◆市場調査レポート:2008年10月07日発刊

2008 イメージデバイス関連市場総調査

2008-09 光産業予測便覧シリーズ Vol. 2:情報記録・撮像・映像・OA用部品編
光ピックアップ・デジタルカメラ・OA機器・プロジェクタ用光学デバイス及び光学材料市場を徹底調査
−調査の背景−
  • フィルムカメラとデジタルスチルカメラの市場は、この10年でまったく様相が変わってしまった。携帯電話にカメラ機能が搭載されて約8年になるが、いまやデジタルスチルカメラ並みの画素数や機能が求められており、携帯電話における通信機能との融合もあいまって、新しいイメージングの価値を生み出している。オプティカルストレージの分野では、Blu-ray Disc市場の本格的な立ち上がりを迎えている。半導体レーザや対物レンズを始めとした各種デバイスにおける開発課題も徐々にクリアされており、消費者が高精細・大容量のコンテンツを手軽に楽しめる時代が到来しつつある。
  • こうした、カメラやストレージ等の入力・記録関連のオプティカルテクノロジーの進歩が目覚しいが、出力系のオプティカルテクノロジーにも新しい価値が生まれている。プロジェクタ機器はオフィスに欠かせない製品になりつつあるが、さらに使いやすく小型化・高精細化が進んでいる。新光源・新方式の採用などにより、新しい製品が提案されている。また、プリンタや複合機についても、モノクロからカラー、単機能から複合機、高速化対応といったトレンドが起こっている。
  • デバイス面では、機器の小型・軽量化、高画質化、大容量化などに伴い大きな変化が起きている。半導体レーザでは、高出力化や緑色レーザ対応等が進んでいる。レンズについていえば、球面レンズから非球面レンズへ、ガラスレンズからプラスチックレンズへと緩やかに様相が変化している。イメージセンサについては、CCDからCMOSへ大きなシフトの兆しが見える。これらデバイスの変化の背景には、精密成形技術の進歩、新規材料の開発、半導体プロセスの進化などがある。
    部品メーカー各社は、こうした新しい生産技術の開発により革新的なデバイスを生み出そうとしている。光学技術に関しては、日系メーカーが先行している傾向にあるが、台湾・韓国などの海外メーカーも技術力を高めており、今後は更なる競争激化が予想される。
  • 「2008 イメージデバイス関連市場総調査」では、AV・OA・セキュリティ・自動車などに搭載される各半導体、レンズ、フィルタ、材料などの光デバイス関連市場の現状を分析することにより、将来の光産業について展望するものである。関係各位が今後の事業戦略を立案展開されるにあたり、この資料を役立てていただくことを切に望むものである。
  • 「光産業予測便覧 2008-09シリーズ」は、
    2008年8月25日発刊「2008 光通信関連市場総調査(Vol. 1に相当)
    2008年10月7日発刊「2008 イメージデバイス関連市場総調査(本書、Vol. 2に相当)」
    2009年3月12日発刊「2009 LED関連市場総調査(Vol. 3に相当)
    の三冊構成となっています。
−調査目的−
  • 現在、様々なエレクトロニクス製品に光学技術の応用が進んでいる。小型カメラモジュールは携帯電話への搭載により市場が立ち上がったが、その後多くのデジタル機器に搭載が進みつつある。また、微細加工技術、成形技術の進展は機器の小型化・高精度化・低コスト化に貢献しておりデジタルカメラやプロジェクタ等の普及に貢献している。
  • 本調査資料は、撮像系光学デバイスを中心に、情報記録、映像機器用光学デバイス、関連マテリアルといった「イメージデバイス」関連の市場動向について調査し、当該事業展開のための有望な情報を提供することを目的とした。
−調査対象品目−
1. 光ディスクドライブ関連機器及び光学デバイス11品目
2. 携帯電話及び携帯電話用カメラ光学デバイス5品目
3. デジタルカメラ関連機器及び光学デバイス8品目
4. 自動車及び車載カメラ関連光学デバイス4品目
5. 監視カメラ及び関連光学デバイス3品目
6. OA機器及び関連光学デバイス11品目
7. プロジェクタ関連機器及び光学デバイス12品目
8. マテリアル・装置8品目
−目次−
I. 光産業の将来展望(1)
1. 総括(3)
2. 光学デバイスの構成図(5)
3. 製品分野別ワールドワイド市場規模推移/予測(7)
II. 光学部品の全体市場と分析(9)
1. 半導体レーザ(11)
2. イメージセンサ(15)
3. レンズ(18)
4. 光学薄膜部品(21)
III. 新技術/新市場の動向(25)
1. ガラスレンズとプラスチックレンズの動向(27)
2. Blu-ray Disc関連市場の動向(32)
3. レーザTVの動向(36)
4. 小型カメラモジュールの新市場と新技術動向(40)
5. 超小型プロジェクタの動向(43)
IV. デバイス・マテリアルの集計と分析(45)
1. 光ディスクドライブ用光学デバイス(47)
2. 携帯電話向けカメラ用光学デバイス(53)
3. デジタルカメラ用光学デバイス(58)
4. 車載カメラ用光学デバイス(62)
5. 監視カメラ用光学デバイス(64)
6. OA機器用光学デバイス(66)
7. プロジェクタ・リアプロTV用光学デバイス(70)
8. マテリアル・装置製品(74)
V. 品目別市場動向(79)
1. 光ディスクドライブ編(81)
1.1 アプリケーション(81)
1.1.1 ノートPC(81)
1.1.2 デスクトップPC(85)
1.1.3 DVDプレーヤ/レコーダ(89)
1.1.4 ゲーム機(95)
1.2 光学デバイス(101)
1.2.1 光ピックアップ(101)
1.2.2 半導体レーザ(113)
1.2.3 受光素子(121)
1.2.4 光学レンズ(125)
1.2.5 光学用薄膜部品(132)
1.2.6 回折格子(138)
1.2.7 波長板(142)
2. 携帯電話編(146)
2.1 携帯電話(146)
2.2 光学デバイス(151)
2.2.1 カメラモジュール(151)
2.2.2 イメージセンサ(157)
2.2.3 光学レンズ(161)
2.2.4 IRカットフィルタ(166)
3. デジタルカメラ編(171)
3.1 アプリケーション(171)
3.1.1 コンパクトDSC(171)
3.1.2 デジタル一眼レフカメラ(176)
3.1.3 ビデオカメラ(180)
3.2 光学デバイス(184)
3.2.1 イメージセンサ(184)
3.2.2 光学レンズ(189)
3.2.3 交換レンズ(194)
3.2.4 ローパスフィルタ(198)
3.2.5 IRカットフィルタ(203)
4. 車載カメラ編(208)
4.1 自動車(208)
4.2 光学デバイス(212)
4.2.1 車載カメラモジュール(212)
4.2.2 イメージセンサ(217)
4.2.3 光学レンズ(221)
5. 監視カメラ編(226)
5.1 監視カメラ(226)
5.2 光学デバイス(230)
5.2.1 イメージセンサ(230)
5.2.2 光学レンズ(234)
6. OA機器編(238)
6.1 アプリケーション(238)
6.1.1 ページプリンタ(238)
6.1.2 ファクシミリ(242)
6.1.3 インクジェットMFP、複写機/複合機(246)
6.2 光学デバイス(252)
6.2.1 LDプリントヘッド(252)
6.2.2 LEDプリントヘッド(256)
6.2.3 半導体レーザ(260)
6.2.4 CCDリニアイメージセンサ(264)
6.2.5 密着イメージセンサ(268)
6.2.6 fθレンズ(272)
6.2.7 コリメータレンズ(276)
6.2.8 スキャナレンズ(280)
7. プロジェクタ・リアプロTV編(284)
7.1 アプリケーション(284)
7.1.1 プロジェクタ(284)
7.1.2 リアプロTV(288)
7.1.3 超小型プロジェクタ(292)
7.2 光学デバイス(295)
7.2.1 投射レンズ(295)
7.2.2 インテグレータレンズ(299)
7.2.3 リフレクタ(303)
7.2.4 非球面ミラー(307)
7.2.5 UV/IRカットフィルタ(310)
7.2.6 偏光素子(314)
7.2.7 プロジェクタ用光源(318)
7.2.8 超小型プロジェクタ用光源(322)
7.2.9 波長変換デバイス(325)
8. マテリアル・装置編(328)
8.1 レンズ用樹脂材料(328)
8.2 レンズ用耐熱樹脂材料(332)
8.3 ガラスレンズ用プリフォーム(334)
8.4 レンズ用コーティング材料(338)
8.5 レンズ用研磨剤(342)
8.6 レンズ用接着剤(346)
8.7 紫外線スポット硬化装置(350)
8.8 プリント配線板用露光装置(354)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2008 イメージデバイス関連市場総調査

頒価
95,000円+税

発刊日
2008年10月07日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
358ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

  • 「2009 イメージデバイス関連市場総調査」は「光産業予測便覧2008-09シリーズ」の「Vol. 2」に相当します。
  • 「光産業予測便覧2008-09シリーズ」はセット購入(2冊以上)の場合セット価格による割引がございます。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 190,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

複数巻セットでご購入いただくと、セット価格が適用されます
    2008 光通信&2008 イメージデバイス 二冊セットでの購入を希望する 180,000円+税
    2008 光通信&2009 LED 二冊セットでの購入を希望する 180,000円+税
    2008 イメージデバイス&2009 LED 二冊セットでの購入を希望する 180,000円+税
    三冊セットでの購入を希望する 270,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ