◆市場調査レポート:2012年01月17日発刊

2012 SaaS・ICT基盤市場総調査(下巻)

節電、省エネルギー、BCP対策で新たな局面を迎える仮想化・クラウド市場を徹底分析
下巻:ICT基盤市場編
−調査の背景−
  • 産業の空洞化に加え、国内市場も頭打ちの中、日本のICT産業の今後はクラウドコンピューティングによる新規需要の創出と、グローバルビジネス展開の実現がポイントとなる。クラウドコンピューティングは経営/資本体力の面で、大規模ユーザーと比較して遅れていた中小規模ユーザーのIT化を促すものであり、企業が対等な立場で競争するチャンスとなる。
  • 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、企業及びキャリア/サービスプロバイダ、データセンタ事業者のITインフラ構築構想に大きな変化をもたらした。物理的な距離による遅延や外部へのデータ配置によるセキュリティ問題などからITインフラの外部委託を敬遠していたユーザーにおいても、東日本大震災以降、データの損失リスクやシステムダウンリスクに対するBCP対策として、仮想化やクラウドの活用による分散化ニーズが拡大している。
  • 当然、エンドユーザーにインフラを提供するキャリア、サービスプロバイダ、データセンタ事業者も、エンドユーザーのニーズや節電などの社会的要求に対応する必要性に迫られており、今後ITインフラは大きなパラダイムシフトが起きるであろう。
  • 本調査レポートは、上巻「SaaS市場編」、下巻「ICT基盤市場編」の2部構成となっており、アプリケーションレイヤからプラットフォームレイヤ、サービスレイヤと仮想化・クラウド環境における各レイヤ全体を俯瞰する総合マーケティングレポートである。下巻となる本書では、主にアプリケーションレイヤの提供基盤となるプラットフォームレイヤとサービスレイヤについて詳細調査した。
    上巻においては汎用系SaaS市場(「業務系」「情報活用系」「Web系」「音声/映像系」合わせて28品目)、特定コミュニティ向けの特定系SaaS市場(17品目)を詳細調査した。
  • 調査ポイントとして特に以下の点を重視して調査を実施した。
    • 仮想化環境から統合環境、クラウド環境へとシフトするICT基盤の動向
    • 仮想化・クラウド環境拡大による関連プロダクト(クライアント端末、サーバ、ストレージ、ネットワーク機器など)市場への影響・今後の方向性
  • 当レポートがSaaS市場における競争優位を確保するための戦略立案/サービス展開に資するマーケティング基礎データとして、大いに活用されることを切に望むものである。
  • 末筆ではありますが、同レポートの調査に当り、快く取材に応じてくださいました各企業の担当者の方々に対し、この場を借り厚く御礼申し上げます。
−調査目的−
  • 本調査レポートは新たな情報システムの提供形態として注目される仮想化・クラウドコンピューティングのなかで、プラットフォームレイヤ、サービスレイヤに該当するICT基盤市場について、競争優位を確保するための戦略立案に資するマーケティングデータの提供を目的とした。
  • 具体的には主要な基盤ソリューション、基盤サービス、関連プロダクト、ネットワークサービスについて、国内市場規模推移や市場占有率などの定量調査、市場概況、取り巻く環境などの定性調査を実施することで市場動向・トレンドを把握し、今後の市場予測・展望を行った。
−調査対象−
分類調査対象サービス/プロダクト
ICT基盤市場クラウド基盤ソリューション(2品目)仮想化・クラウド環境構築ソリューション
シンクライアント環境構築ソリューション
クラウド基盤サービス(2品目)データセンタ・PaaS/IaaS
DaaS
基盤SaaS(8品目)販売管理・課金プラットフォーム
GIS
CTI
コンテンツ配信プラットフォーム
セキュリティ管理
ログ収集・管理
IT資産管理
タイムスタンプ
関連プロダクトハードウェア
(10品目)
クライアント端末
サーバ
クラウド統合パッケージ
ストレージ
SANスイッチ/ダイレクタ
ストレージ仮想化アプライアンス
ルータ/スイッチ
L4-7スイッチ
WAN高速化装置
UTMアプライアンス
ソフトウェア
(5品目)
サーバ仮想化ソフト
ストレージ仮想化ソフト
シンクライアントソフト
仮想化・クラウド運用管理ソフト
バーチャルアプライアンス
ネットワークサービス(4品目)専用線サービス
VPNサービス
携帯電話サービス
リモートアクセスサービス
−定義−
1) 市場分類
(1) 基盤SaaS市場における“フロー”と“ストック”の定義
分類定義
フロー
  • サービス提供事業者及びパートナーがエンドユーザーに請求する初期費用、及びサービス導入に当たってユーザー個別ニーズに対応するためのカスタマイズ費用や導入支援・コンサルティング費用、サポート費用、データ移行費用など。≒スポットビジネス
    サービス提供に当たって必要なハードウェア(ログイン認証のための認証装置、モバイル利用のためのモバイル端末など)は除いた。
ストック
  • サービス提供事業者がエンドユーザーに対して請求する月額(年額)利用料。≒ストックビジネス。オプションでも月額(年額)で利用料を請求する場合にはストック売上に含めた。
    データセンタやネットワークなどのICT全般の共通基盤となるインフラ・サービス売上は含んでいない。
(2) 関連プロダクト市場における仮想化・クラウド環境向け市場の定義
  • 仮想化・クラウド環境の実現を目的に出荷(リプレースや増設、追加投資を含む)されたハードウェア、ソフトウェア。詳細定義は各品目の「1. 市場定義/調査対象範囲」を参照。
  • 仮想化・クラウド環境向け市場は全体市場の内数として把握。※全量が仮想化・クラウド環境向け市場のケースもある。
2) 業種分類
分類定義
エンタープライズ(EP)
  • 製造業、銀行、生保、損保、証券、消費者金融、リース会社、卸売業、運送業、倉庫業、小売業、飲食店、宿泊業、人材派遣、建設、不動産、電気・ガス・熱供給・水道業、農林漁業、鉱業
キャリア/サービスプロバイダ(SP)
  • 通信・放送、情報サービス、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作・配信業
公共
  • 官公庁、地方自治体、医療・福祉、文教
基盤SaaSに関しては、キャリア/SPを“情報通信”と表記し、エンタープライズ(民間企業)の1業種として捉えた。また基盤SaaSはエンタープライズを「製造」「金融」「流通」「情報・通信」「サービス・他」の5つに分類して市場を把握。
3) 従業員規模分類
分類定義
大規模
  • 従業員1,000名以上の企業
中規模
  • 従業員100名以上1,000名未満の企業
小規模
  • 従業員5名以上100名未満の企業
従業員規模別はエンタープライズを「大規模」「中規模」「小規模」に分類して市場を把握。
基盤SaaSに関しては、小規模を更に「個人・SOHO」(従業員5名未満)に分類して市場を把握。
−目次−
I. 総括編
エグゼクティブサマリ(3)
1. SaaS・ICT基盤市場俯瞰(4)
2. 仮想化・クラウド環境向けICT基盤市場の将来展望(6)
1) 仮想化・クラウド環境向けICT基盤市場規模推移/予測(6)
2) 詳細市場展望(7)
3. カテゴリ別市場動向(8)
1) クラウド基盤ソリューション(8)
2) クラウド基盤サービス(9)
3) 基盤SaaS(10)
4) ハードウェア(11)
5) ソフトウェア(12)
6) ネットワークサービス(13)
4. ユーザー層別市場動向(14)
1) 業種別(14)
2) 従業員規模別(18)
5. ICT基盤ビジネス業界構造(22)
6. 基盤SaaS市場分析(23)
1) SaaS市場拡大のシナリオ(23)
2) リテンション率/解約率(27)
3) インフラ動向(28)
7. クラウドコンピューティング市場動向(30)
1) クラウドコンピューティング市場分類及び市場規模(金額ベース;2010年度実績)(30)
2) 仮想化・クラウド環境における運用管理(31)
3) キャリア/サービスプロバイダのICT基盤向け投資動向(33)
4) 仮想化・クラウド環境におけるネットワークの動向(34)
8. 仮想化・クラウドコンピューティング拡大によるサーバ市場への影響・今後の方向性(36)
1) 国内サーバ稼働台数推移(36)
2) 世界エリア別サーバ稼働台数(2010年度)(37)
9. 仮想化・クラウド環境下におけるクライアント端末の方向性(38)
10. プライベートクラウド構築事例(39)
11. ICT基盤の今後の方向性(40)
II. 集計編
1. 品目別市場規模推移/予測(2010年〜2015年)(43)
2. 業種別市場規模推移/予測(2010年〜2015年)(53)
3. 規模別市場規模推移/予測(2010年〜2015年)(59)
4. サービス別市場規模ランキング(64)
5. マーケットシェア(66)
III. 個別市場編
A. クラウド基盤ソリューション
(1) 仮想化・クラウド環境ソリューション(76)
(2) シンクライアント環境ソリューション(85)
B. クラウド基盤サービス
(1) データセンタ・PaaS/IaaS(92)
(2) DaaS(102)
C. 基盤SaaS
(1) 販売管理・課金プラットフォーム(108)
(2) GIS(112)
(3) CTI(117)
(4) コンテンツ配信プラットフォーム(122)
(5) セキュリティ管理(126)
(6) ログ収集・管理(131)
(7) IT資産管理(138)
(8) タイムスタンプ(143)
D. 関連プロダクト
(1) クライアント端末(148)
(2) サーバ(162)
(3) クラウド統合パッケージ(168)
(4) ストレージ(172)
(5) SANスイッチ/ダイレクタ(177)
(6) ストレージ仮想化アプライアンス(182)
(7) ルータ/スイッチ(187)
(8) L4-7スイッチ(197)
(9) WAN高速化装置(202)
(10) UTMアプライアンス(207)
(11) サーバ仮想化ソフト(212)
(12) ストレージ仮想化ソフト(216)
(13) シンクライアントソフト(220)
(14) 仮想化・クラウド運用管理ソフト(227)
(15) バーチャルアプライアンス(231)
E. ネットワークサービス
(1) 専用線サービス(240)
(2) VPNサービス(248)
(3) 携帯電話サービス(262)
(4) リモートアクセスサービス(270)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2012 SaaS・ICT基盤市場総調査(下巻)

頒価
97,000円+税

発刊日
2012年01月17日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
274ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

CD-ROMセットは、本資料全編のPDFファイルを収録
集計ファイルセットは、本資料全編のPDFファイル、集計データ(エクセル形式)を収録
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 107,000円+税

集計ファイルセットがあります(PDFと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税
      合計金額 127,000円+税

上下巻セットでご購入いただくと、セット価格が適用されます
    上下巻セットでの購入を希望する 184,000円+税

上下巻セット・PDFセットでもご購入いただけます(PDF単品でのご購入はできません)
    上下巻セット・PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 204,000円+税

上下巻セット・集計ファイルセットでもご購入いただけます(集計ファイル単品でのご購入はできません)
    上下巻セット・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 60,000円+税
      合計金額 244,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版(2012 SaaS・ICT基盤市場総調査(下巻))の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版(上下巻)の購入を希望する
      頒価 368,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ