◆市場調査レポート:2005年08月04日発刊

2005 アドバンストマテリアルR&D REPORT

事業展開の方向性と用途、機能別将来性の解明
−調査の背景−
  • 21世紀に入り、今後の経済を牽引していくテクノロジーとしての、アドバンストマテリアル業界に熱い視線が向けられております。大学の研究室、あるいは企業の研究所でなかなか解決できない課題を抱えている技術テーマも新たな機能を有した材料の開発によって一気にブレイクスルーが起きます。

  • 有機/無機系問わず広い分野でアライアンスを含めて研究範囲が広がってきております。事業化面では産官学連携が一層、活発になってきており、大学発及び企業発ベンチャーがエレクトロニクス、ナノテクノロジー及びバイオ分野を中心に台頭してきております。

  • 弊社では、2001年から「アドバンスト有機マテリアルR&D REPORT」を発刊して参りましたが、2004年版では、有機/無機の枠を外し、「アドバンストマテリアルR&D REPORT」として、新たな展開を行いました。今回の2005年版では、調査項目は前回版を踏襲しつつ、品目数を前回の30品目から今回は40品目へと拡大し、より広範なお客様のニーズにお答えするように致しました。

  • 今回はアドバンストマテリアルの定義として、製品のライフサイクルにおいて黎明期から市場立ち上げ期にある品目、及び成長期の中でもさらに高成長の見込める品目を調査対象と致しました。

  • 本資料は、中長期的なアドバンストテクノロジー、アドバンストマテリアルの研究開発、事業開発テーマの探索/選定、及び販売戦略の立案をされる際の、マーケティング資料として御社の研究開発・技術企画・マーケティング担当者へご活用の提案を申し上げる次第です。


−調査目的−
  • 本調査資料は、アドバンストマテリアルを可能な限り各企業、研究機関、大学研究室から拾い集め、開発のロードマップを中心にアプリケーション探索をし、将来マーケットを予測することを目的とした。


−調査対象−
1)半導体技術分野12品目
2)光技術分野5品目
3)ナノテクノロジー分野9品目
4)バイオテクノロジー分野9品目
5)その他技術・材料分野5品目
合計40品目

−目次−
I. 総括(1)

1. アドバンストマテリアルの全体概要(3)

2. アドバンストマテリアルの有望度(5)

3. 技術及び材料の今後の展開予測(既存技術・材料のブレークスルー、新規材料の利用目的、用途等)(7)

4. 品目別有機/無機/ハイブリッドの開発・競合状況(23)

5. 品目別応用分野と事業レベル(2005年、2010年、2015年)(24)

6. 品目別課題問題項目と重要度(27)

7. 品目別地域動向(28)

8. 分野別産学官の鳥瞰図(30)

II. 集計(35)

A. 半導体技術分野(37)

B. 光技術分野(51)

C. ナノテクノロジー分野(59)

D. バイオテクノロジー分野(71)

E. その他技術、材料分野(85)

III. 品目(93)

A. 半導体技術分野(95)
A-1. 有機半導体レーザー(97)
A-2. 有機トランジスタ(103)
A-3. 有機ELフレキシブルディスプレイ(109)
A-4. ダイヤモンド半導体(115)
A-5. 電子ペーパー(121)
A-6. SiCパワー半導体(127)
A-7. 有機薄膜型太陽電池(133)
A-8. 色素増感型太陽電池(139)
A-9. MRAM(145)
A-10. シート型スキャナ(153)
A-11. 有機圧電材料(157)
A-12. ポーラス材料(164)

B. 光技術分野(171)
B-1. 光コンピュータ(173)
B-2. 白色LED(178)
B-3. ホログラフィック光メモリ(185)
B-4. フォトニック結晶(191)
B-5. 光導波路用ポリマー(198)

C. ナノテクノロジー分野(205)
C-1. 量子チップ(207)
C-2. DNAナノマシン(212)
C-3. ポリマーMEMS(217)
C-4. カーボンナノチューブ(222)
C-5. フラーレン(229)
C-6. 金属ナノ粒子(235)
C-7. 自己組織化材料(241)
C-8. ナノワイヤー(247)
C-9. 金属ガラス(253)

D. バイオテクノロジー分野(259)
D-1. バイオセンサ(261)
D-2. ラボオンチップ(268)
D-3. DNAチップ(275)
D-4. たんぱく質チップ(283)
D-5. 糖鎖チップ(290)
D-6. 細胞チップ(295)
D-7. ピンポイントDDS(300)
D-8. 生分解性プラスチック(307)
D-9. 分子コンピューティング(314)

E. その他技術、材料分野(321)
E-1. 小型燃料電池(323)
E-2. 自動車向けリチウムイオン電池(330)
E-3. 次世代二次電池(336)
E-4. 自動車向け燃料電池用セパレータ(342)
E-5. 人工筋肉(347)

IV. 添付資料(353)

関連団体/大学/企業一覧(355)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2005 アドバンストマテリアルR&D REPORT

頒価
97,000円+税

発刊日
2005年08月04日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
370ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ