◆市場調査レポート:2010年03月29日発刊

データセンタビジネス市場調査総覧 2010年版

クラウドコンピューティングサービスにおけるデータセンタの役割及び共存ビジネスのあり方
−調査の背景−
  • データセンタビジネス市場は従来、「ユーザーセンタのファシリティ面の限界」「ユーザー側のIT運用ノウハウの限界」「コンソリデーション(サーバ統合)」「日本版SOX法施行」等の要因で拡大してきた。
  • しかし、2008年後半より続く経済情勢の悪化は右肩上がりで成長してきたデータセンタ市場においても「案件の凍結/先送り」「サービス契約内容の見直し」「サービス価格の値下げ要求」といった影響を与えている。特に「サービス価格の値下げ要求」の影響が今なお当該市場に負の影響を強く与えており、背景としては経済情勢の悪化だけではなく過剰な建設ラッシュの反動によって供給が需要を上回ったことも要因として挙げられる。
  • 「コスト削減への対応」、データセンタ市場は今このキーワードを主体として動いているが、各事業者はデータセンタの稼働率を高めることを優先するあまり収益が低下しつつある。しかしそうした苦境の中で、コスト削減を追い風としたサービスとして「クラウドコンピューティング」へと活路を見出そうとした動きも見られ始めている。「クラウドコンピューティング」は単なるコスト削減要求に応える為のサービスではなく、システムの在り方そのものを変える可能性を秘めていることから、データセンタ事業者のみならず、ITを取り巻く全事業者が関心を寄せている。
  • ファシリティ面では、データセンタではIT機器の高密度化を背景とした電力不足が深刻化する一方で、エネルギーの削減義務化を綴った東京都環境確保条例が2010年度より適応予定であることから、データセンタ業界は高電力需要への対応と省エネ化といった、相反する課題に如何に対応するか、各事業者は頭を悩ませている。
  • 「クラウドコンピューティング」「電力不足」「省エネ化」、データセンタビジネスはこれら課題に如何に取り組んでいくかが今後のビジネス拡大のポイントとなろう。市場のトレンドをいち早く掴み、ノウハウの蓄積やサービスへ還元ができれば、同市場での競争優位にも結び付けられよう。
  • 当該ビジネスの参入事業者に関しては、新たなビジネスチャンスや新潮流への対応のために市場動向の研究や分析を実践する不断の努力が必要であり、各位のマーケティング活動において、当レポートが多様化するデータセンタビジネスでの関連製品やサービス市場分析、更にはデータセンタリューションの方向性を明確化する一助となることを願うと同時に、今後のマーケティング戦略立案の基礎データとして大いに活用されることを切に望むものである。
−調査目的−
  • データセンタビジネスのサービス市場動向、市場占有率、参入企業などを調査することで個々のサービスの傾向を分析・把握し、市場トレンドの方向性を明確化すると共に、データセンタ事業に参入しているベンダの企業戦略分析を行い、データセンタビジネスにおける今後の方向性を把握することを目的とした。
  • 関連市場を掘り下げると共に、データセンタビジネスに係わる企業の事業戦略、ビジネスモデルなどを検証することで、当該市場における優位性を確保するためのマーケティング戦略立案の基礎データを提供することを目的とした。
−調査対象−
データセンタサービスサービス(7品目)
データセンタ施設におけるファシリティ/ハードウェア/ソフトウェア製品(9品目)
データセンタサービスベンダ(34社)
コンピュータベンダ/SI企業(19社)
キャリア及びキャリア子会社(6社)
データセンタ特化型(ファシリティ)(2社)
データセンタ特化型(サービス)(7社)
調査対象先の選定にあたっては、各カテゴリの売上上位企業を選定した上で調査を実施し、その調査過程で主要な事業者の把握を行い調査対象とした。
−目次−
I. 総括編
1. データセンタビジネス市場の展望(3)
1) 市場展望(3)
2) データセンタ市場拡大/阻害要因(3)
3) 市場多角分析(3)
4) ハウジング価格動向(3)
2. データセンタ業界構造(5)
1) 参入ベンダカテゴリ及び定義(5)
2) ベンダカテゴリ別参入企業(5)
3) 主要ベンダのポジショニング(5)
4) ベンダカテゴリ別特徴(13)
3. 市場規模推移(多角分析)(14)
1) ベンダカテゴリ別(14)
2) ユーザー業種別(15)
3) ユーザー規模別(16)
4) ソリューション別(17)
5) 地域別(18)
4. データセンタのサービス面積推移(19)
1) 総床面積/サーバルーム面積推移(19)
2) 地域別総床面積/サーバルーム面積推移(21)
3) 増床形態別推移(22)
4) 主要ベンダの増築/増床計画(23)
5) 地域動向(25)
5. データセンタビジネスの取り巻く環境(26)
1) グリーン化の取り巻く環境(26)
2) データセンタファシリティの取り巻く環境(29)
3) クラウドコンピューティングの取り巻く環境(31)
6. ハウジング価格動向(34)
1) 全体(34)
2) 都心の動向(35)
3) 首都圏の動向(35)
4) 大阪の動向(36)
5) その他地域の動向(36)
6) 主要事業者ハウジング価格一覧(37)
7. 海外データセンタの動向(40)
8. 設備投資動向について(43)
1) 全体(43)
2) ファシリティ(44)
3) ハードウェア(45)
4) ソフトウェア(46)
II. 集計編
1. 2009年サービス売上ランキング(49)
1) 全体売上ランキング(49)
2) ホスティング(基本/アウトソーシング)売上ランキング(50)
3) ハウジング(基本/アウトソーシング)売上ランキング(51)
4) 基本サービス売上ランキング(52)
5) ホスティング(基本)売上ランキング(53)
6) ハウジング(基本)売上ランキング(54)
7) アウトソーシング売上ランキング(55)
8) ホスティング(アウトソーシング)売上ランキング(56)
9) ハウジング(アウトソーシング)売上ランキング(57)
2. 2009年ソリューション売上ランキング(58)
1) 基幹系システム売上ランキング(58)
2) 情報系システム売上ランキング(59)
3) インターネットサービスシステム売上ランキング(60)
4) BCP/DRシステム売上ランキング(61)
3. 2009年業種別売上ランキング(62)
1) 製造業向け売上ランキング(62)
2) 金融業向け売上ランキング(63)
3) 流通/サービス業向け売上ランキング(64)
4) 公共向け売上ランキング(65)
5) ISP向け売上ランキング(66)
4. 2009年企業規模別売上ランキング(67)
1) 大規模企業向け売上ランキング(67)
2) 中規模企業向け売上ランキング(68)
3) 小規模企業向け売上ランキング(69)
5. データセンタサービス提供企業一覧(70)
III. サービス市場編
(A−01) ホスティング(81)
(A−02) ハウジング(85)
(B−01) 共同利用(88)
(B−02) SaaS(91)
(C−01) ファシリティ(93)
(C−02) 通信回線サービス(95)
(C−03) マネージドサービス(96)
IV. データセンタにおける投資動向編
(A−01) サーバ(101)
(A−02) ストレージ(106)
(A−03) ルータ/スイッチ(111)
(A−04) UTM(118)
(B−01) ウイルス対策ツール(122)
(B−02) 運用管理ツール(126)
(B−03) 仮想化ソフト(131)
(C−01) 空調機器(134)
(C−02) UPS(138)
V. 企業個票編
個票の見方(145)
(A−01) 伊藤忠テクノソリューションズ(146)
(A−02) インテック(150)
(A−03) NECネクサソリューションズ(154)
(A−04) NTTコムウェア(158)
(A−05) NTTデータ(162)
(A−06) キヤノンITソリューションズ(166)
(A−07) CSK-ITマネジメント(170)
(A−08) 新日鉄ソリューションズ(174)
(A−09) 住商情報システム(178)
(A−10) TIS(182)
(A−11) 日本アイ・ビー・エム(186)
(A−12) 日本電気(190)
(A−13) 日本ユニシス(194)
(A−14) 野村総合研究所(198)
(A−15) 日立情報システムズ(202)
(A−16) 日立製作所(206)
(A−17) 富士通(210)
(A−18) 富士通ビジネスシステム(214)
(A−19) 三菱電機情報ネットワーク(218)
(B−01) NTTコミュニケーションズ(222)
(B−02) KDDI(226)
(B−03) KVH(230)
(B−04) ソフトバンクテレコム(234)
(B−05) 西日本電信電話(238)
(B−06) 東日本電信電話(242)
(C−01) アット東京(246)
(C−02) ビットアイル(250)
(D−01) インターネットイニシアティブ(254)
(D−02) NECビッグローブ(258)
(D−03) NTTPCコミュニケーションズ(262)
(D−04) さくらインターネット(266)
(D−05) GMOホスティング&セキュリティ(270)
(D−06) ブロードバンドタワー(274)
(D−07) リンク(278)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
データセンタビジネス市場調査総覧 2010年版

頒価
97,000円+税

発刊日
2010年03月29日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
281ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 107,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ