◆最新市場調査レポート:2017年03月28日予定

中国・インド携帯電話メーカーの最新動向調査(2017年)

グローバル市場での存在感を増す中国スマートフォンの攻防 激しい低価格化競争が進む中で模索する各社の差別化動向
−調査の背景−
  • 2016年は中国スマートフォンメーカーのグローバル化の年となる。2015年までは4G化やハイスペック化の潮流にあっても旺盛な国内需要に対応するため、参入各社が切磋琢磨し低価格化競争を繰り広げてきた。大幅に成長した中国スマートフォンメーカーは国内市場に飽き足らず海外進出することで、グローバル市場における中国ブランドの存在感は増している。特にHuawei、Oppo、Vivoの業績は好調が続いており、Samsung El.とAppleに迫る勢いである。2016年には3社合計で2億台を超える出荷が見込まれており、近々AppleやSamsung El.を追い越す可能性がみえている。
  • 中国スマートフォンメーカーは実力を上げるにつれて、「Appleを模倣」から脱却し、「Appleに先行」する製品戦略の展開も可能になり始めている。例えば、2016年では独自チップセットの開発、感圧タッチパネルやフレキシブルディスプレイによる新規ユーザーインターフェースの提案、AR/VRなどの次世代コンテンツを見据えた高性能かつ大容量メモリーの採用などが挙げられる。直近の注目事例としてHuawei「Ascend P9」がある。同端末は2016年4月に投入されたデュアルカメラ搭載端末である。Leicaとのコラボレーションによる宣伝効果や独自開発の撮影アルゴリズム搭載によって、一眼レフ風の撮影を可能にし、ユーザーの消費心理を掴むことでフラッグシップ機種として高い評価を獲得した。
  • 5億台超の中国国内市場は市場成長率が鈍化し、価格競争が激化している。このため、次なる巨大マーケットとして注目されるインド市場への展開が本格化してきている。現在のインド市場は、Samsung El.やAppleなどのグローバルメーカー、MicromaxやLava、Intexなどのインド地場メーカー、そして中国メーカーの三つの企業群が競合する状況にある。
    インド政府は「Make In India」のスローガンのもと、輸入関税の引き上げを進めている。これにより、中国メーカーはインド国内での生産を進めざるを得なくなっている。例えば、HuaweiやVivoは大規模な自社インド工場を検討、XiaomiやGioneeはFoxconnのインド工場への委託を検討、Lenovoは旧Motorolaと密接であったFlextronicsへの委託の検討などの動きがある。この他にも、One Plus(一加)やLeEco(楽視)などの新興中国ブランドも積極的なインド展開がみられる。
    これに対してインド地場メーカーは生き残りをかけ、インド消費者のリアルなニーズを取り込むことで、低価格かつコストパフォーマンスの高いスマートフォンを投入している。輸入関税の引き上げは、インド地場メーカーにも影響しており、これまでの中国(主に深セン)でのODMから、インド国内での自社設計、自社生産にシフトし始めている。
  • スマートフォン業界の状況は、2015年1月に刊行した2015年版から大きく様変わりした。中国市場では、主要プレーヤーの入れ替わりが進み、メーカー間での勝敗が明確化してきた。インド市場は当初の期待ほど市場成長していないが、中国以上の低価格化競争が要求されており、既に厳しい競争が繰り広げられている。
    • 中国、それに続く巨大マーケット・インドにおいて、日系デバイスメーカーに商機はあるのか?
    • それはいつ、どこに、どのような形で存在するのか?
    本調査資料は、これらの点を明らかにすることで、関係各位の事業戦略の立案・展開にあたり役立つものと確信する。
−調査内容−
1. スマートフォンメーカーの個別事例研究
  • 中国スマートフォンメーカーの販売規模、製品戦略、将来性など含めて、最新情報を調査・分析します。
  • インドスマートフォンメーカーの現地での競合状況、生産・設計委託関係、調達体制などを中心に調査・分析します。
中国スマートフォンメーカーの事例研究(12社)
1) Huawei(華為)
2) Xiaomi(小米)
3) Lenovo(聯想)
4) Oppo(欧珀)
5) Vivo(歩歩高)
6) Meizu(魅族)
7) ZTE(中興)
8) Coolpad(酷派)
9) Gionee(金立)
10) TCL/Alcatel
11) LeEco(楽視)
12) One Plus(一加)
インドスマートフォンメーカー/EMSの事例研究(10社)
インド地場メーカー
1) Micromax
2) Karbonn
3) Spice
4) Lava
5) Intex
6) Ringing bells
7) Videocon
8) Creo
1)〜8)より本調査資料を御予約いただいた御客様の要望の多い5社を選定します。
グローバルブランドとEMSのインド工場
1) Samsung El.
2) Foxconn
3) Flextronics
4) BgM
5) 中国系デザインハウス など
個別事例研究の調査項目 対象企業群により調査項目を一部変更することがあります。
1) 各スマートフォンメーカーの概要
(1) 基本情報(事業拠点、従業員数、資本関係)
(2) スマートフォン出荷数量の推移・予測
2) スマートフォンの製品ロードマップ戦略
(1) 2016年におけるスマートフォンの最新展開状況
(2) 価格帯グレード別スマートフォンの出荷数量推移
3) ターゲット市場(国内/海外)と販売チャネル戦略
4) 設計/開発/製造拠点/製造委託の外注関係
5) 取り扱いスマートフォンから見る製品戦略
(1) 2016年以降に投入された最新端末の一覧
(2) スペック分析(CPU/LCD/メモリー/サイズ/重量など)
6) 採用デバイス部材の採用動向
2. キーデバイスの最新市場動向
  • 中国、インドのスマートフォンが搭載しているキーデバイスを、主要メーカーの視点から調査・分析することで、中国やインドのスマートフォン市場・業界のトレンド、ニーズ、プロダクトマップを明確化し、日系デバイスメーカーの商機を探ります。
1) チップセット(ベースバンドプロセッサー、アプリケーションプロセッサー)
  • 海外仕様を意識した4G通信の多バンド化
  • 内製チップセット(Hisiliconなど)採用拡大
  • Qualcomm と MediaTekとその他の競合
  • 4G/4G、4G/3Gデュアル待ち受け対応
(1) 主要ベンダーの一覧
Qualcomm、MediaTek、Spreadtrum、Leadcore、Marvell、Intel、HiSiliconなど
(2) 主要端末メーカーへの供給関係
(3) 主要製品のスペック/コスト比較
(4) 製品ロードマップと中国市場の特徴
2) メモリー(NAND、DRAM)
  • DRAM容量のさらなる拡大、6〜8GBへ
  • 内蔵ストレージ大容量化、3D-NAND採用
(1) 主要ベンダーの一覧
Toshiba、Sandisk、Samsung El、SK Hynix、Micronなど
(2) 主要端末メーカーへの供給関係
(3) 主要製品のスペック/コスト比較
(4) 製品ロードマップと中国市場の特徴
3) ディスプレイ(LCD、AMOLED)
  • OLED採用拡大と中国産OLEDの量産化
  • ベゼルレスや曲面化、大型化と高精細化
  • インセル/オンセル標準化、感圧タッチ対応
  • TDDI対応など、さらなる低コスト化の進展
(1) 主要ベンダーの一覧
Sharp、JDI、Samsung Display、LGD、AUO、Innolux、CPT、BOE、Tianma、Truly、CSOTなど
(2) 主要端末メーカーへの供給関係
(3) 主要製品における搭載動向
(4) 製品ロードマップと中国市場の特徴
4) カメラ(センサー、モジュール)
  • 「iPhone」へのデュアルカメラ搭載の影響
  • サブカメラの高画素化、広角レンズの採用
(1) 主要ベンダーの一覧
Sharp、Toshiba、SEMCO、Samsung El、LG Innotek、Foxconn、Sunny、Trulyなど
(2) 主要端末メーカーへの供給関係
(3) 主要製品における搭載動向
(4) 製品ロードマップと中国市場の特徴
5) その他(新規追加機能の注目デバイス・材料)
その他のデバイスは、調査の過程で判明した注目デバイス・材料、本調査資料を御予約いただいた御客様の要望の多いデバイス・材料を選定します。
  • 指紋センサーの低価格帯への採用拡大
  • イヤホンジャックと無線化、ハイレゾ音楽
  • Type Cコネクタの採用、急速充電の対応
  • スマート家電との連携、IoT(物聯網)対応
(1) 該当デバイスに関連するメーカーの一覧
(2) 主要端末メーカーへの供給関係
(3) 主要製品における搭載動向
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
中国・インド携帯電話メーカーの最新動向調査(2017年)

頒価
200,000円+税

発刊日
2017年03月28日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 220,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      追加費用 200,000円+税
      合計金額 400,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ