◆最新市場調査レポート:2022年07月05日発刊

デジタルID/認証ソリューションビジネス市場調査要覧 2022

マイナンバー普及、キャッシュレス化等、社会変化に対応し進化する認証ビジネスの現状および将来展望、先端ソリューションビジネスを調査/分析
−はじめに−
  • 個人の認証に関する手段は、これまで紙(サインや印鑑)からはじまり、IDカードやRFID、生体認証へと認証手段の幅を広げてきた。近年ではデジタルIDによって認証の効率化が進むほか、「アフター/ウィズコロナ」環境下においては非接触のニーズが高まるなど、社会情勢の変化によって認証手段のニーズも急速に変化している。
  • また、日本政府が2021年9月に設立した「デジタル庁」によって認証手段が変革していくタイミングとなっている。日本政府では行政サービスのIT化、手続きの電子化を進めており、今後も公的給付金受取用口座の登録、スマートフォンへのマイナンバーカード機能の内蔵、運転免許証/健康保険証との一体化が計画されている。
  • デジタル化による変化は行政のみでなく、リテール領域でも進んでいる。決済時のキャッシュレス化に加え、電子レシートや免税電子化に波及しており、効率化/迅速性を高めることにつながっている。金融領域ではマネー・ローンダリング対策として、フィジカルセキュリティでは強固な認証対策として、生体認証に加え、AIを搭載した画像認識が普及しつつある。
  • 用途別では、「身元確認」「本人認証」「決済」での活用が進んでいる。オンライン上でのビジネス/取引が進んでいる中、なりすましや改ざん防止による健全な環境の構築/運用を実現するために、ID/認証は非常に重要な要素とされている。
  • 加えて、「マーケティング」「デジタルデバイスログイン」での採用も進んでいる。マーケティングに関しては、オンライン上での取引が増加したことで、利用者の属性などを分析することで新商品開発などへの活用や、パーソナライズドレコメンデーションによる個人の購買意欲促進などを実現する。デジタルデバイスログインに関しては、コロナ禍におけるリモートワーク普及に伴い、さまざまな分野での利用が進んでいる。
  • 本市場調査資料は、デジタル化の進展により一層多様化/高度化する「デジタルID/認証ソリューション」市場における業界/用途動向、将来性を調査/分析することで、参入企業各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作した。
−調査目的−
  • 本市場調査資料はデジタルIDの活用により認証の高度化/セキュリティ性の向上/利用者の行為効率化につながる認証ソリューション11品目、オンライン認証基盤7品目、認証アプライアンス14品目について市場規模推移、製品/サービス動向/技術/トレンド動向の調査を実施した。また、認証ソリューションの需要先となる10分野についても調査した。計32品目、10分野を対象に詳細調査を実施することにより、参入企業各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的とした。
−調査対象−
調査対象対象品目
A. 分野(10分野) A-1. 金融
A-2. 流通/店舗
A-3. サービス
A-4. レジャー/宿泊
A-5. 物流
A-6. 交通/運輸
A-7. 企業
A-8. 行政
A-9. 教育
A-10. 医療/保険/健康
B. 認証ソリューション
(11品目)
B-1. 電子申請システム
B-2. ICカード本人確認ソリューション
B-3. マイナンバーソリューション
B-4. ウォレットサービス
B-5. 決済プラットフォーム
B-6. 電子レシート
B-7. ポイント管理システム
B-8. 免税電子化システム
B-9. 偽造IDカード識別システム
B-10. 入退出ゲートシステム
B-11. ドライバー認証システム
C. オンライン認証基盤
(7品目)
C-1. オンライン認証プラットフォーム
C-1-1. ID共通管理プラットフォーム
C-1-2. 統合ID管理ツール
C-2. オンライン認証ツール
C-2-1. eKYC
C-2-2. PKI認証システム
C-2-3. OTP認証システム
C-2-4. スマートフォン認証システム
C-2-5. 電子証明書
D. 認証アプライアンス
(14品目)
D-1. バイオメトリクス認証ツール
D-1-1. 指紋認証システム
D-1-2. 静脈認証システム
D-1-3. 声紋認証システム
D-1-4. 虹彩認証システム
D-1-5. 顔認証システム
D-1-6. 画像認証システム
D-2. ハードウェア認証ツール
D-2-1. IDカード
D-2-2. NFC搭載スマートデバイス
D-2-3. RFID
D-3. 認証リーダー/システム
D-3-1. ICカードリーダー・ライター
D-3-2. RFIDリーダー・ライター
D-3-3. QRコードリーダー・スキャナー
D-3-4. 決済端末
D-3-5. POSシステム
−調査項目−
A. 分野市場編
1. 対象定義/ID認証採用用途
2. 市場概況
3. 先端認証システム利用事例
4. 市場規模推移と予測
  (金額:2021年実績/2027年予測)
5. IDデータの利活用動向
6. ソリューション連携動向
7. 求められる技術/システムの特徴
8. 今後の方向性
B. 認証ソリューション市場編、C. オンライン認証基盤市場編
1. 対象定義/サービス・ソリューション構成
2. 主要参入企業一覧
3. 主要参入企業の最新動向
4. 市場規模推移と予測
  (数量/金額:2021年実績〜2027年予測)
5. ベンダーシェア
  (数量/金額:2021年実績/2022年見込)
6. 分野別動向(金額:2021年実績/2027年予測)
7. 用途別動向
8. サービス連携動向
9. サービス進化の方向性
10. 課題点/対応策
D. 認証アプライアンス市場編
1. 対象定義/提供形態
2. 主要参入企業一覧
3. 主要参入企業の最新動向
4. 市場規模推移と予測
  (数量/金額:2021年実績〜2027年予測)
5. ベンダーシェア
  (数量/金額:2021年実績/2022年見込)
6. 分野別動向(金額:2021年実績/2027年予測)
7. 技術動向
8. システム連携動向
9. 課題点/対応策
−目次−
I. 総括編(1)
1. 調査総括(3)
2. 分野市場総括(7)
1) 市場規模推移と予測(7)
2) 用途別動向(8)
3. 認証ソリューション市場総括(10)
1) 市場規模推移と予測(10)
2) 用途別動向(11)
3) 市場トピックス(12)
4. オンライン認証基盤市場総括(13)
1) 市場規模推移と予測(13)
2) 用途別動向(14)
3) 市場トピックス(15)
5. 認証アプライアンス市場総括(16)
1) 市場規模推移と予測(16)
2) 市場トピックス(19)
6. 技術動向(20)
1) AI/IoTによる認証高度化(20)
2) 無人店舗/顔パス/手ぶら決済動向(21)
3) 分散型デジタルID/ブロックチェーン技術応用(23)
4) プロトコル技術動向(25)
5) その他認証手段(26)
7. 業界構造(27)
1) ポジショニングマップ(27)
2) ソリューション/システム連携相関図(29)
8. 市場トピックス(31)
1) マイナンバー関連動向(31)
2) 多要素認証(36)
3) スマートフォン認証(37)
4) 自動車検査証(車検証)の電子化(38)
5) インプランタブルソリューション/ウェアラブルソリューション(40)
6) 給料デジタル払い(41)
7) 防犯とIDとの連携(42)
9. 市場を取り巻く環境/関連法制度/政府動向(43)
1) デジタル庁創設の影響(43)
2) GビズID(45)
3) 関連統計(46)
10. COVID-19が市場に与える影響(48)
11. 認証プラットフォームの現状と方向性(50)
1) 認証プラットフォームの動向(50)
2) 認証プラットフォーム関連市場動向(51)
3) 認証プラットフォームの方向性(52)
12. 世界市場動向(53)
1) 世界における国民ID/認証IDの状況(53)
2) 世界におけるデジタルID活用の動向(54)
13. 分野別IDデータ利活用の方向性(55)
II. 個別市場編(57)
A. 分野市場(59)
A-1. 金融(61)
A-2. 流通/店舗(65)
A-3. サービス(69)
A-4. レジャー/宿泊(73)
A-5. 物流(77)
A-6. 交通/運輸(81)
A-7. 企業(84)
A-8. 行政(88)
A-9. 教育(92)
A-10. 医療/保険/健康(96)
B. 認証ソリューション市場(101)
B-1. 電子申請システム(103)
B-2. ICカード本人確認ソリューション(108)
B-3. マイナンバーソリューション(112)
B-4. ウォレットサービス(116)
B-5. 決済プラットフォーム(121)
B-6. 電子レシート(126)
B-7. ポイント管理システム(130)
B-8. 免税電子化システム(134)
B-9. 偽造IDカード識別システム(138)
B-10. 入退出ゲートシステム(142)
B-11. ドライバー認証システム(146)
C. オンライン認証基盤市場(151)
C-1-1. ID共通管理プラットフォーム(153)
C-1-2. 統合ID管理ツール(157)
C-2-1. eKYC(162)
C-2-2. PKI認証システム(166)
C-2-3. OTP認証システム(170)
C-2-4. スマートフォン認証システム(174)
C-2-5. 電子証明書(178)
D. 認証アプライアンス市場(185)
D-1-1. 指紋認証システム(187)
D-1-2. 静脈認証システム(191)
D-1-3. 声紋認証システム(194)
D-1-4. 虹彩認証システム(197)
D-1-5. 顔認証システム(200)
D-1-6. 画像認証システム(204)
D-2-1. IDカード(207)
D-2-2. NFC搭載スマートデバイス(222)
D-2-3. RFID(226)
D-3-1. ICカードリーダー・ライター(230)
D-3-2. RFIDリーダー・ライター(235)
D-3-3. QRコードリーダー・スキャナー(239)
D-3-4. 決済端末(243)
D-3-5. POSシステム(247)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
デジタルID/認証ソリューションビジネス市場調査要覧 2022

頒価
176,000円(税抜 160,000円)

発刊日
2022年07月05日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
251ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

ISBNコード
ISBN978-4-89443-971-9

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 352,000円(税抜 320,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ