◆最新マルチクライアント調査レポート:2017年10月27日予定

自動車EMC対策市場の現状と将来展望

EMC対策デバイスの市場と方向性を分析
−調査の背景−
  • 現在自動車メーカーは自動運転化へ取り組みを活発化させている。自動運転化を実現するためには、今後ECUやセンサー、カメラなどのセンシングデバイスの増加が予測される。
  • これらのデバイスは、自動運転時には高速ネットワーク通信を使用し、膨大なデータの連続的送受信を行う必要性があることから、データの送受信を阻害するノイズへの対策が重要課題となっている。
  • ノイズとは、電子機器に誤作動を起こす不要な電気信号である。自動運転では高速ネットワークを駆使しながら自動車制御を行うことから、仮に誤動作を起こした場合、人命に関わる大きな事故につながる可能性がある。そのため自動車メーカーやTier1は、センサーやカメラ、ECU、情報機器などのEMC対策により一層の強化を行うとしている。
  • EMC対策の一つとしてシールド材などのEMC対策デバイスを使用してノイズ放出、進入を防ぐ方法などがある。
  • 本調査ではカメラモジュール、センサー(センサー/レーダー)、ECU、情報機器(カーナビ、IVIシステム)、ワイヤハーネスを対象アプリケーションと限定し、各アプリケーションにおいてノイズ特性ごとの製品展開を調査する。
  • また、Tier1各社のEMC対策における具体的な方法や今後のEMC対策デバイスのトレンド、およびEMC対策デバイスの市場動向と開発動向を明確化する。
−調査のポイント−
EMC対策対象デバイス
自動運転化によるECU、センサー等の搭載数増加
連続的送受信、高速通信化
Tier1
(1) EMC対策デバイス採用条件
(2) EMC対策目標
(3) EMC対策の現状と今後の方針
(4) 自動車メーカーからの要求
EMC対策デバイスメーカー
(1) デバイス研究開発動向
(2) 構成部材動向
(3) EMC対策への目標
(4) 現状の対策と方針
→
Tier1とデバイスメーカー両サイドのアプローチから
今後のEMC対策デバイス市場の動向を探る。
−調査項目−
1. 調査対象候補品目
EMC対策デバイス
(1) ノイズ抑制シート/テープ
(2) 電波吸収シート/吸収体
(3) シールドチューブ
(4) 銅編組
(5) 導電テープ/フィルム
(6) ガスケット
採用アプリケーション
(1) カメラモジュール
(2) センサー(センサー、レーダー)
(3) 情報機器(カーナビ、IVIシステム)
(4) ワイヤハーネス
(5) ECU
2. 対象候補企業
Tier1カメラモジュール、
センサー(センサー、レーダー)
4社
予定
アイシン精機、カルソニックカンセイ、ケーヒン、デンソー、日立AMS、Bosch、Continental、Valeo、ZF TRW、他
情報機器
(カーナビ、IVIシステム)
2社
予定
アルパイン、クラリオン、デンソー、パイオニア、パナソニック、Bosch、Harman、他
ワイヤハーネスメーカー2社
予定
矢崎総業、住友電気工業、Delphi、Lear、他
EMC対策デバイスメーカートーキン、FDK、北川工業、星和電機、タツタ電線、TDK、日立金属、3M、MARUWA、他
本調査は国内での取材に基づいて作成する。
−調査項目−
分析・総括編
1. EMC対策デバイスの将来展望
2. 各国の自動車ノイズ規制ロードマップ
3. ノイズの種類と各EMC対策時系列比較(2010年/2015年/2020年)
4. アプリケーション別搭載数量推移
5. アプリケーション別EMC対策デバイス動向/搭載場所別EMC対策デバイス動向
1) カメラモジュール
2) センサー(センサー、レーダー)
3) 情報機器(カーナビ、IVIシステム)
4) ワイヤハーネス
5) ECU
6. 各アプリケーションの搭載場所におけるEMC対策状況と今後の展望
7. 自動車メーカー別EMC対策トレンド(比較)
Tier1メーカー編(8社)
1. 企業概要
2. EMC対策デバイス選定基準と要求特性
3. アプリケーション別EMC対策状況
4. 同社が考える今後のEMC対策の課題点
5. 同社のEMC対策に対する目標、具体的な取り組み
6. EMC対策の工程プロセス(試験/測定)
7. Tier1とEMC対策デバイスメーカーのサプライチェーン
8. 自動車メーカーからのEMC対策要求動向
EMC対策デバイス編(6品目)
1. 製品概要/搭載例
2. 市場規模推移・予測(2016〜2025年予測)
3. サイズ別市場規模推移予測(2016〜2025年予測)
4. メーカーシェア(2016年実績、2017年見込 数量/金額ベース)
5. 製品価格
6. 当該製品の構成材料と開発状況
7. メーカー動向
8. 製品別要求特性
9. 参入企業概要(メーカー一覧、製品概要、生産拠点、生産能力)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
自動車EMC対策市場の現状と将来展望

頒価
500,000円+税

発刊日
2017年10月27日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
150ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 50,000円+税
      合計金額 550,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ