◆マルチクライアント調査レポート:2010年10月22日発刊

2011 仮想化市場の現状と新展開

プライベートクラウドの原動力となる仮想化市場の展望と仮想/物理/クラウド混在環境での運用管理の方向性を探索
−調査の背景−
  • 不況のような外部要因やビジネス環境/ビジネスモデル、法規制の変化に対応し、いかに迅速にサービスを立ち上げることができるかが企業にとって命題となっており、不況下であるからこそ情報システムにおける柔軟性やITに対する効果的な資本投下が求められるようになっている。
  • システム強化とIT投資コスト削減の相反する課題を解決する手段/テクノロジーとして注目されているのが「仮想化」であり、既にシステム構築案件の際には何らかの形で仮想化技術が検討されている。特に昨今注目を集めるプライベートクラウド構築において仮想化は欠くことのできないコアテクノロジーとなっており、ICTの変革を促す重要なキーファクターになるであろう。
  • また、温室効果ガス削減目標や法改正、条例改正等グリーンITを取り巻く外部環境が劇的に変貌を遂げているなか、企業に課せられる環境問題に対する責任はさらに大きくなっており、仮想化によるシステム統合は、結果としてグリーンITに貢献することとなろう。
  • 一方、仮想化環境やクラウド利用が進行することで、ユーザーシステムは物理環境と仮想環境、オンプレミスとオンデマンド(クラウド)などの異種混在環境へと移行しつつある。物理/仮想環境を問わず、統一したオペレーションで管理することがユーザーやデータセンタ事業者にとって課題となっており、こうしたヘテロジニアス環境の全体最適化を進めるために運用プロセスを標準化し、更に運用管理自体を自動・自律化することが今後強く求められていくであろう。
  • 当社では2009年11月に「2010 仮想化環境へと変貌する次世代インフラの将来展望」を刊行し、仮想化環境におけるITインフラの方向性を明確化した。2回目となる2011年版では、ユーザーシステムへの実装段階に突入したサーバ/ストレージ/デスクトップにおける仮想化市場をより詳細かつ多角的に分析するとともに、当該市場に参入するソリューションプロバイダの事業実態、運用管理に対する考え方、今後の戦略・方向性を明確化することで、仮想化・クラウド関連事業者に対し事業戦略立案の基礎データを提供することを目的とした。
  • 末筆ではございますが、当レポート作成にあたり、ご多忙中にも関わらず、快く取材に応じて頂きました各社ご担当者の方に対して深く御礼申し上げます。
−調査目的−
  • 景気の先行き不透明感が広がるなか、ユーザーのIT投資抑制も依然として続いており、不況下であるからこそ情報システムにおける柔軟性やITに対する効果的な資本投下が求められるようになっている。
  • システム強化とIT投資コスト削減という相反する課題を解決する手段/テクノロジーとして注目されているのが「仮想化」であり、既にシステム構築案件の際には何らかの形で仮想化技術が検討されている。特に昨今注目を集めるプライベートクラウド構築において仮想化は欠くことのできないコアテクノロジーとなっており、ICTの変革を促す重要なキーファクターになるであろう。
  • 当企画では、サーバ/ストレージ/デスクトップにおける仮想化市場をより詳細かつ多角的に分析するとともに、当該市場に参入するソリューションプロバイダの事業実態、運用管理に対する考え方、今後の戦略・方向性を明確化することで、仮想化・クラウド関連事業者に対し事業戦略立案の基礎データを提供することを目的とした。
    調査のポイント
    • 実装段階に突入した仮想化ビジネスの詳細市場動向と今後の方向性
    • ヘテロジニアス環境(仮想/物理/クラウド混在環境)における運用管理手法
    • 仮想化に参入するソリューションプロバイダのビジネス実態を詳細把握
−調査対象−
1. サーバ仮想化市場(オンプレミス/オンデマンド)
2. ストレージ仮想化市場(オンプレミス/オンデマンド)
3. デスクトップ仮想化市場(オンプレミス/オンデマンド)
4. 企業事例(30社)
−目次−
I. 調査総括編
1. 市場総括(2)
2. 仮想化関連市場動向(3)
3. 市場構造(6)
4. 市場規模推移(13)
5. 業種別動向(19)
6. 規模別(民間企業)動向(22)
7. 関連プロダクトの動向(24)
8. ネットワークの仮想化(31)
9. 仮想化環境における運用管理(33)
10. 仮想化関連サービス一覧(39)
II. 市場編
A. サーバ仮想化
1. サーバ仮想化(オンプレミス)(48)
2. サーバ仮想化(オンデマンド)(60)
B. ストレージ仮想化
1. ストレージ仮想化(オンプレミス)(72)
2. ストレージ仮想化(オンデマンド)(84)
C. デスクトップ仮想化
1. デスクトップ仮想化(オンプレミス)(91)
2. デスクトップ仮想化(オンデマンド)(103)
−共通調査項目−
1. 市場定義
2. 主要参入企業の動向
3. 市場規模推移(2009年度〜2014年度)
全体/業種別/規模別
各市場で実現方式、稼働アプリケーション、構築/利用目的などを詳細分析
4. 関連プロダクトの動向
5. 今後の方向性
III. 企業事例編(30社)
−共通調査項目−
1. 企業概要
2. 仮想化関連売上(2009年度〜2011年度)
3. 仮想化関連事業の位置づけ/ソリューションビジネスへの貢献度
4. 事業体制(組織体制、グループ企業全体のでの事業体制/役割、アライアンス)
5. 主要ソリューション概要
6. 主要取扱いプロダクト概要
7. 詳細分析
サーバ仮想化/ストレージ仮想化/デスクトップ仮想化
コンサル/設計・構築/仮想ホスティング(IaaS)/PaaS/仮想ストレージ/ファイル共有・管理/DaaS
8. 業種別/規模別分析(2010年度見込み)
9. 運用管理の課題・今後の在り方
10. 仮想化システム/サービスが他事業に与える影響
11. 今後の事業戦略
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2011 仮想化市場の現状と新展開

頒価
180,000円+税

発刊日
2010年10月22日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
236ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ