◆最新市場調査レポート:2017年07月18日予定

2017 サービスロボット/RPA関連市場の将来展望

ロボット革命により期待される法人向けサービスロボット/RPAがもたらす新ビジネス/エコシステムの未来像を徹底分析
−調査の背景−
  • 2014年6月に閣議決定された「日本再興戦略」改訂2014では、「ロボットによる新たな産業革命(ロボット革命)」として、ロボット技術の活用によって生産性の向上、企業収益力向上、賃金の上昇を図ることなどが掲げられた。
  • これを受け2015年1月に策定された「ロボット新戦略」において、ロボット市場を2020年までに2.4兆円へ拡大することが目標とされた。特にサービス(非製造)分野は、以前からロボットを活用し労働生産性を高めてきた製造業と比較し、ロボット活用の余地は大きく、2020年までに20倍の1.2兆円市場規模に拡大するとされている。
  • サービス分野におけるロボットの活用は、労働生産性向上やイノベーションによる高付加価値化が期待される。こうしたロボット活用には、ロボットベンダーだけでなく、ユーザーの業務に関する深い知識を持ち、多様なニーズに最適なロボットシステムを構築するICTベンダーの位置付けも重要となる。
  • 同様に、事務や経理、人事、顧客対応などホワイトカラー業務においてもロボット活用が検討されており、人手に頼ってきた定型業務が、今後はソフトウェアをベースとした仮想知的労働者(Digital Labor)によって行われていくとみられる。
  • ルールエンジンや人工知能(AI)などの認知技術を活用して業務を代行・代替する仕組みは「RPA(Robotic Process Automation)」といわれ、将来的に一定の知的労働がRPAに置き換わると想定される。
  • サービスロボット、RPAによる業務プロセスの効率化・自動化は、労働人口減少、長時間労働という課題を解決する有効な手段となり、働き方改革が求められる国内企業において今後採用が進んでいくとみられる。
  • さらに、「AI」「Cloud」「ビッグデータ」「IoT」といったICTとロボットの融合によって、新たな付加価値の創出も期待される。
  • 本調査企画では、ロボット製品、ソリューションビジネスの技術や市場動向を調査することで、ロボットソリューションビジネスの方向性を明確化し、当該ビジネスの潜在性を明確化することを目的としている。
−調査ポイント−
  • 2030年のサービスロボット/RPA関連ビジネス未来像を徹底分析
  • ICTベンダーの立ち位置およびマネタイズポイントの分析
  • AI/コグニティブ技術など関連技術動向の把握
−調査品目/調査項目−
I. 総括編
1. 市場総括
2. 法人向けロボットを取り巻く環境(社会問題/倫理問題/法整備)
3. 法人向けロボットの業界構造
4. 政府施策・振興策、関連法規制
5. 法人向けロボット関連市場規模(2016年度〜2020年度、2030年度)
6. 業種/業務別ソリューション市場分析/マネタイズのポイント
7. 定型業務/非定型業務とロボット利用の可能性
8. ロボット関連技術のロードマップ(AI、コグニティブ、IoT、センサー、5G、API…)
9. 実証実験/導入事例一覧
10. ロボット関連プラットフォームの方向性
11. ロボットが社会/ビジネスに与える影響
II. 市場編
1. ロボット製品
カテゴリー調査対象例
法人向けサービスロボット汎用ロボット、農林水産業向け/ビーグルロボット、清掃ロボット、メンテナンスロボット、建設ロボット、物流・倉庫ロボット、医療ロボット、レスキューロボット、アミューズメントロボット、警備ロボット、受付ロボット、コミュニケーションロボット、パワードスーツ、水中システムロボット、ドローン
RPA(Robotic Process Automation)BPO、受発注・EC/EDI、コールセンター、BtoB/BtoCマーケティング、情報検索/収集・調査、システム連携、システム運用/テスト、情報セキュリティ、チャットボット
【調査項目】
1) 定義・カテゴリー
2) 市場規模推移(2016年度〜2020年度/2030年度)
3) タイプ別動向(2足歩行型、自律移動型、据置型、ソフト…)
4) 業種/業務別動向
5) 市場占有率
6) 注目ベンダーの取り組み
7) 技術ロードマップ(AI、コグニティブ、IoT、センサー、5G、API…)
8) 今後の方向性
2. ロボットソリューション市場
カテゴリー調査対象例
上位サービスアセスメントサービス、POCサービス、導入コンサルティング
SIシステムエンジニアリング、ロボットエンジニアリング、フィールドエンジニアリング
アプリ提供個別アプリ受託開発、パッケージ、SaaS
プラットフォーム提供ロボットプラットフォーム(ユーザー管理、アプリ管理、ロボット稼働管理)
アプリマーケットプレイス(アプリ配信、アプリ管理、課金管理)
アプリ開発プラットフォーム
人工知能(AI)・コグニティブプラットフォーム
ロボット提供サービスロボット販売、ツール/エンジン販売
運用・保守・教育システム運用・保守、ロボット保守・メンテナンス、技術研修
【調査項目】
1) 定義・カテゴリー
2) 市場規模推移(2016年度〜2020年度/2030年度)
3) カテゴリー別動向
4) 業種別動向
5) 注目ベンダーの取り組み
6) 今後の方向性
3. 業種/業務別ロボットソリューション市場
カテゴリー調査対象例
業種農林水産業、製造業、建設業、卸売業、小売業、金融業、情報通信業、ネットビジネス業、旅行・観光・宿泊業、飲食業、人材派遣業、その他サービス業、公共
業務法人向けサービスロボット農林水産、清掃、メンテナンス、建設、物流・倉庫、医療、レスキュー、警備、受付、その他
RPABPO、受発注・EC/EDI、コールセンター、BtoB/BtoCマーケティング、情報検索/収集・調査、システム連携、システム運用/テスト、情報セキュリティ、チャットボット、その他
【調査項目】
1) 定義・カテゴリー
2) 市場規模推移(2016年度〜2020年度/2030年度)
3) 業種/業務上の課題・問題点とロボットによる革新
4) ロボット導入ロードマップ(有人支援/準完全無人/完全無人)
5) 採用ロボット/分野の動向
6) 今後の方向性
4. ロボット関連技術
カテゴリー調査対象例
AI技術機械学習、ディープラーニング、他
コグニティブ技術音声認識、音声合成、音声対話、画像認識(顔認識、物体認識、人物認識、ジェスチャー)
【調査項目】
1) 定義・カテゴリー
2) 市場規模推移(2016年度〜2020年度/2030年度)
3) 注目ベンダーの取り組み
4) 技術ロードマップ
5) 採用ロボット/分野の動向
6) クラウド化の方向性
III. 企業編(30社)
【調査項目】
1) 企業プロフィール
2) ロボットビジネスの位置付け
3) 提供技術/製品/ソリューション概要
4) 事業推進体制/アライアンス状況
5) マーケティング戦略
6) 事業規模
7) 実証実験/導入事例
8) 今後の方向性
調査実施段階で調査品目/調査項目が変更になる可能性があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2017 サービスロボット/RPA関連市場の将来展望

頒価
180,000円+税

発刊日
2017年07月18日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
PDFファイルセット/集計ファイルセット/企業編セットのご案内
PDFファイルセットは本資料全編のPDFファイルを収録。
集計ファイルセットは本資料全編のPDFファイル、Excelファイルを収録。
PDFファイルは印刷不可となります。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

集計ファイルセットがあります(PDFとエクセルファイルのセットです。単品でのご購入はできません)
    PDF・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 40,000円+税
      合計金額 220,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ