◆市場調査レポート:2006年07月14日発刊

2006 最先端エレクトロニクスプロダクトロードマップ

10年後のデジタル家電・通信と技術/部品の将来像
激変する市場環境の変化への考察
−調査の背景−
  • デジタル家電は半導体の技術革新を背景に目覚しい発展を遂げてきました。ネットワークで製品間の障壁をなくし、シナジー効果がもたらす利益は経済発展に大きく寄与しています。技術革新において最も恩恵を受けたものが通信分野です。ワイヤレス通信は従来の通信で必要とされていた通信機(公衆電話)を探す時間と手間を省けるようなりました。さらにカメラとの連動性を強め、聴覚から視覚へと転じ、機能サイドからのマーケティングの可能性を飛躍的に高めました。
  • かつて子供の頃に描いていた近未来が現実的なものとなっていることにどれだけの人間が気づいているか興味の出るところです。例えば、携帯電話では通話している人間の距離を縮め、画像通信により通話、相手が隣にいる感覚をもたらします。さらには記録デバイスの進歩により「タイムシフト」が起こり、視聴者による受動的消費者行動から能動的な消費者行動へと移り変わりを見せています。セット機器や部品の進化は生活を一変させるようになります。
  • 半導体の進歩は日進月歩で改善が行なわれています。従って、それに伴うデジタル家電の性能は依然ものすごい勢いで変化を遂げています。トランジスタの数が18ヶ月で倍増する「ムーアの法則」は有効性を失っておらず、今後も半導体の進歩は続いていくと見られます。そして半導体のみならず、光学部品、記憶媒体などの重要性も高まっており、総合的な部品の進化がデジタル家電に大きな影響を及ぼすことは間違いないと思われます。
  • 現在のデジタル家電像が実現可能になると10年前予測した人はほとんどいないと思われます。現状の認識だけでも困難な現在、10年後の未来を予測することは、容易ではありません。そのような10年後のデジタル家電の未来像を本レポートに凝縮し、各セット機器の可能性を示しました。今、考えうる将来の製品像、そしてその際に使用される部品をセットメーカー、部品メーカーに取材を行ない、分析を遂行することで本調査に反映させました。ボラティリティが高いと言われるデジタル家電業界で、未来を予測すると行った困難なテーマに挑戦し、現状重視の風潮に一石を投じることが出来たレポートに仕上がっております。不透明な市場で御社の事業戦略の一環として役立てていただければ幸いです。

−調査目的−
  • 本調査資料は、2015年のデジタル機器の将来像を描き、そこに搭載される部品の変化と部品の搭載数量についての調査、分析を行なった。そこで、電子部品材料事業を展開する上で有益な情報を提供することを目的とした。

−調査対象品目−
1. AV関連機器6品目
2. PC関連機器2品目
3. ポータブル機器2品目
4. アミューズメント関連機器1品目
5. 自動車関連機器1品目
合計12品目

−目次−
I. 総括編(1)
1. 先端電子機器製品の将来予測(3)
2. 搭載員数動向(7)
3. 搭載部品動向(9)
4. 先端機器別ロードマップ(11)
1) LCDTV(11)
2) PDPTV(15)
3) リアプロジェクションTV(19)
4) DSC(23)
5) カムコーダ(27)
6) DVD(31)
7) PC(35)
8) 携帯電話(39)
9) ポータブルAV機器(43)
10) 家庭用ゲーム機(47)
11) カーナビゲーションシステム(51)
II. 集計編(55)
1. セット機器別の生産動向(57)
2. セット機器別部品数推移(59)
3. メーカーシェア(82)
4. 価格動向(84)
5. 技術動向(86)
III. 個票編(95)
1. LCDTV(97)
2. PDPTV(110)
3. リアプロジェクションTV(121)
4. DSC(134)
5. カムコーダ(145)
6. DVD(156)
7. デスクトップPC(168)
8. ノートPC(180)
9. 携帯電話(191)
10. ポータブルAV機器(202)
11. 家庭用ゲーム機(213)
12. カーナビゲーションシステム(225)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2006 最先端エレクトロニクスプロダクトロードマップ

頒価
97,000円+税

発刊日
2006年07月14日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
237ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ