◆最新市場調査レポート:2020年11月26日発刊

2021 イメージング&センシング関連市場総調査

スマートフォンにおけるカメラの高機能化とセンシング領域拡大に伴い成長する光学関連市場を徹底調査
−はじめに−
  • 光学製品の市場は大きな変革期を迎えている。これまでの当該市場は、写真や動画の撮影、印刷、映像の投影といった人物にフォーカスした分野での応用が中心であったが、近年は産業機器やインフラ設備といった、人物以外の領域での応用が広がっており、市場のトレンドとしては二つのキーワードが重要指標となっている。
  • 一つ目のキーワードはセンシングである。近年ADAS/自動運転、工場や物流の自動化、生体認証、サーモグラフィーなど非可視光領域での応用が拡大している。監視カメラやモバイル機器用カメラといった可視光領域においてもAIを活用したセンシングが広がっている。センシング分野の市場拡大はセンサーの高画素化や高感度化、AIをはじめとした認識技術の進化、微細化に伴うプロセッサーの処理能力向上によってもたらされ、今後の技術進化に伴いさらに高機能化、インテリジェント化する。
  • 二つ目のキーワードは高解像度化である。従来目視で確認していた作業を機械化する動きが加速している。検査計測分析機器、医療機器などにおいて高解像度化が進んでおり、製品開発の効率化や先端医療に生かされている。
  • 一方、従来用途である撮影や投影の分野でも新たな動きがみられる。民生分野においてもスマートフォン向けカメラの高性能化、ヘッドマウントディスプレイやスマートグラスのディスプレイ高解像度化によって新たな映像の楽しみ方が提案されている。5G通信の普及と相まって4K/8Kといった高精細な動画が手軽に撮影できる環境が整いつつある。
  • これらの状況を踏まえ、カメラやその他のアプリケーションとしての民生機器、産業機器、情報入出力機器、およびこれらに搭載される半導体デバイス、光学ユニット・部品、光学関連材料・装置、画像認識AIソリューションの製品市場を分析することにより、将来のイメージング&センシング関連市場について展望する。
  • 本市場調査資料ではこのような市場環境を踏まえて、イメージング&センシングビジネスを多角的に捉えており、定量的な情報に加え現況や課題などをまとめることにより市場を展望・分析した。関係各位が本市場調査資料を今後の事業戦略立案・展開において役立てていただくことを切に望むものである。
−調査目的−
  • 本市場調査資料ではイメージング&センシング関連市場として、カメラアプリケーション、その他アプリケーションと、光学ユニット、半導体デバイス、光学部品、光学関連材料、光学関連装置などの部品・デバイスの市場動向を調査し、当該市場における事業展開に有益な情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
1) 調査対象品目
アプリケーションカメラアプリケーション11品目スマートフォン、デジタルスチルカメラ(コンパクト・一眼)、交換レンズ、アクションカム、ドローン、一般車両用ドライブレコーダー・ダッシュカム、業務用ドライブレコーダー・ダッシュカム、監視カメラ、TVドアホン、中赤外カメラ(MWIR)、遠赤外カメラ(LWIR)
その他アプリケーション5品目プロジェクター、ヘッドマウントディスプレイ、スマートグラス、プリンター、ATM・CD
デバイス・材料・装置光学ユニット10品目小型カメラモジュール、車載カメラモジュール、モバイル機器用レンズユニット、車載カメラ用レンズユニット、ヘッドライトシステム、HUD、LIDAR(2D・3D)、バーコードリーダーモジュール、マシンビジョンカメラ(エリア)、マシンビジョンカメラ(リニア)
半導体デバイス6品目エリアイメージセンサー、リニアイメージセンサー(RO)、リニアイメージセンサー(CIS)、TOFセンサー、VCSEL、赤外受光素子(PD・APD)
光学部品4品目光学レンズ、ヘッドマウントディスプレイ用レンズ、赤外カメラ用レンズ、光学フィルター
光学関連材料4品目レンズ用樹脂材料、光学ガラス、レンズ用コーティング材料、光学接着剤
光学関連装置2品目射出成形機、光学薄膜形成装置
画像認識関連ソリューション事例4品目画像外観検査、検温ソリューション、社会インフラモニタリング、姿勢推定
合計46品目
2) 調査対象国・地域
日本、中国、台湾、韓国、その他アジア(フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インド、西アジア、その他)、北米、中南米(メキシコ、ブラジルなど)、欧州(西欧、ロシア含む東欧)、その他(アフリカ、オセアニアなど)
−調査項目−
アプリケーション
1) 製品概要/定義
2) 市場概況
(1) 市場動向
(2) ワールドワイド市場規模推移・予測
(3) 価格動向(2020年Q3時点)
3) タイプ別市場規模推移・予測
(1) 解像度別
(2) センサーサイズ別
(3) 製品タイプ別
4) 仕向地別ウェイト
5) メーカー動向
(1) 主要参入メーカーおよび動向
(2) メーカーシェア(ブランドベース)
(3) 生産委託関係(2020年Q3時点)
6) 技術動向
デバイス・材料・装置
1) 製品概要/定義
2) 市場概況
(1) 市場動向
(2) ワールドワイド市場規模推移・予測
(3) 価格動向(2020年Q3時点)
3) タイプ別ウェイト
4) 用途別ウェイト
5) メーカー動向
(1) 主要参入メーカーおよび動向
(2) メーカーシェア(出荷数量ベース)
(3) メーカーシェア(出荷金額ベース)
(4) 納入関係(2020年Q3時点)
6) 技術動向
7) 波長別動向
画像認識関連ソリューション事例
1) 概要/定義
2) 主な業種別動向
3) 主なテクノロジーベンダー
4) 活用事例
−目次−
1.0 イメージング&センシング市場の全体動向(1)
1.1 総括(3)
1.2 光学機器・光学デバイスの構成図(5)
2.0 製品別市場規模推移・予測(7)
2.1 アプリケーション品目別市場規模推移・予測(9)
2.2 デバイス・材料・装置品目別市場規模推移・予測(11)
2.3 アプリケーション別解像度・センサーサイズの動向(16)
3.0 新技術・新市場の動向(21)
3.1 ADAS・自動運転と光学技術(23)
3.2 LIDARの構成と搭載デバイス(25)
3.3 モバイルカメラの高機能化と複眼カメラの動向(27)
3.4 3Dセンシングの用途整理および関連デバイス(31)
3.5 マシンビジョンカメラ市場の動向(33)
3.6 監視カメラ市場における規制と中国メーカーの動向(35)
3.7 赤外カメラ市場の分類と概要(38)
3.8 360°カメラの用途動向(39)
4.0 アプリケーション品目別市場動向(41)
4.1 カメラアプリケーション(43)
4.1.1 スマートフォン(45)
4.1.2 デジタルスチルカメラ(コンパクト・一眼)(51)
4.1.3 交換レンズ(55)
4.1.4 アクションカム(60)
4.1.5 ドローン(64)
4.1.6 一般車両用ドライブレコーダー・ダッシュカム(68)
4.1.7 業務用ドライブレコーダー・ダッシュカム(73)
4.1.8 監視カメラ(76)
4.1.9 TVドアホン(80)
4.1.10 中赤外カメラ(MWIR)(84)
4.1.11 遠赤外カメラ(LWIR)(87)
4.2 その他アプリケーション(93)
4.2.1 プロジェクター(95)
4.2.2 ヘッドマウントディスプレイ(100)
4.2.3 スマートグラス(106)
4.2.4 プリンター(111)
4.2.5 ATM・CD(115)
5.0 デバイス・材料・装置品目別市場動向(117)
5.1 光学ユニット(119)
5.1.1 小型カメラモジュール(121)
5.1.2 車載カメラモジュール(126)
5.1.3 モバイル機器用レンズユニット(132)
5.1.4 車載カメラ用レンズユニット(137)
5.1.5 ヘッドライトシステム(143)
5.1.6 HUD(148)
5.1.7 LIDAR(2D・3D)(152)
5.1.8 バーコードリーダーモジュール(157)
5.1.9 マシンビジョンカメラ(エリア)(160)
5.1.10 マシンビジョンカメラ(リニア)(165)
5.2 半導体デバイス(169)
5.2.1 エリアイメージセンサー(171)
5.2.2 リニアイメージセンサー(RO)(176)
5.2.3 リニアイメージセンサー(CIS)(179)
5.2.4 TOFセンサー(182)
5.2.5 VCSEL(187)
5.2.6 赤外受光素子(PD・APD)(192)
5.3 光学部品(195)
5.3.1 光学レンズ(197)
5.3.2 ヘッドマウントディスプレイ用レンズ(201)
5.3.3 赤外カメラ用レンズ(204)
5.3.4 光学フィルター(208)
5.4 光学関連材料(213)
5.4.1 レンズ用樹脂材料(215)
5.4.2 光学ガラス(220)
5.4.3 レンズ用コーティング材料(226)
5.4.4 光学接着剤(230)
5.5 光学関連装置(235)
5.5.1 射出成形機(237)
5.5.2 光学薄膜形成装置(241)
6.0 画像認識関連ソリューション事例(245)
6.1 画像外観検査(247)
6.2 検温ソリューション(249)
6.3 社会インフラモニタリング(251)
6.4 姿勢推定(253)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2021 イメージング&センシング関連市場総調査

頒価
150,000円+税

発刊日
2020年11月26日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
254ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-924-5

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税 合計金額 180,000円+税
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ