◆マルチクライアント調査レポート:2012年04月27日発刊

2012 ミラーレス一眼カメラ市場の将来展望・事業戦略調査

ミラーレス一眼カメラのポテンシャルと各社の取り組みを徹底分析
−調査の背景−
  • デジタル技術や光学技術の発展に伴って、様々な種類のデジタルカメラが市場に投入されている。1980年代にはフイルムを電子に置き換えたデジタルカメラが開発され、フイルムカメラの市場を急速に置き換えた。一眼レフカメラも同様にデジタル化が進んだ。
  • デジタル一眼レフカメラ(DSLR)は、コンパクトDSCに比べて光学部品やメカ部品が多いことが特徴である。コンパクトDSCはOEMやODMの増加により、大手ブランドメーカー以外のメーカーも参入しており、価格競争が激しくなっている。一方、DSLRはミラーの制御技術や駆動技術、プリズムの設計・製造に高い技術力が要求され、限られたメーカーが参入している状態である。
  • 利益率の高いDSLRはソニーやパナソニック等の電機系カメラメーカーにとっても魅力的なマーケットのため、共同開発や光学メーカーの買収などを経てDSLRを投入したが、ブランド力及び技術力のある大手光学メーカーからシェアを奪うことが難しい状態が続いてきた。
  • こうした中、2008年にミラーボックスや光学ファインダ部分を取り除いたミラーレス一眼カメラが投入された。DSLRに迫る画質でレンズ交換ができ、小型軽量という特徴のミラーレスカメラは、日本やアジアで市場に受け入れられ始めており、世界的な広がりが期待されている。
  • 主に電機メーカー主導で牽引されているミラーレス一眼カメラ市場だが、2011年から2012年にかけて相次いで光学メーカーが参入する等、市場が活性化している。また、採用するイメージセンサのサイズや製品コンセプトも各社各様で、各メーカーの特徴が色濃く出ている市場となっており、各社の事業戦略や将来を見据えたマーケティングが重要になっているところである。
  • 本調査レポートが関係各社の今後の事業戦略立案にあたり一助となれば幸いである。
−調査目的−
  • 本レポートでは、ミラーレス一眼カメラの競合・棲み分けの分析、交換レンズの市場動向、及び参入各社の戦略動向などを明らかにすることを目的とした。
−調査対象−
1) デジタルカメラ
(1) ミラーレス一眼カメラ
(2) デジタル一眼レフカメラ(DSLR)
(3) コンパクトDSC
(4) スマートフォンカメラ
(5) デジタルビデオカメラ(DVC)
2) 交換レンズ
(1) DSLR用交換レンズ
(2) ミラーレス機用交換レンズ
−目次−
I. 総括編(1)
1. ミラーレス一眼カメラ市場の概況(2)
1) 各種撮像機器とミラーレス一眼カメラの比較(2)
2) 市場投入機〜現状までの変遷(2)
3) 各種イメージング機器との競合・棲み分けについて(3)
4) 参入メーカーのポジショニング(6)
5) 各参入メーカーの戦略整理(7)
2. キー部品の動向(EVF・フラッシュなど)(8)
1) EVF搭載の搭載動向(8)
2) フラッシュ搭載・非搭載製品別市場規模推移・予測(2008年〜2015年)(9)
II. 市場編(10)
1. ボディ編(11)
1) 各種イメージング機器のワールドワイド市場規模推移・予測(2008年〜2015年)(11)
2) メーカーシェアマトリクス(2011年実績、2012年見込)(12)
3) ミラーレス一眼カメラ・デジタル一眼レフカメラ(13)
4) コンパクトDSC(20)
5) スマートフォン(23)
2. 一眼カメラ用交換レンズ市場の概況(27)
1) ワールドワイド市場規模推移・予測(2008年〜2015年)(27)
2) メーカーシェア(2011年実績、2012年見込)(28)
3) 種類(標準・広角ズーム、広角、単焦点、望遠、マクロ、その他)別市場規模推移・予測(2008年〜2015年)(31)
4) 製品トレンド・今後の方向性(33)
III. 企業事例編(35)
カメラメーカー個票(8社)(36)
−共通調査項目−
1) 企業プロフィール
2) デジタルカメラ関連事業の概要
3) 事業の強み・基幹部品の内製状況(グループ会社含む)
4) 事業の状況(2009年〜2012年)
5) レンズ交換型カメラ製品ラインアップ
6) 地域別販売台数(2011年実績)
7) 主要モデル別出荷台数(2011年実績)
8) 製品戦略・今後の新製品戦略
9) 営業・販売体制
10) オプション・アクセサリーの販売方針・今後の方向性
レンズメーカー個票(3社)(116)
−共通調査項目−
1) 企業プロフィール
2) 交換レンズ関連事業の概要
3) 事業の強み・基幹部品の内製状況(グループ会社含む)
4) 事業の状況(2009年〜2012年)
5) 種類別販売台数(2011年実績、2012年見込)
6) 地域別販売台数(2011年実績)
7) 交換レンズ製品ラインアップ
8) 製品戦略・今後のラインアップ戦略
9) 技術動向
10) 地域別製品・販売戦略・営業体制
11) 生産拠点(若しくは開発・生産拠点)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2012 ミラーレス一眼カメラ市場の将来展望・事業戦略調査

頒価
209,000円(税抜 190,000円)

発刊日
2012年04月27日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
138ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 220,000円(税抜 200,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ