◆市場調査レポート:2000年10月12日発刊

2000年 デバイス&コンポーネンツのクォータリー分析

Device & Component Quarterly Analysis/最新四半期(4Q)の分析と予測
−調査の背景−
  • Dog-yearという言葉が一般化しつつありますが、特に情報通信分野では変化が顕著であり、半年先のマーケットですら激変することが珍しくなくなりました。(従って、従来のような一年というスパンで市場規模等を云々することが無意味な時代になりました)

  • 日本の半導体メーカーは激変するマーケットを推測し、2000年から強気の設備投資を行っています。情報社会あるいはネットワーク社会が構築されると共に、情報通信分野は今後数年高成長が持続する業界として、展望されています。

  • 1998年まで低成長であった電子機器市場は1999年後半以降、PC(ノート型、デスクトップ型)、携帯電話、PDA(携帯情報端末)やゲーム機、DVDプレーヤなどのデジタル家電機器、進展するITS(高度道路交通システム)に対応するカーエレクトロニクス機器などが、急速に市場を回復し好調に推移する中、本資料はクォーター(四半期)ごとの動向に着目し、セット機器及びその中で、使用されているデバイス&コンポーネンツの種類と搭載個数などを明確化しようとするものです。

  • 当資料が関連企業の経営・企画・製造・販売・技術などマーケティング全般においてデータベースとしてご活用いただけるものと確信しております。

−調査目的−
  • 本調査は、今後成長が期待されるセット機器とその関連部品を対象に四半期(4Q)毎の市場及び技術、部品員数動向を調査・分析・予測することによって、当該製品のデータベース作成に役立つ基挺データの提供を目的とした。

−調査対象機器及び主要企業−
調査対象機器主要企業
1.デスクトップPCコンパック、IBM、NEC、富士通
2.ノートPC東芝、Quanta、富士通、NEC
3.PDA3Com、PSION、シャープ、HP
4.レーザープリンタキヤノン、セイコーエプソン、HP
5.インクジェットプリンタキヤノン、セイコーエプソン、HP
6.デジタルスチルカメラ三洋電機、ソニー、オリンパス光学
7.携帯電話(GSM)ノキア、モトローラ、エリクソン
8.携帯電話(CDMA)モトローラ、ノキア、クアルコム
9.携帯電話(PDC)松下通信工業、NEC、富士通
10.ルータシスコシステムズ、ノーテル、富士通
11.カラーテレビ松下電器産業、日立製作所、東芝
12.VTR松下電器産業、日本ビクター、ソニー
13.VTRカメラソニー、松下電器産業、シャープ
14.DVDプレーヤソニー、パイオニア、松下電器産業
15.ヘッドフォンステレオヘッドフォンステレオ
16.ポータブルCDシャープ、松下電器産業
17.ポータブルMDソニー、シャープ、アイワ
18.シリコンプレーヤソニー、松下電器産業、東芝
19.TVゲーム機ソニーコンピュータ・エンタテインメント、セガ、任天堂
20.カーナビゲーションシステム松下通信工業、アルパイン、アイシンAW

−調査項目−
  1. 製品概要

  2. メーカー一覧

  3. 2000年の詳細分析

  4. 生産台数推移と予測(2000年、2001年)

  5. 部品搭載平均個数

  6. 搭載部品生産予測

−目次−
()内は掲載ページ
I.総括(1)
  1. セット機器20品目の生産台数・伸長率によるポジショニング(3)

  2. セット機器生産台数の地域別動向(1999年〜2001年)(5)

  3. セット機器生産台数の四半期別ウェイト(1999年〜2001年)(25)

  4. セット機器生産台数の地域別ウェイト推移(1999年→2001年)(32)

  5. セット機器別主要搭載部品一覧(39)

  6. セット機器別電子部品の員数・技術動向(40)

  7. 主要セット機器の応用ブロック図の変化(45)
II.個票(51)
  1. コンピュータ&周辺機器関連(53)
    1. デスクトップPC(55)
    2. ノートPC(60)
    3. PDA(66)
    4. レーザープリンタ(72)
    5. インクジェットプリンタ(77)
    6. デジタルスチルカメラ(82)

  2. 通信機器関連(87)
    1. 携帯電話(GSM)(89)
    2. 携帯電話(CDMA)(94)
    3. 携帯電話(PDC)(99)
    4. ルータ(104)

  3. ビジュアル関連(109)
    1. カラーテレビ(111)
    2. VTR(116)
    3. VTRカメラ(121)
    4. DVDプレーヤ(126)
  1. オーディオ関連(131)
    1. ヘッドフォンステレオ(133)
    2. ポータブルCD(137)
    3. ポータブルMD(141)
    4. シリコンプレーヤ(146)

  2. その他(151)
    1. TVゲーム機(153)
    2. カーナビゲーションシステム(159)
()内は掲載ページ
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2000年 デバイス&コンポーネンツのクォータリー分析

頒価
97,000円+税

発刊日
2000年10月12日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
163ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ