◆市場調査レポート:2005年06月02日発刊

世界AV機器メーカー調査総覧

日系メーカーのAV機器生産体制/主要部材調達〜中国・台湾・韓国等の海外メーカーの事業展開を調査
−調査の背景−
  • AV機器メーカーにおいては、成熟化が進む日米欧の市場に留まらず、世界規模での事業展開を図ることが市場で勝ち抜く為に必須となっている。また、世界市場での事業拡大においては、中国/台湾/韓国等のアジア系企業の事業拡大が注目されている。これらメーカーでは従来、日米欧のAV機器メーカーのOEM受託生産と国内市場での自社ブランドによる販売から、世界市場向けを意識した事業展開にシフトしている。近年は自社ブランドによる海外市場進出にも注力している。

  • デジタル化が進むAV製品においては、薄型TV/DVDレコーダー/HDD・シリコンオーディオ等の成長が期待される製品が数多く見られており、世界のAV機器メーカーの注力度が総じて高まっている。日米欧を中心とした先進国市場では、従来のアナログ製品からデジタル製品へのリプレイス市場が本格化している。中国、東南アジア、東欧、南米、中近東などは新たに市場形成が見込める地域として、日米欧のメーカー以外に中国/韓国/台湾企業の進出も相次いでいる。

  • 生産面においては、AV機器メーカー各社とも、主要各社は自社の強みを生かした製品の開発〜生産体制に特化する傾向も見られている。その中でアジアメーカーとの製品供給補完関係の構築など、幅広い形での国を超えた企業間提携も増加している。日米欧のメーカーでは、欧米市場での生産拠点再編の動きも見られており、中国を中心としたアジア市場での生産集約/増強が進んでいる。また、中国/台湾メーカーが、東欧/南米の生産拠点としての進出も開始している。中国を中心とした東欧/南米が今後の三大生産拠点として成長が進むと見込まれる。また、コスト削減を含めた現地調達率の拡大等、ワールドワイドでの主要部材の調達体制の見直しも進んでいる。

  • 今回対象としたメーカーにおいては、日系/欧米メーカーによる中国市場での生産拠点増強、OEM/EMSによる中国メーカーへの生産移管がTV以外の幅広い製品で拡大が見られ、自社生産を成長が期待される製品に絞り込む傾向が鮮明となった。中国/台湾メーカーではOEM受託による生産・販売体制からの脱却を図り、日米欧メーカー等との共同開発を実施するなど自社ブランドによる海外進出に対する勢いも感じられている。韓国メーカーにおいては、LCDを中心とした表示パネルの自社開発強化による世界市場でのNo.1ブランドとしての地位確立を目指す動きも強まっている。

  • 当調査では、世界のAV機器メーカー50社を対象とし、各社の世界市場での生産・販売動向/製品化トレンド/部材調達・OEM供給動向をポイントに調査を実施した。更に国内メーカー25社については主要製品の地域別販売動向、海外メーカーについてはAV事業全体での地域別販売シェアの調査を実施し、AV機器メーカーの世界市場における事業展開並びに事業戦略の把握を行なった。

  • 当調査資料は、デジタル化が進むAV機器業界を対象とし、世界の主要メーカー50社の生産〜販売に至る一連の事業展開を把握することにより、AV関連製品並びに関連部材に関わる各企業の製品開発〜生産・販売戦略立案における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作したものである。


−調査目的−
  • 本調査資料は、デジタル化が進むAV機器業界を対象とし、世界の主要メーカー50社の生産〜販売に至る一連の事業展開を把握することにより、AV機器並びに関連部材に関わる各企業の製品開発〜生産・販売戦略立案における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作したものである。


−調査対象−
対象企業

A. 日系メーカー(25社)
B. 中国メーカー(9社)
C. 台湾メーカー(8社)
D. 韓国メーカー(5社)
E. その他(3社)
計50社

 下記製品のうち、各社主要製品のみを対象。

対象製品

1. TV
1)CRT-TV
2)LCD-TV
3)PDP-TV
4)プロジェクションTV

2. 録画/再生機器
1)VTR
2)DVDプレーヤー
3)DVDレコーダー

3. 音響機器
1)ホームシアターシステム
2)システムコンポ
3)CD/MD/カセットデッキ
4)ラジカセ

4. ポータブルAV機器
1)ポータブルDVDプレーヤー
2)ポータブルCDプレーヤー
3)ポータブルMDプレーヤー
4)HDD/シリコンオーディオ

5. 入力/撮像機器
1)デジタルスチルカメラ
2)デジタルビデオカメラ

6. その他AV機器・ホームプロジェクター

−目次−
I. 総括編(1)

1. AV関連製品市場の世界市場概要(3)
1)調査目的(3)
2)AV製品の世界市場における出荷動向(3)
3)調査対象50社の地域別生産/販売動向(4)
4)部材調達/OEM供給の現状と方向性(5)
5)AV機器の世界市場における事業展開の方向性(5)

2. 業界構造(7)

3. 世界の上位AV機器メーカー6社のAV事業展開と今後の事業戦略(9)
1)ソニー(9)
2)松下電器産業(11)
3)LG Electronics(13)
4)SAMSUNG Electronics(15)
5)Royal Philips Electronics(17)
6)TCL(19)

4. 主要AV機器別世界市場動向(21)
1)TV(21)
2)録画・再生機器(24)
3)音響機器(27)
4)入力・撮像機器(29)
5)ポータブルAV機器(31)

5. メーカー各社の取り組み状況(33)
1)企業/カテゴリ別生産・販売拠点(33)
2)対象企業各社の2004年のAV機器販売規模(世界市場:金額)(39)
3)主要製品別事業展開動向(43)

6. 製品化動向(48)
1)TV(48)
2)録画・再生機器(49)
3)音響機器(49)
4)ポータブルAV機器(50)
5)入力・撮像機器(50)

7. 主要AV機器の地域別販売動向(51)
1)TV(51)
2)録画・再生機器(55)
3)音響機器(58)
4)ポータブルAV機器(61)
5)入力・撮像機器(64)

8. AV機器メーカーの事業展開(66)
1)日系/海外メーカーのAV事業比較(66)
2)主要部材調達動向(67)
3)生産計画/目標、およびOEM供給動向(68)

9. 今後の方向性(71)
1)生産面(71)
2)販売面(72)

10. 対象各社のAV機器製品展開状況(73)

II. 個別企業編(75)

A. 日系メーカー(77)
A-1. 三洋電機(株)(79)
A-2. シャープ(株)(84)
A-3. セイコーエプソン(株)(88)
A-4. ソニー(株)(93)
A-5. (株)東芝(99)
A-6. 日本ビクター(株)(104)
A-7. パイオニア(株)(108)
A-8. (株)日立製作所(113)
A-9. 松下電器産業(株)(118)
A-10. 三菱電機(株)(125)
A-11. オリオン電機(株)(130)
A-12. 船井電機(株)(134)
A-13. オリンパスイメージング(株)(139)
A-14. カシオ計算機(株)(143)
A-15. キヤノン(株)(147)
A-16. コニカミノルタフォトイメージング(株)(151)
A-17. (株)ニコン(155)
A-18. 富士写真フイルム(株)(159)
A-19. (株)オーディオテクニカ(163)
A-20. オンキヨー(株)(167)
A-21. (株)ケンウッド(171)
A-22. ティアック(株)(175)
A-23. (株)ディーアンドエムホールディングス デノンブランドカンパニー(179)
A-24. (株)ディーアンドエムホールディングス マランツブランドカンパニー(183)
A-25. ヤマハ(株)(187)

B. 中国メーカー(191)
B-1. Amoi Electronics Co.,Ltd.(夏新電子)(193)
B-2. Changhong Electric Co.,Ltd.(四川長虹)(197)
B-3. Hisense Electric Co.,Ltd.(青島海信電器)(202)
B-4. KONKA GROUP CO.,LTD.(康佳集団)(206)
B-5. Qingdao Haier Co.,Ltd.(青島海爾)(210)
B-6. Skyworth Digital Holdings Co.,Ltd.(創維)(214)
B-7. SVA (Group) Co.,LTD(上海広電)(218)
B-8. TCL Corp.(TCL集団)(222)
B-9. Xoceco(厦華)(226)

C. 台湾メーカー(231)
C-1. BenQ Corporation(明碁電通)(233)
C-2. Coretronic Corp.(中強光電)(238)
C-3. Delta Electronics,Inc.(台達電子)(243)
C-4. Lite-On Technology CORP.(光寶科技)(247)
C-5. Premier Image Technology Corp.(普立爾)(252)
C-6. Sampo Corporation(声宝)(257)
C-7. TATUNG COMPANY.(大同)(261)
C-8. TECO Electric&Machinery Co.,Ltd.(東元電機)(265)

D. 韓国メーカー(269)
D-1. COWON SYSTEMS,Inc.(271)
D-2. Daewoo Electronics Co.,Ltd.(大宇電子)(275)
D-3. LG Electronics Inc.(LG電子)(279)
D-4. ReignCom Limited.(iriver)(283)
D-5. SAMSUNG Electronics Co.,Ltd.(三星電子)(287)

E. その他(293)
E-1. Bose Corporation(295)
E-2. Royal Philips Electronics(299)
E-3. Thomson/RCA(304)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
世界AV機器メーカー調査総覧

頒価
97,000円+税

発刊日
2005年06月02日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
307ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ