◆最新マルチクライアント調査レポート:2017年10月31日予定

注目産業における人工知能(AI)/コグニティブ活用ニーズ探索調査 2018年版

主要産業が抱える課題・問題点を踏まえた人工知能(AI)/コグニティブ活用ニーズをユーザー調査により明確化
−調査の背景−
  • 第三次ブームが到来しているとされる人工知能の注目度が2016年に急速に高まり、人工知能や、人工知能技術を応用したコグニティブコンピューティングの活用が自動車/機械メーカーを中心とした大手製造や大手IT企業で開始されている。
  • 人工知能、コグニティブ技術が、さまざまな活用方法が見込まれる一方、現時点では多くの企業が最適な活用を模索して実証実験を行っている段階である。
  • 本調査レポートでは、人工知能、コグニティブ技術の活用が進む産業/用途を、各産業が抱えるデータ種別や人材、課題・問題点を踏まえて探索するものである。
    調査のポイント
    • 今後人工知能/コグニティブ技術活用が進む産業および用途を探索
    • 各産業においてどのようなデータソース(音声、画像、文字、取引データ…)が保有されており、今後どのような活用が期待されるのか探索
    • 人工知能/コグニティブプラットフォームの比較とユーザー評価を分析
    • 人工知能/コグニティブ技術を活用するにあたっての課題・問題点を把握
−調査対象−
調査対象産業分野
農林水産業
製造
社会インフラ(電力・ガス・交通…)
医療・ヘルスケア
金融
メディア・広告
インターネットサービス
小売・卸売
人材サービス
教育
その他
×
用途/目的
経営管理
需要予測
顧客対応
サイバーセキュリティ
防災・防犯
品質管理
サービス改善
自動運転
業務改善
研究・開発
その他
  • 各産業が保有するデータ種別(画像、音声、文字、数値、文書、位置情報、センサー、取引データ…)
  • 各産業が抱える人材およびスキル(アナリスト、データサイエンティスト、アプリケーションエンジニア、基盤エンジニア)
−調査項目−
1. 総括編
1) 調査総括
2) 人工知能/コグニティブコンピューティング市場概況
3) 人工知能/コグニティブコンピューティング市場規模推移
(1) 全体市場
(2) 産業分野別市場
(3) 用途/目的別市場
4) 調査対象ユーザー一覧/ユーザー比較
5) 産業別保有データ状況(データ種別/データボリューム)
画像、音声、文字、データ、文書、位置情報、センサー、取引データ…
6) ユーザーにおける人工知能/コグニティブ関連技術者確保/スキル状況
アナリスト、データサイエンティスト、アプリケーションエンジニア、基盤エンジニア
スキル:エキスパート、アソシエイト、エントリー
7) 人工知能/コグニティブ技術活用が期待される分野
既存ビジネス強化、新規ビジネス創出
8) 現状のユーザーが抱える課題・問題点と人工知能/コグニティブ技術による解決策
9) 人工知能/コグニティブ技術と付加価値連携の可能性
IoT、ビッグデータ、AR/VR、セキュリティ、ロボット、RPA、API…
10) 人工知能/コグニティブプラットフォーム比較(ビジネス、機能、価格)
11) 人工知能/コグニティブプラットフォームに対するユーザー評価/見解/課題・問題点
2. 産業分析編
1) 産業構造
2) 業界を取り巻く環境
3) 当該産業が抱える課題・問題点
4) 当該産業をけん引する主要企業の戦略と業界再編動向
5) 業界支援団体の役割・動向
6) 当該産業規模/IT投資規模/IT投資のキーポイント/トレンド
7) 人工知能/コグニティブコンピューティングに対する取り組み
(1) データソースの所在/種別/ボリューム
(2) 人工知能/コグニティブ関連技術者の状況(人数/スキル)
(3) 主要団体/企業の人工知能/コグニティブコンピューティング活用状況
(4) 課題/問題点
(5) 今後の利活用の方向性
  • 人工知能、コグニティブ技術の活用が進む産業/用途を、各産業が抱えるデータ種別や人材、課題・問題点を踏まえて探索。
3. ユーザー事例編
導入ユーザー(20社)
1) ユーザープロフィール
2) 導入状況(導入主管部門/導入理由・目的・背景/導入範囲)
3) 導入している人工知能/コグニティブサービスおよびサービス評価
4) 導入評価/課題・改善点(機能面/コスト面/人材面/その他)
5) 人工知能/コグニティブニーズ(利用拡張内容および計画/今後期待する機能/想定分野)
検討ユーザー(20社)
1) ユーザープロフィール
2) 導入検討状況(検討主管部門/検討理由・目的・背景/検討範囲)
3) 導入を検討している人工知能/コグニティブサービスおよびサービス評価
4) 導入に際しての課題/問題点/導入に至らなかった理由
5) 今後自社で人工知能/コグニティブサービス利用が想定される分野/業務
  • 各産業の導入/検討ユーザーに対して、現状の取り組み状況をヒアリング。
  • 人工知能/コグニティブ技術が活用されると想定されるセクションに対して、利活用の可能性、仮説検証を実施。
  • 導入ユーザー、検討ユーザー合計40社程度にヒアリングを実施。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
注目産業における人工知能(AI)/コグニティブ活用ニーズ探索調査 2018年版

頒価
600,000円+税

発刊日
2017年10月31日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
200ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 60,000円+税
      合計金額 660,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ