◆最新市場調査レポート:2020年10月09日予定

人間拡張/遠隔テクノロジーの現状と将来展望 2021

社会課題の解決、Society 5.0社会実現に向け期待される「人間拡張テクノロジー」による新ビジネスの創出、技術トレンド(5G/AI関連など次世代通信/インターフェース)、市場予測
−調査の背景−
  • 「人間拡張(Human Augmentation)」とは、人間と機械やAI(人工知能)との一体化、センシング技術の活用、ネットワークとの融合により、人間の能力/機能/感覚などを拡張する(高める)ことを指す。衣服、靴、文具、眼鏡、自動車、PCやスマートフォンなど、あらゆる道具や機械は人間の能力を拡張しており、広義では人間拡張テクノロジーと言えるが、なかでもAI、情報技術、ロボット技術を組み合わせ、現実とデジタル空間(仮想現実)や身体と、機械とを融合することで、人間の能力を飛躍的に高める次世代の人間拡張テクノロジーに対する注目度が高まっている。
  • その背景として、少子高齢化や労働力不足など社会的な課題から、製造業における産業競争力の維持のほか、人手不足が叫ばれる医療・介護業界や労働者の高齢化が進む農業などでは特に有用であると考えられている。さらに、サイバー空間とフィジカル空間の融合による経済発展、社会的課題の解決を実現する未来社会「Society5.0」を実現していくうえでの中核技術の一つとしても期待されている。
  • すでに遠隔会議/講義/診断をはじめとする存在の拡張として、遠隔操作や遠隔観光/体験といったサービス/ソリューションなど広がりをみせている。また、身体機能を高めるパワーアシストスーツ、スマート衣類、ロボット、脳や認知機能を高めるHMD/スマートグラス(AR/VR)、ブレインマシンインターフェース、パーソナルAIなど身体/知覚/認知の拡張としても製品化が相次いでおり、すでにモノづくりとしてのプロダクトビジネスにとどまらないデータビジネス/サービスへと広がっている。今後も技術開発/進展により、人間拡張テクノロジーを活用したさまざまな製品、サービスが創出されていくものと予測される。
  • 本市場調査資料は、「人間拡張」によりさらなる効率化/高付加価値、新ビジネスの創出が期待される関連サービス/ソリューションのほか、「人間拡張」を実現するための認識テクノロジー、製品(機器/システム)およびキーデバイスを対象とし、市場動向、製品化/技術動向、参入企業動向、今後の方向性などを調査/分析することで、関連企業における今後の事業戦略立案や事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作するものである。
−調査対象−
人間拡張(Human Augmentation)
  • 人間と機械やAIとの一体化、センシング技術の活用、ネットワークとの融合により、人間の能力を拡張させるテクノロジー
次世代の人間拡張テクノロジーとして、AIや情報技術、ロボット技術を組み合わせ、人工的なデジタル空間(仮想現実)や、身体と機械の融合により、人間の能力/機能/感覚を拡張させる機器/デバイス/ソリューションを対象。
拡張の種類
拡張の種類概要
身体の拡張(Physical)身体機能を補綴するものなど
存在の拡張(Presence)遠隔地での(共同)作業を可能にするものなど
知覚の拡張(Perception)知覚や聴覚などの感覚を技術で強化したり、視覚障碍者のための視覚情報を皮膚感覚などに置き換えたりするものなど
認知の拡張(Cognition)AIと人間の協調により、何かを理解したり習得したりするプロセスそのものを拡張するものなど
拡張の方向性/方法
  • 人間のどの能力を拡張するかは、「身体」と「脳」の方向性があり、方法としては「機械・情報的」もしくは「生物学的」なアプローチに分けられる。
拡張の例:
  • 「身体 + 機械」 → パワーアシストスーツ/スマート衣類/ロボットなど
  • 「脳 + 機械」 → HMD/スマートグラスなど
A. サービス/ソリューション編(7〜8品目予定)
1. 会議
2. 講義/学習
3. 医療/診断
4. 観光/体験
5. 作業支援/補助
6. 遠隔操作
7. ロジスティクス
8. 介護/福祉
9. その他(監視/警備、調剤/創薬、翻訳、他)
B. 認識テクノロジー編(5〜6品目予定)
1. 顔・表情認識
2. 視線認識
3. 3D認識
4. 感情認識
5. 音声認識
6. その他(音認識、音声合成、OCR、他)
C. 人間拡張を実現する機器/システム編(15品目予定)
1. スマートグラス
2. HMD
3. スマートコンタクトレンズ
4. スマートウォッチ
5. スマートスピーカー
6. ヒアラブルデバイス
7. 音声翻訳機
8. パワーアシストスーツ
9. スマート衣類
10. アバターロボット(遠隔操作ロボット)
11. 歩行支援ロボット
12. 物流支援ロボット
13. 対話ロボット(コミュニケーションロボット)
14. 建機/建設ロボット
15. ロボットアーム
16. ドローン
17. その他(AIカー、触覚デバイス/グローブ、他)
D. 人間拡張を実現するキーデバイス編(10〜12品目予定)
1. アクチュエータ
2. 駆動用モーター
3. 筋電位センサー
4. 角速度センサー
5. 力覚センサー
6. 圧力センサー
7. 脳波センサー
8. 超音波センサー
9. においセンサー
10. 味覚センサー
11. イメージセンサー
12. 導電性繊維
13. LIDAR
14. ミリ波レーザー
15. LTE/5G通信モジュール
16. 空中ハプティクスデバイス
17. その他(骨伝導デバイス、伸縮電線、他)
参入企業/団体(ソリューションベンダー、機器/システムメーカー、デバイスメーカー、研究機関など)に対するヒアリングを実施。
都合により若干の対象品目の変更を行う場合がございます。
−調査項目−
I. 総括編
1. 人間拡張テクノロジー関連ビジネス市場総括/展望
2. 拡張機能/分類/方式別市場分析【身体/存在/知覚/認知の拡張】
3. サービス/ソリューション市場分析(サービス/ソリューション別市場動向、遠隔ビジネス動向、他)
4. 認識テクノロジー市場分析(市場/開発動向、サービス/ソリューションに与える影響、他)
5. 機器/システム市場分析(注目機器/システム市場予測、サービス/ソリューションに与える影響、他)
6. キーデバイス市場分析(注目デバイス市場動向、開発動向、有望/ターゲットアプリケーション、他)
7. 業界別分析(人間拡張テクノロジーが各業界に与える影響/人間拡張に対する期待、他)
【製造業、建設業、情報通信業、物流/運輸業、農林水産業、小売/サービス業、介護/福祉業、医療機関、エンターテインメント、他】
8. 主要参入企業動向/注目企業事例
9. 関連技術動向(注目技術トピックス/開発の方向性:AI、5G/低遅延、ホログラム技術、他)
10. 人間拡張テクノロジー関連ビジネスの方向性
II. 個別品目編
A. サービス/ソリューション編
1. 概要/定義
2. 人間拡張ビジネスにおける位置付け
3. 主要参入企業動向(サービス/ソリューション概要)
4. 市場規模推移と予測(2019年〜2025/2030年)
5. ビジネス上の課題/問題点
6. 先進ユーザー/ベンダー事例
7. 人間拡張ビジネスとしての当該サービス/ソリューションの方向性
B. 認識テクノロジー編
1. 概要/定義
2. 方式別特長および人間拡張ビジネスにおける位置付け
3. 市場規模推移と予測(2019年〜2025/2030年)
4. 用途別動向
5. 主要参入企業(ベンダー)動向
6. 技術トレンド/方向性
C. 人間拡張を実現する機器/システム編
1. 製品概要/定義
2. 人間拡張を実現するキーデバイスと特長
3. 人間拡張における当該製品の位置付け(拡張能力/機能)
4. ターゲット業界/用途/目的(サービス/ソリューション)
5. 市場規模推移と予測(2019年〜2025/2030年)
6. メーカーシェア(2019/2020年)
7. 技術トレンドおよび課題/問題点
8. 市場予測/製品化の方向性
D. 人間拡張を実現するキーデバイス編
1. 概要/定義
2. 市場概況
3. 参入企業/製品概要
4. 人間拡張ビジネス/製品における位置付け
5. 市場規模推移と予測(2019年〜2025/2030年)
6. メーカーシェア(2019/2020年)
7. 技術ロードマップおよび人間拡張テクノロジーにもたらす影響
8. 市場予測
A. サービス/ソリューション編、B. 認識テクノロジー編:国内市場対象
C. 人間拡張を実現する機器/システム編、D. 人間拡張を実現するキーデバイス編:世界市場/国内市場対象
都合により若干の項目変更を行う場合がございます。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
人間拡張/遠隔テクノロジーの現状と将来展望 2021

頒価
180,000円+税

発刊日
2020年10月09日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ