◆市場調査レポート:2005年09月05日発刊

2005 コミュニケーション機器マーケティング調査総覧

交換機・電話機・電話応用装置・画像伝送装置・携帯電話・無線通信装置等の
市場及び業界・企業の動向をタイムリーにレポート
−調査の背景−
  • 2005年3月30日に総務省が発表した「通信産業実態調査 設備投資調査」(2004年3月実施)によると、電気通信事業における平成15年度の設備投資額は、2兆3,675億円と前年度比2.0%減となっている。平成16年度も減少傾向となる見込みで、前年度比2.1%の2兆3,179億円の計画額となっている。

  • ADSLサービス、CATVインターネット、FTTHサービスといったブロードバンドアクセスサービスの加入者は、2005年3月末時点で1,900万加入を超える状況となっており、ブロードバンド環境は着実な広がりを見せている。これまではADSLサービスを中心として加入者が拡大してきたが、今後はより高速なインターネット環境を実現するFTTHサービスの加入者拡大が期待される。サービス事業者もFTTHサービスをブロードバンドアクセスサービスの主力と位置付け、「光IP電話サービス」「トリプルプレイ」など新しいサービスの提供やキャンペーンの展開により加入者獲得に向けて積極的な動きを見せている。

  • IP-VPNサービスや広域イーサネットサービスも継続して拡大傾向を見せており、企業ネットワークにおけるブロードバンド環境の整備も進んでいる。ネットワークインフラのブロードバンド化とともにIP電話も普及の動きを見せており、内線電話のワイヤレス化を実現するモバイルセントレックスなどの新しいソリューションへの注目が高まっている。

  • 2004年に英BTが固定電話網のオールIP化を宣言して以降、KDDIさらにはNTTも電話網のIP化を発表している。また、携帯電話市場ではナンバーポータビリティ制度の導入や携帯電話事業への新規参入といった動きが控えており、インフラ面、サービス面ともに今後の通信業界は大きく変動していくことが予想される。

  • 当調査レポートは、通信機器市場を中心としてネットワークサービス市場、アプリケーションサービス市場の動向を調査分析し、関連事業戦略のためのマーケティングデータを提供することを目的としたレポートである。


−調査目的−
  • 本調査レポートは、通信機器市場を中心としてネットワークサービス市場、アプリケーションサービス市場の動向を調査分析し、関連事業戦略のためのマーケティングデータを提供することを目的とした。


−調査対象−
ネットワークサービス
1. ブロードバンドアクセス
1) FTTHサービス
2) ADSLサービス
3) CATVインターネット
4) FWAサービス
5) 公衆無線LANアクセスサービス
2. WANサービス
1) IP-VPNサービス
2) 広域イーサネットサービス
3) インターネットVPNサービス
3. 移動体通信サービス
1) 携帯電話サービス
2) PHSサービス
3) MVNOサービス
アプリケーションサービス
1. IP電話サービス
2. IPテレビ電話サービス
3. 直収電話サービス
4. IPセントレックスサービス
5. テレビ会議サービス
6. ブロードバンド放送
通信機器/装置
1. 光伝送装置
1) WDM装置
2) SONET/SDH伝送装置
2. ネットワーク関連機器
1) ルータ
2) LANスイッチ
3) L4-7スイッチ
4) FTTH関連機器(PONシステム/メディアコンバータ)
5) VDSLシステム
6) ADSL関連機器
7) CATV関連機器
8) ギガメディアコンバータ
9) ギガビットイーサネット多重装置
10) 無線LAN機器
11) 無線LANスイッチ/コントローラ
12) ブロードバンドルータ
13) ファイアウォール/VPN関連機器
3. VoIP関連機器
1) IP-PBX
2) IP電話端末
3) VoIPゲートウェイ
4) ソフトスイッチ関連機器
4. 移動体関連機器
1) 携帯電話端末
2) PHS端末
3) 移動体基地局
5. 電話・電信・画像関連機器
1) ビジネスホン
2) 構内PHSシステム
3) テレビ会議システム/Webカンファレンス
4) IP-STB
5) パーソナルファクシミリ
6) ビジネスファクシミリ
7) Webカメラ/カメラサーバ

−調査内容−
ネットワークサービス/アプリケーションサービス
1. サービス概要/市場概況
2. 市場規模推移/予測
3. マーケットシェア(2004年実績/2005年見込み)
4. 主要参入企業の動向
5. サービスの方向性
6. 主要サービス一覧
通信機器/装置
1. 対象製品の定義/カテゴリー分類
2. 市場概況
3. 市場規模推移/予測
4. 価格動向
5. マーケットシェア(2004年実績/2005年見込み)
6. 主要参入企業の動向
7. 商品企画/技術開発の方向性
8. 主要製品一覧

−目次−
I. 通信市場の現状と将来展望
1. 日本の通信機器産業10年トレンド(3)
2. 通信キャリア動向(7)
3. ネットワークサービス/アプリケーションサービス市場の動向(12)
1) ブロードバンドアクセスサービス(12)
(1) FTTHサービス(12)
(2) ADSLサービス(21)
(3) CATVインターネット(26)
(4) FWAサービス(29)
(5) 公衆無線LANアクセスサービス(31)
2) WANサービス(35)
(1) IP-VPNサービス(35)
(2) 広域イーサネットサービス(42)
(3) インターネットVPNサービス(48)
3) 移動体通信サービス(51)
(1) 携帯電話サービス(51)
(2) PHSサービス(56)
(3) MVNOサービス(61)
4) アプリケーションサービス(65)
(1) IP電話サービス(65)
(2) IPテレビ電話サービス(71)
(3) IPセントレックスサービス(74)
(4) 直収電話サービス(78)
(5) テレビ会議サービス(多地点接続サービス/WebカンファレンスASP)(82)
(6) ブロードバンド放送(86)
II. 注目通信機器・装置の市場規模推移/予測
1. 光伝送装置(93)
2. ネットワーク関連機器(94)
3. VoIP関連機器(99)
4. 移動体関連機器(101)
5. 電話・電信・画像関連機器(103)
III. 注目通信機器・装置の個別市場動向
1. 光伝送装置
1) WDM装置(110)
2) SONET/SDH伝送装置(116)
2. ネットワーク関連機器
1) ルータ(122)
2) LANスイッチ(128)
3) L4-7スイッチ(139)
4) FTTH関連機器(PONシステム/メディアコンバータ)(144)
5) VDSLシステム(センター装置/宅内装置)(162)
6) ADSL関連機器(DSLAM/ADSLモデム)(170)
7) CATV関連機器(CMTS/ケーブルモデム)(180)
8) ギガメディアコンバータ(187)
9) ギガビットイーサネット多重装置(191)
10) 無線LAN機器(194)
11) 無線LANスイッチ/コントローラ(199)
12) ブロードバンドルータ(203)
13) ファイアウォール/VPN関連機器(212)
(ファイアウォール/VPNアプライアンス、VPNルータ、SSL-VPN、イーサネットVPN装置)
3. VoIP関連機器
1) IP-PBX(230)
2) IP電話端末(固定型/無線IP電話端末/ソフトフォン)(238)
3) VoIPゲートウェイ(248)
4) ソフトスイッチ関連機器(254)
4. 移動体関連機器
1) 携帯電話端末(260)
2) PHS端末(267)
3) 移動体基地局(272)
5. 電話・電信・画像関連機器
1) ビジネスホン(276)
2) 構内PHSシステム(281)
3) テレビ会議システム/Webカンファレンス(285)
4) IP-STB(291)
5) パーソナルファクシミリ(295)
6) ビジネスファクシミリ(300)
7) Webカメラ/カメラサーバ(304)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2005 コミュニケーション機器マーケティング調査総覧

頒価
97,000円+税

発刊日
2005年09月05日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
309ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 107,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ