◆市場調査レポート:2004年07月07日発刊

2004年 アドバンストマテリアルR&D REPORT

R&Dの動向と用途、機能別将来性の解明
−調査の背景−
  • アドバンストマテリアルは、ここ数年、国の21世紀の今後の戦略重点技術として次世代の技術/材料開発が進んでいます。

  • 弊社では、2003年まで、「アドバンスト有機マテリアルR&D REPORT」を発刊して参りましたが、今回の2004年版では、有機マテリアルから無機マテリアルまで調査対象を広げ有望分野の用途の予測と、ベンチャー企業の動向にもスポットを当てています。今後のアドバンストマテリアルの実用化、実現時期を含めて「事業化のポイント」、「ビジネスモデル」、「マーケット形成マテリアルの今後の展望」、「マーケット未形成マテリアルの利用目的・用途、機能の展開・方向性」を調査、分析しました。

  • アドバンストマテリアルR&D REPORTの調査ポイントは、先進的なマテリアル/デバイスに対する研究・開発の現状、研究課題、キーマン、関連特許、2015年までの市場規模予測、開発ロードマップ等を明らかにすることを目的としています。

  • 当該資料は既に実用化しているマテリアル/デバイス、研究開発段階のマテリアル/デバイス、実用化の目途が立っていないアイテムが混沌としている中、その後の追跡調査をはじめ事業化のポイントを明記しました。

  • 中長期的な研究・事業開発テーマの探索や検討をされる際の適切な事業計画、開発計画の為のガイダンスとしてご活用いただけるように配慮し、アドバンストマテリアル分野のデータベースとして当該資料を提供する次第であります。


−調査目的−
  • 本調査資料は、アドバンストマテリアルを可能な限り各企業、研究機関、大学研究室から拾い集め、開発のロードマップを中心にアプリケーション探索をし、将来マーケットを予測することを目的とした。


−調査対象−
1)半導体分野8品目
2)光技術分野8品目
3)ナノテクノロジー分野4品目
4)バイオテクノロジー分野4品目
5)その他6品目
合計30品目

−目次−
I. 総括(1)

1. アドバンストマテリアルの市場概要(3)

2. 技術及び材料の今後の展開予測(7)

3. 分野別品目別有機/無機/ハイブリッドの開発及び競合状況(17)

4. 応用業界と事業レベル(18)

5. 分野別品目別現状の事業ステージ(21)

6. 今後の開発ロードマップ(22)

7. 課題、問題点(26)

8. 海外動向(27)

9. 産学官の鳥瞰図(31)

II. 集計(33)

1. アドバンストマテリアル(デバイス、材料)の分野別市場予測(ワールドワイドベース)(35)

2. 分野別品目別市場規模予測及び価格動向(41)

III. 個票(49)

A. 半導体分野(51)
A-1. 有機半導体レーザー(53)
A-2. 有機EL(60)
A-3. OPC感光体(74)
A-4. 有機トランジスタ(82)
A-5. 有機FETセンサー(89)
A-6. 導電性高分子コンデンサ(92)
A-7. 有機圧電材料(101)
A-8. 有機太陽電池(111)

B. 光技術分野(125)
B-1. 非線形光学材料(127)
B-2. 光IC(136)
B-3. フォトニクス結晶(148)
B-4. 光ディスク材料(155)
B-5. ホログラム(164)
B-6. POF(175)
B-7. 白色LED(185)
B-8. 人工光合成(194)

C. ナノテクノロジー分野(201)
C-1. カーボンナノチューブ(203)
C-2. フラーレン(215)
C-3. ナノワイヤ(225)
C-4. ナノドット(232)

D. バイオテクノロジー分野(241)
D-1. バイオセンサー(243)
D-2. DNAチップ(255)
D-3. ケミカルチップ(270)
D-4. 分子メモリ(277)

E. その他分野(285)
E-1. ハードディスク用磁性体(287)
E-2. 電子ペーパー(296)
E-3. CTPプレート(306)
E-4. 人工筋肉(315)
E-5. 自己組織化材料(324)
E-6. 傾斜機能材料(331)

IV. 添付資料(341)

1. 先端技術ベンチャー企業一覧(343)

2. 産学共同センター、地域共同センター(346)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2004年 アドバンストマテリアルR&D REPORT

頒価
97,000円+税

発刊日
2004年07月07日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
346ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ