◆最新市場調査レポート:2018年05月31日予定

2018年 素材関連企業のフード&アグリ関連事業戦略分析

世界人口増加・食糧問題を解決するフード&アグリ関連事業を徹底分析
−調査の背景−
  • 2050年には世界の人口は90億人以上となり、2012年にFAOが発表した資料では、60%以上も食料生産を増加させる必要があると指摘されている。
  • また、2017年現在も、食料が十分にあっても、地域や経済格差によって、飢餓に苦しむ人々が数多く存在する。
  • 人類にとって喫緊の課題である食料問題を解決するため、新たな技術開発が世界中で望まれており、その市場性は非常に高いと考えられる。
  • また、先進国では健康を意識した機能性食品などの需要も高まっており、高付加価値の食料原料市場が注目されている。
  • フード&アグリケミカルはこれまで欧米素材関連企業がリードしてきた分野であり、日本の素材関連企業は出遅れているといっても過言ではない。
  • 特に、日本の素材産業はエレクトロニクスなどの先端技術分野で成功してきたが、エレクトロニクス分野は韓国や中国などのアジアメーカーが低コストを武器にシェアを奪い、厳しい事業環境となっている。
  • このような背景において、日本の素材関連企業は新たな収益源・事業展開として、フード&アグリビジネスに注力するケースが増えている。
  • フード&アグリ関連事業は、人類にとって必要不可欠かつ安全・安心が要求される分野である。また、近年は植物工場など、これまで培ってきた技術を農業と融合し、新たな事業創出も注目されている。
  • 本調査レポートでは、主要な国内素材関連企業が、フード&アグリ関連分野において、どのような事業展開を行っているかについて整理することを目的とする。
−調査のポイント−
メーカーケーススタディ
  • 主要素材メーカーのフード&アグリ事業概要
  • 次世代研究開発動向
  • M&A
  • 事業戦略
  • フード&アグリ事業の位置付け
→各種化学・素材メーカー40〜50社程度をメーカーケーススタディ化
  • 主要素材メーカーがどのようなフード&アグリ事業に取り組んでいるか?
  • 各社の次世代ターゲット領域は何か?
  • 現状の研究開発テーマは?
  • 全社事業戦略におけるフード&アグリ事業の位置付けは?
分析
  • 有望次世代フード&アグリ事業の抽出
  • 素材メーカーの将来像
  • フード&アグリ事業ランキング
  • 注目の有望次世代フード&アグリ事業の抽出
  • その市場性・成長性
−調査対象−
対象領域:フード&アグリ関連事業
各関連企業のフード&アグリ事業
対象企業:大手素材関連企業
三菱ケミカルG、住友化学、三井化学、東レ、旭化成、昭和電工、東ソー、積水化学工業、帝人、東洋紡、ユニチカ、JXTGエネルギー、出光興産、ダイセル、JNC、宇部興産、信越化学工業、富士フイルム、コニカミノルタ、日本ゼオン、JSR、クラレ、日産化学工業、デンカ、日立化成、カネカ、花王、住友ベークライト、新日鉄住金化学、日本化薬、旭硝子、住友電気工業、住友金属鉱山、三井金属鉱業、三菱マテリアル、新日鉄住金、JFEスチール、他
上記より30〜40社を対象といたします。
必要に応じて対象領域・企業を追加・変更することがございます。
−調査項目−
I. 総合分析編
1. 主要素材メーカーにおけるフード&アグリ事業の位置付け
2. 次世代フード&アグリ事業の市場性・有望事業の抽出
3. 主要素材メーカーのフード&アグリ事業ランキング
4. 注目の素材・技術開発動向
5. フード&アグリ分野における各種研究機関・政策動向
II. メーカーケーススタディ編
1. 企業・事業概要
2. フード&アグリ事業概要(アイテム)
3. 全社売上規模
4. フード&アグリ事業規模
5. 各フード&アグリ事業動向
1) 事業概要(事業規模、強みなど)
2) 業界における位置付け
3) 事業戦略・事業目標
6. 次世代技術開発動向
7. 次世代ターゲット市場(どのような領域・分野に注力しているか)
8. フード&アグリ分野におけるM&A・提携動向
9. 全社事業戦略におけるフード&アグリ事業の位置付け・戦略
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2018年 素材関連企業のフード&アグリ関連事業戦略分析

頒価
180,000円+税

発刊日
2018年05月31日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ