebブラウザーの利用から、特定のサービス専用のアプリを介して利用する形態へ変化している。オンラインゲームやソーシャルサービス、コミュニケーションアプリなど特定のアプリの利用率が高まる傾向がみられ、サービス提供ベンダー側では自社サービスのアプリ提供のほか、利用頻度の高いサービスのアプリと連携することでアクティブユーザー数の拡大を進めている。
  • 2015年度はサブスクリプション型としてVODや音楽配信分野で新サービスが登場したほか、アプリケーションストアでも、それまでは提供されていなかったサブスクリプション型の料金形態への対応が検討されている。また、シェアリングサービスやFinTechといった新しい分野のサービスも徐々に普及している。外資系サービスの日本市場への参入も増加し、市場が活性化する一方で、国内の規制が厳しい民泊やライドシェアのようなサービスは海外に比べて普及が遅れている。
  • プラットフォーム分野ではスマートフォンで時間や場所に依存せずにインターネットが利用できる環境となったことで、インターネット広告の出稿量が増加している。表示形態としてはモバイル通信の高速化により、動画広告などリッチ広告が増加している。また、決済関連サービスもFinTechの影響で新しい仕組みが登場するとみられる。
  • 本調査レポートでは、上記の動向を踏まえ、コンシューマー向けブロードバンド・モバイルサービスおよび関連プラットフォーム市場の現状を把握・分析するとともに、各市場の将来性について考察した。当該市場に関連する企業各位にとって、今後の事業戦略立案のための有益なマーケティングデータとなれば幸いである。
  • 末筆ではございますが、本調査レポート作成にあたり、ご多忙中にも関わらず、快く取材に応じていただきました各企業のご担当の方々に対して、深く御礼を申し上げます。
−調査目的−
  • ブロードバンド・モバイルサービスおよび関連プラットフォームの市場動向や参入企業の取り組みを調査・分析することで、市場の現状把握および今後の方向性を明確化し、関連事業戦略立案のためのマーケティングデータを提供することを目的とした。
−調査対象−
コンシューマー向け
サービス市場
15品目
コンテンツサービス本個票:4品目映像配信サービス、音楽配信サービス、オンラインゲーム、電子書籍サービス
簡易個票:1品目ニュースキュレーションサービス
EC本個票:2品目ショッピング、オークション
簡易個票:4品目フリーマーケットサービス、旅行予約サービス、飲食予約サービス、チケット予約サービス
ソーシャル本個票:4品目ブログ、SNS、動画共有サービス、コミュニケーションアプリ
金融サービス本個票:3品目ネットバンキング、ネット証券/FX、ネット生命保険/損害保険
簡易個票:3品目家計簿/個人資産管理、クラウドファンディング、ロボアドバイザー
生活・行動支援サービス本個票:2品目地図/ナビゲーションサービス、ヘルスケアサービス
簡易個票:6品目シェアリングサービス、タクシー配車サービス、スケジュール管理サービス、レシピサービス、災害避難アプリ、観光アプリ
関連
プラットフォーム市場
9品目
サービスプラットフォーム本個票:2品目アプリケーションストア、ショッピングモール
集客・販促関連本個票:3品目インターネット広告、O2Oプラットフォーム、電子チラシサービス
決済関連本個票:2品目決済代行サービス、電子マネー
簡易個票:2品目モバイル決済サービス、仮想通貨
サービスインフラ本個票:2品目コンテンツ配信プラットフォーム、パブリッククラウドサービス
簡易個票:2品目セキュリティプラットフォーム、アカウントアグリゲーションサービス
−調査項目−
本個票
1. 市場定義
2. 市場概況
3. 市場規模推移・予測(2015年度〜2020年度)
4. 参入企業動向
5. ビジネス構造分析
6. 主要サービス一覧
簡易個票
1. 市場定義
2. 市場規模推移・予測(2015年度〜2020年度)
3. 主要サービス一覧
−目次−
I. 総括編(1)
1. ブロードバンド・モバイルサービス市場総括(3)
2. 分野別市場動向(8)
1) コンテンツサービス(8)
2) EC(9)
3) ソーシャル(10)
4) 金融サービス(11)
5) 生活・行動支援サービス(13)
6) サービスプラットフォーム(14)
7) 集客・販促関連(15)
8) 決済関連(16)
9) サービスインフラ(17)
3. コンシューマー向け通信市場動向(18)
4. FinTech市場の動向(19)
5. 2020年に向けたサービスの多言語対応動向(29)
6. O2O/モバイル端末/近距離無線を用いた集客ビジネスの動向(31)
7. サービス事業者の投資動向分析(32)
8. 利用デバイスの市場動向(34)
9. 利用端末別動向(35)
10. 海外サービスの動向(36)
11. 品目別市場規模推移/予測(40)
12. 品目別マーケットシェア(2015年度)(46)
II. 市場編(49)
A. コンシューマー向けサービス市場(51)
1. コンテンツサービス
1) 映像配信サービス(53)
2) 音楽配信サービス(60)
3) オンラインゲーム(67)
4) 電子書籍サービス(73)
5) ニュースキュレーションサービス(79)
2. EC
1) ショッピング(81)
2) オークション(87)
3) フリーマーケットサービス(92)
4) 旅行予約サービス(94)
5) 飲食予約サービス(96)
6) チケット予約サービス(97)
3. ソーシャル
1) ブログ(98)
2) SNS(102)
3) 動画共有サービス(107)
4) コミュニケーションアプリ(111)
4. 金融サービス
1) ネットバンキング(116)
2) ネット証券/FX(123)
3) ネット生命保険/損害保険(131)
4) 家計簿/個人資産管理(136)
5) クラウドファンディング(139)
6) ロボアドバイザー(142)
5. 生活・行動支援サービス
1) 地図/ナビゲーションサービス(144)
2) ヘルスケアサービス(147)
3) シェアリングサービス(151)
4) タクシー配車サービス(153)
5) スケジュール管理サービス(155)
6) レシピサービス(157)
7) 災害避難アプリ(159)
8) 観光アプリ(160)
B. 関連プラットフォーム市場(163)
6. サービスプラットフォーム
1) アプリケーションストア(165)
2) ショッピングモール(170)
7. 集客・販促関連
1) インターネット広告(174)
2) O2Oプラットフォーム(182)
3) 電子チラシサービス(189)
8. 決済関連
1) 決済代行サービス(195)
2) 電子マネー(200)
3) モバイル決済サービス(207)
4) 仮想通貨(210)
9. サービスインフラ
1) コンテンツ配信プラットフォーム(211)
2) パブリッククラウドサービス(216)
3) セキュリティプラットフォーム(218)
4) アカウントアグリゲーションサービス(219)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2016 ブロードバンド・モバイルサービス総調査

頒価
150,000円+税

発刊日
2016年07月11日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
221ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-782-1

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 160,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ