◆市場調査レポート:1999年10月29日発刊

CCDカメラの現状と将来展望

CCD・CMOSセンサのアプリケーション総調査
−調査の背景−
  • CCDカメラの市場が拡大している。今春、200万画素時代に突入したデジタルスチルカメ ラ市場は、近い将来ビデオカメラ、銀塩カメラの市場に迫る事が確実である。一方で、新たな画像入力デバイスとしてCMOSセンサが浮上してきた。これに合わせ、CCDメーカーの戦略が注目される。

  • この様な中で、アプリケーションとしてはPCカメラやカメラ付PDA、車載カメラ、携帯テレビ電話など拡がりを見せている。

  • 本調査では、CCD/CMOSセンサとアプリケーションの市場予測を行い、方向性を明らかにする事を目的とした。

−調査対象−
区分 対象品目
A. イメージセンサ CCD、CMOS
B. 民生用 民生用ビデオカメラ、デジタルスチルカメラ
C. 業務用 カムコーダ、一般業務用カメラ
D. 監視用 監視用カメラ(白黒)、監視用カメラ(カラー)、ダイナミックレンジカメラ、高感度カメラ、ドーム型カメラ
E. FA FAカメラ
F. 医療 医療用カメラ
G. コンポーネント ボードカメラ、マイクロカメラ
H. アプリケーション パソコンカメラ、テレビ電話機、携帯テレビ電話機、カメラ付PDA、資料提示装置、テレビドアホン、車載用カメラ

−調査項目−
● 個別品目
  1. メーカー出荷状況・世界市場規模(1998年〜2002年、2005年予測)
  2. 国内メーカーシェア動向
  3. 分野別販売動向
  4. 価格推移
  5. 主要商品の特徴
  6. 現状の問題点
  7. 今後の方向性

● 企業事例(11社)
  1. 担当部門
  2. 販売状況
  3. 今後の販売見通しと戦略

● 総合分析

−目次−
()内は掲載ページ
I.総括編
  1. CCD/CMOSアプリケーションの現状と将来予測(1)

  2. CCD/CMOSセンサの現状と将来予測(2)
      1)CCD/CMOSセンサ別世界市場予測(2)
      2)CCD画素数別世界市場予測(3)

  3. アプリケーションの世界市場規模予測(4)
      1)カメラ・アプリケーション市場規模予測(4)
        (1)全体市場規模予測(4)
        (2)アプリケーション市場規模予測(5)
      2)年次別市場規模予測(1998〜2002年、2005年)(6)
      3)品目別世界市場規模推移と予測(12)
        (1)民生用カメラ(12)
        (2)業務用カメラ(12)
        (3)監視用カメラ(13)
        (4)FAカメラ(13)
        (5)医療用カメラ(14)
        (6)アプリケーション(7品目)(15)
        (7)製品カテゴリー別市場動向予測(20)

  4. 国内出荷及び輸出(1998〜2002年、2005年)(21)
      1)イメージセンサ(21)
      2)CCD/CMOSアプリケーション(23)
        (1)総出荷数量(23)
        (2)総出荷金額(25)
        (3)民生用カメラ(27)
        (4)業務用カメラ(29)
        (5)監視用カメラ(31)
        (6)FAカメラ(36)
        (7)医療用カメラ(36)
        (8)アプリケーション(37)
        (9)コンポーネント(44)

  5. 主要企業のカメラ関連機器事業(1998年度:国内)(46)
      1)総括(46)
      2)主要企業事例(11社)(47)
        A.松下電器産業(47)
        B.ソニー(49)
        C.日本ビクター(51)
        D.日立電子(53)
        E.池上通信機(55)
        F.日立製作所(57)
        G.東芝(59)
        H.三菱電機(61)
        I.三洋電機(62)
        J.日本電気(63)
        K.TOA(64)
II.個票編
  1. イメージセンサ
      A−1.CCDエリアイメージセンサ:100万画素未満(66)
      A−2.CCDエリアイメージセンサ:100万画素以上(73)
      A−3.CMOSイメージセンサ(74)

  2. 民生用
      B−1.民生用ビデオカメラ(78)
      B−2.デジタルスチルカメラ(82)

  3. 業務用
      C−1.カムコーダ(86)
      C−2.一般業務用カメラ(90)

  4. 監視
      D−1.監視用カメラ(白黒)(94)
      D−2.監視用カメラ(カラー)(98)
      D−3.ダイナミックレンジカメラ(102)
      D−4.高感度カメラ(106)
      D−5.ドーム型カメラ(110)
      D−6.近赤外線カメラ(暗視)(114)

  5. FA
      E−1.FAカメラ(118)

  6. 医療
      F−1.医療用カメラ(122)

  7. コンポーネント
      G−1.ボードカメラ(129)
      G−2.マイクロカメラ(130)

  8. アプリケーション
      H−1.パソコンカメラ(134)
      H−2.テレビ電話機(138)
      H−3.携帯テレビ電話機(142)
      H−4.カメラ付PDA(146)
      H−5.資料提示装置(150)
      H−6.テレビドアホン(154)
      H−7.車載用カメラ(158)
()内は掲載ページ
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
CCDカメラの現状と将来展望

頒価
300,000円+税

発刊日
1999年10月29日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
161ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 600,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ