市場調査の富士キメラ総研トップページへ

市場動向、市場規模、市場分析、市場予測、市場成長率、市場シェア…
市場調査のご依頼・市場調査レポート・市場調査データは富士キメラ総研へ

『3Dディスプレイ/ビジネス市場の全貌 2011』まとまる(2011/6/24発表 第11057号)

3Dディスプレイ、3Dテレビや3D携帯電話など3D関連世界市場を調査

タイトル
裸眼3Dディスプレイ:2,456万台(11年見込) 「3DS」発売、スマートフォン搭載増
3Dテレビ:1億4,000万台(15年予測) 中大型は3D標準化、全テレビ出荷台数の半数に

 マーケティング&コンサルテーションの株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町2−5 TEL:03-3664-5839 社長:田中 一志)は、3D映画、3Dテレビに加えて「ニンテンドー3DS」や3Dスマートフォンなど対応機器が続々と登場し、コンテンツ・サービスの拡充に伴って本格的な市場拡大が期待される3D(3次元)関連の世界市場(一部は国内市場)を調査した。その結果を報告書「3Dディスプレイ/ビジネス市場の全貌 2011」にまとめた。

 この調査では、3Dディスプレイ(立体的映像を表現する表示デバイス)9方式、専用眼鏡など関連製品/グラフィックボード・チップなどデバイス7品目、3Dディスプレイを搭載した、または、3D表示に対応した機器18品目、映画やテレビ放送、パッケージソフトなどコンテンツ/サービス11品目の各市場について、現状を分析し今後を予測した。川上のデバイス、ディスプレイから、川下の最終製品、コンテンツ・サービスまで一貫して調査・分析し、3D関連市場の全体像を捉えた。

調査結果の概要
3Dディスプレイ市場
1. 眼鏡方式
 2010年2011年見込2015年予測15年/10年比
数量533万台3,493万台1億6,746万台31.4倍
金額2,062億円1兆2,185億円4兆1,024億円19.9倍
 眼鏡方式は、テレビ、PCモニター、ノートPC用途など中大型ディスプレイが大半となっている。これらの用途では「アクティブ眼鏡方式」が主流となっていたが、テレビやPCモニター用途を中心に「パッシブ眼鏡方式」の採用が増えている。
 パッシブ眼鏡方式は、アクティブ眼鏡方式に比べ解像度が落ちるものの、目の疲労を抑制できるほか専用眼鏡を含め低コストであるなどの優位性があり、今後採用が広がる見通しである。2010年は眼鏡方式の98.1%をアクティブ眼鏡方式が占め、パッシブ眼鏡方式は僅かに過ぎなかったが、2011年にはパッシブ眼鏡方式の構成比が33.2%に急伸すると見込まれる(数量ベース)。今後もアクティブ眼鏡方式が過半数を占めていくが、パッシブ眼鏡方式も30%前後の構成比を維持していくと予測される。
 また、2012年以降にRealD社とサムスン電子が共同開発しているアクティブリターダ方式を採用したテレビやPCモニターが上市され、方式間の競合が激化する見通しである。
2. 裸眼方式
 2010年2011年見込2015年予測15年/10年比
数量53万台2,456万台1億5,710万台296.4倍
金額38億円618億円3,499億円92.1倍
 裸眼方式は、デジタルサイネージ用途などの業務用大型モニターにおいて60インチクラスの大型ディスプレイが製品化されているが、大半はモバイル機器用途の20インチクラスまでの中小型ディスプレイとなっている。このうち、携帯電話や携帯型家庭用ゲーム機「ニンテンドー3DS」(任天堂)などに採用されている「パララックスバリア方式」が主流となっている。
 スマートフォンを中心に携帯電話への搭載が増加していることに加えて、3Dの有力アプリケーションと期待されていた「ニンテンドー3DS」が発売されたことで、2011年の市場は急激な拡大が見込まれる。これに伴い、パララックスバリア方式の構成比が高まり、裸眼方式の98.3%(数量ベース)を占めると見込まれる。
 パララックスバリア方式は2Dと3Dの切り替えが容易で、3Dでは解像度が半減するものの2Dでは維持されるため、2Dをメインとするモバイル機器を中心に採用が進む見通しである。2015年においてもパララックスバリア方式が裸眼方式の96.4%(数量ベース)を占めると予測される。将来的にはテレビやノートPC用途などの中大型ディスプレイでも採用が進み、2015年以降には3Dディスプレイ市場全体における眼鏡方式と裸眼方式の構成比(数量ベース)が逆転すると予測される。
3D対応機器 注目市場 注:3D率は当該機器市場全体における3D対応機器の構成比(数量ベース)
1. 3D対応テレビ
 2010年2011年見込2015年予測15年/10年比
数量430万台3,100万台1億4,000万台32.6倍
3D率2.1%13.9%50.0%
金額9,200億円4兆5,000億円8兆2,000億円8.9倍
 2010年にメーカー各社から3D対応テレビが相次いで投入され本格的に市場が立ち上がったものの、「アバター」以降3D映画のヒット作が続かなかったことや、パッケージソフトやテレビ放送などの3Dコンテンツ/サービスが不足していたこと、また、専用眼鏡の追加コストや煩わしさなどを要因に、メーカー各社が当初見込んでいた販売規模には至らなかった。ハイエンド製品が中心のためユーザーがアーリーアダプターや富裕層などに限られ、市場は430万台(3D率:2.1%)、9,200億円に留まった。
 2011年の市場は、3,100万台(3D率:13.9%)、4兆5,000億円と大幅な拡大が見込まれる。30インチクラスの中型サイズの製品化、液晶2倍速(120Hz)パネル採用によるローエンド製品の拡充、オプション対応製品の増加などで、3D非対応製品との価格差が縮小してきている。また、これまで3Dディスプレイの主流であったアクティブ眼鏡方式に加えパッシブ眼鏡方式など他方式の採用による競合や、パッケージソフトを中心とするコンテンツ/サービスの拡充も期待される。日本国内では地上波テレビ放送のデジタル完全移行(東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県を除く)の買い替え需要やエコポイント制度の押し上げが消えてテレビ市場全体は大幅に縮小するものの、3D対応テレビはプラスが見込まれる。
 30〜40インチ以上では3Dが標準化されていくと考えられ、2015年には1億4,000万台(3D率:50.0%)、8兆2,000億円が予測される。裸眼方式の製品化も見られるが、価格面や画質面などで課題が多く、当面は眼鏡方式が続く見通しである。
内容の詳細につきましては『3Dディスプレイ/ビジネス市場の全貌 2011』をご覧ください。
報道関係のお問い合わせは
富士キメラ総研広報担当 Tel. 03-3664-5697(窓口:富士経済グループ広報部)

最新プレスリリース一覧に戻る

カテゴリ別市場調査レポート一覧(クリックでツリーが展開します)
2016年 市場調査レポート 一覧2015年 市場調査レポート 一覧2014年 市場調査レポート 一覧
マーケティングレポートケミカルレポート(CR)環境マーケティングレポート(EMR)月刊BT(ビジネステクノロジー))|

中国市場調査プロジェクト:中国現地法人のご案内受託調査(調査委託・依頼調査)のご案内
IT市場動向・予測・分析のBT特設ページ化学分野、環境エネルギー分野の月刊市場調査レポートのご案内
市場調査レポートのお申し込みについて地域産業振興プロジェクトご担当者の皆様へ

会社案内弊社オフィス地図採用情報お問い合わせ個人情報保護方針個人情報のお取り扱いについて
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて
特定商取引法に基づく表示プレスリリース市場調査の富士キメラ総研トップページへ
このWebサイトに関する質問やコメントは、info@fcr.co.jpまで電子メールをお送りください。
Copyright © 2016 株式会社 富士キメラ総研
最終更新日:2016年5月24日

富士キメラ総研について
市場調査レポートのご案内
カテゴリ別一覧
デジタル家電(黒物家電)市場
デジタルコンテンツ・コンテンツ配信・デジタルサイネージ市場
情報通信市場
ITソリューション市場
情報セキュリティ市場
クラウド・SaaS・仮想化市場
スマートフォン・タブレット端末(スマートデバイス)市場
通信サービス・通信機器(ブローバンドサービス・同関連機器)市場
半導体・電子デバイス市場
液晶市場
自動車・カーエレクトロニクス市場
マテリアル・先端素材・高機能材料市場
太陽電池・太陽光発電・太陽熱発電・エネルギー関連市場
中国市場・世界市場
  • 1月刊行
  • 2月刊行
  • 3月刊行
  • 1月刊行
  • 2月刊行
  • 3月刊行
  • 5月刊行
  • 7月刊行
  • 8月刊行
  • 9月刊行
  • 10月刊行
  • 11月刊行
  • 12月刊行
  • 1月刊行
  • 2月刊行
  • 3月刊行
  • 5月刊行
  • 6月刊行
  • 7月刊行
  • 8月刊行
  • 9月刊行
  • 10月刊行
  • 11月刊行
  • 1月刊行
  • 2月刊行
  • 3月刊行
  • 4月刊行
  • 5月刊行
  • 6月刊行
  • 7月刊行
  • 8月刊行
  • 9月刊行
  • 10月刊行
  • 11月刊行
  • 12月刊行
  • 1月刊行
  • 2月刊行
  • 3月刊行
  • 4月刊行
  • 5月刊行
  • 6月刊行
  • 7月刊行
  • 8月刊行
  • 9月刊行
  • 10月刊行
  • 11月刊行
  • 12月刊行
  • 1月刊行
  • 2月刊行
  • 3月刊行
  • 4月刊行
  • 5月刊行
  • 6月刊行
  • 7月刊行
  • 8月刊行
  • 9月刊行
  • 10月刊行
  • 11月刊行
  • 12月刊行
  • 1月刊行
  • 2月刊行
  • 3月刊行
  • 4月刊行
  • 5月刊行
  • 6月刊行
  • 7月刊行
  • 8月刊行
  • 9月刊行
  • 10月刊行
  • 11月刊行
  • 12月刊行
  • ケミカルレポート(CR)
    環境マーケティングレポート(EMR)
    月刊BT(ビジネステクノロジー)
    連絡先のご案内
    株式会社富士キメラ総研
    電子メール:info@fcr.co.jp
    電話番号:
    03-3664-5839
    FAX番号:
    03-3661-1414
    研究開発本部:
    〒103-0012
    東京都中央区日本橋
    堀留町1-11-12
    JPR日本橋堀留ビル3F
    電子メール:china@fcr.co.jp
    電話番号:
    86-10-6581-6560
    FAX番号:
    86-10-6581-1993
    中華人民共和国 100026
    北京市朝阳区光华路甲8号
    和乔大厦B座205室
    グループ・協力各社の
    Webサイト