◆最新マルチクライアント調査レポート:2020年12月10日予定

新型コロナウイルスワクチン関連マテリアルの市場性

量産が期待される新型コロナウイルスワクチン関連マテリアルの市場性
−調査の背景−
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)により、世界の多くの都市でロックダウンが実施され、経済活動や通常の社会生活を送ることが困難な状況が続いている。
  • 日本では緊急事態宣言が解除されても感染者は発生しており、世界ではこれから冬を迎える南半球での感染が拡大している。
  • 感染拡大した状況で、今後自然に収束することは考えにくく、秋から冬にかけて再度感染が拡大する可能性は否定できない。
  • 国内はすでに気温が上昇し、風邪やインフルエンザが収束した状況でも、感染者が確認されていることから、夏場も油断できる状況ではない。
  • 根本的な解決には、治療薬とワクチンの開発が求められている。
  • 治療薬候補としては「アビガン」などすでに存在する医薬品の効果が期待されており投与が開始されている。
  • 一方で、ワクチンは現在開発中であり、急ピッチで開発・臨床試験を進めている。
  • 治療薬は感染者に投与するが、ワクチンは非感染者が予防的に摂取するため大量生産が求められる。
  • ワクチンの製造方法は複数あるが、細胞培養法では、製造工程では細胞の培養に必要な培地や容器・バッグ類、培養後ワクチンの成分を分離抽出するための膜やクロマトグラフィー材料が必要となる。
  • また、ワクチンを接種するためには、プレフィルドシリンジ(注射器)も必要であり、通常ワクチン用のプレフィルドシリンジ(注射器)はCOC・COPなどの高機能樹脂が採用されている。
  • そこで、本マルチクライアント特別調査企画では、現状のワクチン開発状況を整理し、製造方法や製造工程部材を整理し、プレフィルドシリンジ(注射器)を含めたコロナウイルスワクチン関連マテリアルの市場性を考察する。
−調査ポイント−
  • 現状の新型コロナウイルスワクチンの開発状況を整理
  • 各種ワクチンの製造方法・接種方法を整理し有望性を評価
  • 推定される実用化時期と生産数量を予測
  • 製造工程で使用される部材(培養バッグ類、培地、膜、クロマトグラフィー、他)
  • プレフィルドシリンジ(注射器)の市場性を予測
−調査対象−
1. 対象品目
1) 新型コロナウイルスワクチン
2) 製造工程部材
(1) 培養容器・バッグ類
(2) 培地
(3) 分離膜
(4) クロマトグラフィーゲル
3) プレフィルドシリンジ、他(経鼻ワクチン用など)
2. 対象企業・団体
厚生労働省、化血研、大阪大学、アンジェス、北里大学、GEヘルスケア、メルク、サーモフィッシャー、ベクトン・ディッキンソン、東ソー、味の素、旭化成メディカル、日本ゼオン、三井化学、ポリプラスチックス、JSR、プライムポリマー、AGC、その他受託製造関連企業など
対象品目・企業・団体等は調査段階で抽出するため変更・追加などがあります(ご要望があればご連絡ください)
−調査項目−
1. 市場分析編
1) 新型コロナウイルスワクチン関連マテリアル市場予測(2021年〜2025年予測)
2) 新型コロナウイルスワクチン市場
(1) 各種ワクチンの分類・製造方法
(2) ワクチン製造における部材・素材一覧
(3) 新型コロナウイルスワクチンの開発ロードマップ
(4) 新型コロナウイルスワクチンの生産量予測(2021年〜2025年予測)
(5) 各種ワクチンの市場との比較
(6) 各国・各企業のワクチン開発状況の整理
(7) ワクチン開発・製造の課題
(8) 今後の市場性・将来像考察
3) ワクチン製造関連部材・マテリアル一覧
4) 新型コロナウイルスワクチン関連マテリアル市場一覧
5) 受託製造市場トレンド
6) 今後の方向性・市場性
2. 品目別ケーススタディ
1) 対象品目概要
2) 主要参入メーカー
3) 現状の市場規模
4) 新型コロナウイルスワクチン用における当該品目の市場予測(2021年〜2025年予測)
5) 採用素材概要
6) 素材市場(数量規模、2021年〜2025年予測)
7) 現状の課題
8) 今後の市場性
調査項目は調査段階で変更・追加の可能性がございます
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
新型コロナウイルスワクチン関連マテリアルの市場性

頒価
800,000円+税

発刊日
2020年12月10日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
100ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 80,000円+税
      合計金額 880,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ