◆最新市場調査レポート:2022年07月05日予定

デジタルID/認証ソリューションビジネス市場調査要覧 2022

社会変化に対応し進化する認証ビジネスの現状および将来展望、先端ソリューションビジネスを調査/分析
−調査の背景−
  • 個人の認証に関する手段は、これまで紙(サインや印鑑)からはじまり、ICカードやRFID、生体認証へと認証手段の幅を広げてきた。近年ではデジタルIDによって認証の効率化が進むほか、「アフター/ウィズコロナ」環境においては非接触手段のニーズが高まるなど、社会情勢の変化によって認証手段のニーズも変化しつつある。
  • また、日本政府が2021年9月に設立した「デジタル庁」によって認証手段が急速に変革していくタイミングとなっている。日本政府は「マイナンバーカード」を活用しながら行政における認証手段のデジタル化を推進していく見通しであり、デジタル庁では主要政策として「デジタル社会に必要な共通機能の整備・普及」を掲げ、「マイナンバー制度」および「GビズID」の推進を担っていく。
  • デジタル化による変化は行政のみでなく、リテール領域では決済時のキャッシュレス化に加え、電子レシートや免税電子化に波及しており、迅速性を高めることにつながっている。金融領域ではマネー・ローンダリング対策として、フィジカルセキュリティでは迅速性を備えた強固な認証対策として、生体認証に加え、AIを搭載した画像認識が急速に普及しつつある。
  • これらのデジタル化により、人々の生活は活動の迅速性を高めながらセキュリティ性/認証の正確性を維持していくことが可能となる。また、認証されたデータは「AIRPOST」など企業間をまたいだ共通プラットフォームによって管理されるケースも始まりつつあるなど、デジタルID/認証ソリューションビジネスは発展性が期待され、有望ビジネスの開発が進んでいる現状にある。
  • 本市場調査資料では、デジタルID/認証を実現するサービスやプラットフォーム、ツール、プロダクトについてポテンシャルおよび有望技術の最新動向をまとめていく。認証手段の現状と将来展望をまとめることにより、参入企業各社の事業戦略において有益な情報を提供することを目的に制作するものである。
−調査ポイント−
  • マイナンバー/GビズIDの本格浸透による行政/医療の変化を調査
  • OpenIDおよび認証情報共有プラットフォームの現状/方向性を調査
  • ブロックチェーン技術をはじめ分散型デジタルIDに関する主要技術の動向を調査
  • 多要素認証の現状および今後の方向性を調査
  • ハードウェア認証からスマートフォン認証、顔パス/手ぶら認証への進化の方向性を調査
  • ID認証と連携してデジタルに置き換わることで伸長する有望プロダクト/システムを調査
−調査対象−
調査対象品目/市場
A. 認証サービス/ソリューション(18〜22品目対象予定)
1. ID共通管理プラットフォーム
2. ID管理ツール
3. シングルサインオン
4. 多要素認証基盤
5. eKYC
6. SMS認証サービス
7. スマートフォン認証サービス
8. 電子申請システム
9. 電子証明書
10. 電子署名/デジタル署名
11. オンライン資格確認
12. 行政手続きデジタル化ツール
13. PKI認証システム
14. OTP認証システム
15. 本人確認ソリューション
16. QRコード本人認証システム
17. マイナンバーソリューション(自治体)
18. マイナンバーソリューション(医療)
19. 電子レシート
20. 免税電子化システム
21. ポイント管理システム
22. ウォレットサービス
23. 決済プラットフォームサービス
24. その他
B. 認証ツール/プロダクト(18〜22品目対象予定)
1. 指紋認証システム
2. 静脈認証システム
3. 音声認証システム
4. 虹彩認証システム
5. 顔認証システム
6. 画像認識システム
7. 偽造IDカード識別システム
8. 入退出ゲートシステム
9. ドライバー認証システム
10 .GPSトラッカー/紛失防止タグ
11. ICカード(接触式/非接触式)
12. ICチップ(接触式/非接触式)
13. RFID
14. ICカードリーダー・ライター
15. RFIDリーダー・ライター
16. QRコードリーダー・スキャナー
17. NFC対応スマートフォン
18. NFC対応タブレット端末
19. 決済端末
20. レガシーPOS
21. モバイルPOS
22. セルフレジ/レジカート
23. 電子棚札
24. その他
C. 認証システム利用分野(10市場対象予定)
1. 金融
2. 決済
3. 行政/申請
4. 流通/店舗/物販
5. 物流
6. 交通/運輸
7. 入退出
8. 出入国
9. デジタルデバイスログイン
10. 通信
11. 医療/保険/健康
12. その他
調査対象企業
GMOグローバルサイン、IDEMIA、Ingenico Japan、J&J、JR東日本メカトロニクス、LINE、Liquid、Miura Systems、NECソリューションイノベータ、NECプラットフォームズ、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェア、NTTデータ、NTTデータNJK、NTTドコモ、NXPセミコンダクターズ、STマイクロエレクトロニクス、T4U、Tax Free、TFペイメントサービス、TRUSTDOCK、USEN、インターネットイニシアティブ、インフィニオン・テクノロジーズジャパン、ヴィンクス、大塚商会、カシオ計算機、キーエンス、ギーゼッケアンドデブリエント、共同印刷、クラウドサイン、サイトビジット、サイバートラスト、サイボウズ、ジェムアルト、シャチハタショーケース、スマレジ、セイコーソリューションズ、ゼブラ・テクノロジーズ・ジャパン、ソニーグループ、大日本印刷、ディアイティ、ディー・ディー・エス、寺岡精工、デンソーウェーブ、東芝インフラシステムズ、東芝テック、トッパン・フォームズ、凸版印刷、トラストバンク、トランザクション・メディア・ネットワークス、日本NCR、日本アイ・ビー・エム、日本エアロスペース、日本カードネットワーク、日本電気、ネクスウェイ、パナソニック、ビジコム、日立製作所、日立ソリューションズ、ヒューマンテクノロジーズ、富士通、富士通エフ・アイ・ピー、富士通フロンテック、富士フイルムイメージングシステムズ、ポラリファイ、モフィリア、ユビレジ、リクルートライフスタイル、リンク・プロセシング、ルネサスエレクトロニクス、他
都合により若干の対象変更を行う場合があります。
−調査項目−
I. 総括編
1. 調査総括
2. 国内市場規模推移(2020年実績〜2026年予測、金額)
3. 認証ツール/プロダクト市場総括
4. 認証サービス/ソリューション市場総括
5. 認証システム利用分野市場総括
6. 技術動向
(AI/IoTによる認証高度化、次世代センサー、ヒューマンセンシング/顔パス・手ぶら認証、ブロックチェーン技術応用、他)
7. 参入企業動向
8. 市場トピックス
(マイナンバー関連ソリューション/JPKIの方向性、OpenID、分散型デジタルID、多要素認証、スマートフォン認証、HPKI/医療機関における個人認証の方向性、インプランタブル化、他)
9. 市場を取り巻く環境/関連法制度/政府動向
(デジタル庁発足による市場への影響、GビズID、防犯/IDの紐づけ、他)
10. COVID-19が市場に与える影響
11. 認証プラットフォームの現状と方向性
12. 世界市場動向
13. 市場拡大における課題/今後の方向性
II. 認証サービス/ソリューション市場編(18〜22品目予定)
1. 対象定義/サービス・ソリューション構成
2. 市場概況
3. 主要参入企業一覧
4. 市場規模推移と予測(数量/金額:2020年〜2026年)
5. ベンダーシェア(数量/金額:2020年/2021年)
6. 参入企業の最新トピックス
7. COVID-19の市場への影響
8. 分野別動向
9. アライアンス動向
10. IoT連携動向
11. 市場拡大における課題
12. 今後の方向性
III. 認証ツール/プロダクト市場編(18〜22品目予定)
1. 対象定義/提供形態
2. 市場概況
3. 主要参入企業一覧
4. 市場規模推移と予測(数量/金額:2020年〜2026年)
5. ベンダーシェア(数量/金額:2020年/2021年)
6. 参入企業の最新トピックス
7. COVID-19の市場への影響
8. 分野別動向
9. 技術動向
10. IoT連携動向
11. 市場拡大における課題
12. 今後の方向性
IV. 認証システム利用分野編(10市場予定)
1. 対象定義
2. 市場概況
3. 先端認証システム利用事例
4. 市場規模推移と予測(数量/金額:2020年〜2026年)
5. 参入企業動向
6. ソリューション連携動向
7. 求められる技術/システムの特徴
8. 今後の方向性
都合により若干の項目変更を行う場合があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
デジタルID/認証ソリューションビジネス市場調査要覧 2022

頒価
176,000円(税抜 160,000円)

発刊日
2022年07月05日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
260ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 352,000円(税抜 320,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ