◆市場調査レポート:2004年01月23日発刊

2004年 プラスチック建材の現状と将来展望

高機能化・高性能化により市場拡大を目指すプラスチック系建材、
建材用注目プラスチック材料の最新動向徹底分析
−調査の背景−
  • 日本の建設市場は、長期的な低迷期にあり民間建設投資の縮小と公共投資の削減により、1997年以降、縮小傾向で推移している。1992年度に84兆円に達した建設投資は、2002年度には、56兆5,000万円まで低下している。

  • その中で、建設ストックをリニューアルすることで、長期利用を可能にする対応が増加傾向を示しており、建設投資に占めるリニューアル工事のウェイトが拡大してきている。また、屋上緑化のような新市場の創出や、省エネ・省資源対策、IT化、生活空間の快適性向上などに対応した建設技術の開発、建設材料の高機能化/高性能化が進展している。

  • 今回調査対象としたプラスチック建材製品46品目のトータル市場規模は2003年実績で約9,180億円規模に達している。

  • こうした市場環境の中で、プラスチックは軽量性、耐食性、低コスト等の特性による建設コスト低減に資するとともに、それぞれ独自の機能を活用した新製品開発も進められており、他素材からの代替や新規需要開拓により、需要増加が進んでいる商品も多くみられる。

  • 当資料では、プラスチック製建材の方向性を汎用製品及び成長が見込まれる注目商品の動向を追うことで明確化し、既参入企業や新規参入を検討している企業のマーケティング戦略のベースとなるデータを提供することを目的としております。

  • また、今回は、新たに注目材料編を設け、建材市場向けの素材供給ビジネスの拡大及び新規参入を目指している企業のマーケティング戦略においても、ご活用いただける内容となっております。

−調査目的−
  • 本資料は、主に住宅内装・外装材や断熱材、配管材料、土木材料等の建築分野で使用されるプラスチック製品を対象として材料、技術動向の変遷、及び、これらに対する要求特性とその対策を調査するとともに、需要動向、メーカー動向を把握し、建築分野における注目材料市場の国内における位置付け、方向性を明確化することを目的とした。

−調査品目−
壁・内装材料

プラスチック系床材(タイル、シート)、リノリウム床材、タイルカーペット、壁紙、内装用装飾シート、防湿気密フィルム、透湿防水シート(結露防止シート)、フィルムラミネート鋼板、フィルムラミネート合板、化学畳

屋根外装材料

塩ビ波板、ポリカーボネート板(波板・平板)、アクリル板、FRP板(波板、平板)、プラスチック雨樋、防水シート、透湿ルーフィング、樹脂サイディング材、保水性マット

開口部材

樹脂サッシ(外窓・内窓)、合わせガラス用中間膜、ウィンドウフィルム、

断熱材料

硬質ウレタンフォーム、押出発泡ポリスチレン板、フェノールフォーム、高発泡ポリエチレン系断熱材、 耐火発泡シート

配管材料

水道用樹脂管(PVC、PE)、架橋ポリエチレン管、ポリブテン管、ポリプロピレン管(継手含む)、下水用硬質塩ビ管、樹脂製排水ます、ガス用ポリエチレン管

住設機器・その他

樹脂製浴槽(FRP・人工大理石)、FRP製貯水槽、人工芝

土木材料・緑化資材

化粧用樹脂型枠、コンパネ用樹脂型枠、軽量盛土材(EPSブロック)、軽量混和材用発泡ビーズ、ジオグリッド、防根シート

注目材料

木粉入り合成木材、生分解性プラスチック、人工大理石

−調査ポイント−
1. 製品概要及び位置付け
2. 主要参入メーカー
3. 市場規模推移及び予測(2000年〜2007年予測)
4. 製品流通及び価格
5. メーカーシェア
6. 用途構成
7. 採用素材動向
8. 注目商品・技術
9. 環境対策
10. 市場特性・商品開発及び方向性

−目次−
()内は掲載ページ
I. 総合分析編(1)

1. プラスチック建材の位置付け(3)

2. プラスチック建材市場概要(4)
1)プラスチック建材市場規模推移及び予測(4)
2)高成長プラスチック建材の市場分析(7)

3. プラスチック建材採用素材状況(8)
1)樹脂別需要動向(8)
2)品目別採用素材状況(9)
3)建築材料に於けるプラスチックの位置付け(10)

4. プラスチック建材を取り巻くリサイクル事例(12)

II. 集計編(19)

1. 主要参入メーカー一覧(21)

2. 品目別市場規模推移及び予測(30)
1)市場規模推移及び予測(2000年〜2007年予測)(30)
2)市場伸長状況(金額ベース)(40)

3. 品目別メーカーシェア及び用途別ウエイト(2003年)(41)

4. 品目別価格動向(49)

5. 品目別注目技術・環境対策動向(50)

III. 品目別市場編(53)

壁・内装材料
1. プラスチック系床材(タイル、シート)(55)
2. リノリウム床材(60)
3. タイルカーペット(63)
4. 壁紙(66)
5. 内装用装飾シート(69)
6. 防湿気密フィルム(72)
7. 透湿防水シート(結露防止シート)(75)
8. フィルムラミネート鋼板(78)
9. フィルムラミネート合板(81)
10. 化学畳(83)

屋根・外装材料
11. 塩ビ波板(86)
12. ポリカーボネート板(波板・平板)(89)
13. アクリル板(93)
14. FRP板(波板・平板)(96)
15. プラスチック雨樋(99)
16. 防水シート(102)
17. 透湿ルーフィング(105)
18. 樹脂サイディング材(107)
19. 保水性マット(110)

開口部材
20. 樹脂サッシ(外窓・内窓)(113)
21. 合わせガラス用中間膜(118)
22. ウインドウフィルム(121)

断熱材料
23. 硬質ウレタンフォーム(124)
24. 押出発泡ポリスチレン板(127)
25. フェノールフォーム(130)
26. 高発泡ポリエチレン系断熱材(133)
27. 耐火発泡シート(135)

配管材料
28. 水道用樹脂管(PVC、PE)(136)
29. 架橋ポリエチレン管(139)
30. ポリブデン管(142)
31. ポリプロピレン管(継手含む)(145)
32. 下水用硬質塩ビ管(148)
33. 樹脂製排水ます(151)
34. ガス用ポリエチレン管(154)

住設機器・その他
35. 樹脂浴槽(FRP・人工大理石)(157)
36. FRP製貯水槽(162)
37. 人工芝(166)

土木材料・緑化資材
38. 化粧用樹脂型枠(169)
39. コンパネ用樹脂型枠(172)
40. 軽量盛土材(EPSブロック)(175)
41. 軽量混和材用発泡ビーズ(178)
42. ジオグリッド(179)
43. 防根シート(182)

注目材料
44. 木粉入り合成木材(184)
45. 生分解性プラスチック(187)
46. 人工大理石(192)

IV. 参考資料(関連法規)(195)
()内は掲載ページ
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2004年 プラスチック建材の現状と将来展望

頒価
97,000円+税

発刊日
2004年01月23日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
199ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ