◆市場調査レポート:2000年06月14日発刊

2000 モバイルコンテンツサービス調査総覧

モバイルコンテンツビジネスの現状と将来展望
−調査の背景−
  • 携帯電話によるインターネット接続サービスは、'99年2月にNTTドコモが「iモード」サービスを開始以後、同年4月には日本移動通信(IDO)とDDI系セルラー8社は、「EZ/アクセス」「EZ/web」、その後、ツーカーセルラーグループ「EZ/web」、J-フォングループ「J-スカイウェブ」と、各キャリアがサービスを開始した。

  • 2000年5月末現在、この加入者は1000万人を越え、僅か1年で急増し、その勢いは衰えることなく、今後も大幅な加入者増が見込まれている。

  • この加入者の急増を支えているのが、各キャリアから提供されるコンテンツサービスである。提供されるコンテンツは、エンタテインメント(ゲーム、キャラクター配信等)、生活情報(ニュース、天気予報、グルメガイド、スポーツ情報等)、金融、コミュニケーション等、幅広い分野にわたっている。これらのコンテンツサービスがユーザーを獲得する為の大きなポイントとなっている。

  • 本調査レポートは、現在携帯電話向けに提供されているインターネット接続によるコンテンツサービスの内容、情報コンテンツ事業者の動向、今後伸びが期待されるコンテンツサービスの展望について明らかにし、参入企業各社へのマーケティング戦略立案の為のデータベースを提供するものである。

−調査目的−
  • 携帯電話によるインターネット接続にて提供されるコンテンツの動向、並びに今後の方向性について調査分析。

−調査対象−
  1. 通信事業者グループ各社(3グループ)

  2. コンテンツ事業者(IP)各社(事例調査30社)
    ※話題性の高いコンテンツ事業者(IP)を対象とした。

  3. 携帯電話ユーザー242名(内、ブラウザ対応機保有者98名)

−調査内容−
  1. モバイルコンテンツサービスの現状と将来動向
      1)モバイルコンテンツサービスの加入者推移・予測
      2)システムの概要と特徴(キャリア別)
      3)コンテンツサービスメニュー一覧
      4)人気コンテンツの動向(検索サイトのメニュー構成分類)
      5)コンテンツサービスの将来動向

  2. 通信事業者のインターネット接続サービスの動向

  3. コンテンツ事業者(IP)の事例研究

  4. ユーザーアンケートの実施

−目次−
()内は掲載ページ
■ モバイルコンテンツサービスの現状と将来動向
  1. モバイルコンテンツサービスの加入者推移・予測(3)
      1)通信事業者別モバイルコンテンツサービス加入台数推移・予測(3)
        (1)コンテンツサービス累計加入台数推移(3)
        (2)加入台数推移予測(2000年〜2002年)(4)
      2)インターネットサービス対応機種一覧(5)

  2. システムの概要と特徴(キャリア別)(6)

  3. iモードとWAPの動向(10)

  4. コンテンツサービスメニュー一覧(12)
      1)<NTTドコモ/iモード>コンテンツメニュー(12)
      2)<J-フォン/J-スカイウェブ>コンテンツメニュー(22)
      3)<IDO/EZアクセス>コンテンツメニュー(27)
      4)<ツーカー/EZweb>コンテンツメニュー(34)

  5. 人気コンテンツの動向(検索サイトのメニュー構成分類)(42)
      1)NTTドコモ/iモード検索エンジン(iサーチ)(42)
      2)J-フォン/J-スカイウェブ検索エンジン(i-conサーチ)(44)

  6. コンテンツサービスの事業性(47)

  7. 関連技術動向(47)

  8. 今後、成長が予測されるコンテンツサービス(47)
■ 通信事業者
  1. NTTドコモ(51)

  2. J-フォングループ(61)

  3. DDIセルラー/ツーカーセルラー/IDO(68)
■ コンテンツ事業者(IP)
  1. さくら銀行(82)
  2. 東京三菱銀行(84)
  3. 日興證券(86)
  4. ユーシーカード(87)
  5. 日本信販(89)
  6. ジェイシービー(91)
  7. 朝日生命保険(92)
  8. 第一生命保険(93)
  9. ローソンチケット(94)
  10. ブックサービス(96)
  11. 日本経済新聞社(98)
  12. 毎日新聞(100)
  13. ナムコ(103)
  14. コナミ(106)
  15. バンダイ(108)
  1. イマジニア(111)
  2. 第一興商(114)
  3. ツタヤオンライン(116)
  4. 三井物産(119)
  5. ケイブ(123)
  6. サイバード(125)
  7. インデックス(128)
  8. エディア(131)
  9. ぱど(133)
  10. タウン情報全国ネットワーク(135)
  11. JR東日本企画(139)
  12. 三省堂(141)
  13. 賃貸住宅ニュース社(143)
  14. 日本通運(145)
  15. ドットモビィ(148)
ユーザーアンケート調査編(151)
()内は掲載ページ
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2000 モバイルコンテンツサービス調査総覧

頒価
97,000円+税

発刊日
2000年06月14日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
163ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ