◆最新市場調査レポート:2017年11月20日予定

スマートオフィスソリューションビジネス市場総調査 2018

ワークスタイル変革/オフィス環境改善、スマートオフィスの実現に向けた課題/目的別オフィスソリューションビジネスの全貌、ビジネストレンドを調査
−調査の背景−
  • 現在、日本人の生き方(生活の質)が重要視され、働き方が問われている時代であり、政府も積極的に「働き方改革」を推進するなど、長時間労働を削減するための施策を行う企業・団体が増えている。ただし、その限られた時間の中で、生産性を維持、向上させることが企業における命題として残されいる。
  • オフィス内には各種情報機器/OA機器や各業務/目的に応じたシステム/ソフトウェアが導入されており、クラウドサービスなどの利活用により、生産性向上や業務効率化/コスト削減が図られている。さらに創造性の向上、社内コミュニケーションの強化を目的としたフリーアドレスデスク、時間や場所の制約を受けないテレワークなど、オフィスデザイン/オフィス環境の改善によるワークスタイル変革が進んでいる。
  • また、オフィス環境の改善/スマートオフィスの実現としては、省エネ・節電・環境対策や、災害時のBCP/防災対策も重要視されており、各ソリューションベンダーの積極的な提案に加え、ユーザー(企業)自ら導入を推進する動きも活発化しているほか、IoTやAI、ビッグデータなど先進技術を絡めたソリューションが展開されている。
  • オフィス(企業)ユーザーは、業種や規模の違いはあるが、事業者/事業所数のポテンシャルから、ハードウェアメーカー、ソフトウェアベンダー、ソリューションベンダー、AVディーラー、事務機ディーラー、内装業者、通販事業者など、さまざまな業態の企業が、オフィス向けサービス/ソリューションを展開している。
  • 本調査レポートでは、オフィス環境改善やスマートオフィス実現のためのサービス/ソリューションおよび機器/システムを対象とし、オフィスソリューションビジネス全体および課題/目的別市場規模、メーカー/ベンダー動向、ビジネス/サービストレンド、オフィスソリューションビジネスの方向性を調査/分析することで、当該市場参入企業各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的に制作するものである。
−調査ポイント−
  • 国内オフィス向けビジネスの全体像/業界構造
  • オフィスソリューションビジネス市場規模推移と予測(OA/情報機器等のハードウェア〜ソフト/サービス/ソリューション市場)
  • 課題/目的別および業種別ビジネス/サービストレンド
  • 各ソリューションがワークスタイル変革/スマートオフィス実現/オフィス環境改善にもたらす影響
  • ワークスタイル変革(働き方改革)/スマートオフィス実現に向けた政府/ベンダー/ユーザーの取り組み
  • オフィスソリューションビジネスの方向性
−調査対象−
I. 調査対象ソリューション、機器/システム
A. 対象ソリューション/サービス(関連システム/キーワード)
1. オフィスデザイン
  /イメージアップ
(1) オフィス移転サービス/ソリューション(コンサルティング・プランニング〜設置/施工)
(2) 受付/エントランスソリューション(無人受付/デジタルサイネージ、他)
(3) 空間レイアウトソリューション(フリーアドレス構築/オフィスファニチャー、他)
(4) その他
2. オフィス環境/
  ワークスタイル
(1) ネットワーク構築ソリューション(クラウドオフィス/モバイルオフィス、他)
(2) テレワーク支援ソリューション(在宅勤務支援/MDM/仮想化/リモートデスクトップ、他)
(3) メンタルヘルスケアソリューション(健康管理/EAPサービス/カウンセリング、他)
(4) その他(サードオフィスサービス、他)
3. 生産性向上/
  業務効率化
(1) 会議ソリューション(インタラクティブ/ペーパーレス、他)
(2) 会議室管理ソリューション(クラウド/グループウェア連携、他)
(3) ドキュメントソリューション(ペーパーレス/Webサービス連携/クラウド連携、他)
(4) その他業務支援ソリューション(在籍・所在管理システム、他)
4. 省エネ・節電
  ・環境対策
(1) 照明/空調ソリューション(照明器具/空調設備、他)
(2) エネルギーマネジメントソリューション(BEMS/FEMS/エネルギー管理/見える化、他)
(3) その他(分煙ブース/遮熱・断熱関連/オフィス緑化、他)
5. 防犯対策 (1) 映像監視ソリューション(予防防犯/入退室管理連携/生産・安全管理、他)
(2) その他
6. BCP・防災対策 (1) BCP対策ソリューション
(2) 地震対策ソリューション(免震/耐震/ガラス飛散防止フィルム、他)
(3) 非常用通信ソリューション(非常用通信/無線機/防災無線/安否確認システム、他)
(4) 非常用発電ソリューション(非常用発電機/自家発電/蓄電システム/蓄電池、他)
B. 関連機器/システム
(1) 無人受付端末
(2) デジタルサイネージシステム
(3) ネットワーク関連(サーバー/無線LAN)
(4) 会議システム(TV会議/Web会議/音声会議/インタラクティブホワイトボード/ワイヤレスプレゼンテーションシステム・ユニット)
(5) 会議室予約・管理システム
(6) モバイル/情報端末(ノートPC/タブレット端末/スマートフォン)
(7) 監視システム(監視カメラ/監視レコーダー/監視モニター、他)
(8) その他情報機器/OA機器(プロジェクター/モニター/スキャナー/複合機/プリンター/タイムレコーダー/レーザーポインター、他)
(9) デジタル文具/事務用品(ラベルライター/電子辞書/デジタルノート/デジタルペン/デジタル名刺ホルダー、他)
II. 調査対象企業
Apple Japan/ASUS JAPAN/NECネッツエスアイ/NTTコミュニケーションズ/NTTテクノクロス/NTTデータ/NTTPCコミュニケーションズ/SCSK/TOKAIコミュニケーションズ/アスクル/アズビル/イトーキ/伊藤忠テクノソリューションズ/大塚商会/岡村製作所/内田洋行/沖データ/カウネット/カシオ計算機/鹿島建設/キヤノン/京セラドキュメントソリューションズ/キングジム/コクヨ/コクヨファニチャー/コニカミノルタ/清水建設/シャープ/セイコーエプソン/ソニー/竹中工務店/デル/東芝/東芝テック/西日本電信電話/日本エイサー/日本電気/日本ヒューレット・パッカード/日本マイクロソフト/パナソニック/東日本電信電話/日立システムズ/日立製作所/日立ソリューションズ/富士ゼロックス/富士通/富士電機/富士ビジネス/ブラザー工業/プラス/ベンキュージャパン/三菱電機/三菱電機インフォメーションシステムズ/リコー/理想科学工業/その他
OA/情報機器メーカー・メーカー販社、ハードウェア/ソリューション提供ベンダー、デザイン/内装業者、建築/建設会社を対象とする。
都合/要望により若干の対象品目の変更を行う場合がございます。
−調査項目−
I. 総括編
1. 調査総括
2. オフィスソリューション市場規模推移と予測(2016年実績〜2022年予測)
1) 全体市場
2) カテゴリー別
3. カテゴリー(課題/目的)別市場分析
4. 業種/企業規模別市場分析(業種/企業規模による課題/問題点の違い、ニーズ/トレンド、他)
5. ワークスタイル変革/オフィス環境の改善に向けた取り組み
1) 政府/管轄省庁の取り組み(方針/施策、他)
2) スマートオフィス先進ユーザー事例
6. 主要メーカー/ベンダー動向
1) オフィスソリューション市場における参入企業/業界構造
2) 主要ソリューションベンダーのオフィスソリューション事業展開(10〜15社予定)
7. オフィスソリューションビジネスの方向性
参考1. 主要オフィス向け機器/用品別市場規模推移と予測(集計)
参考2. 市場を取り巻く環境(国内業種別事業者/事業所数/従業員数、他)
II. 個別市場編
A. ソリューション市場編 15品目予定
1. 調査対象定義
2. オフィスソリューションビジネスにおける位置付け
3. 主要参入企業
4. 導入のタイミング(平常時/移転・リニューアル時等)/導入目的・効果
5. 市場規模推移と予測(2016年実績/2017年見込〜2022年予測)
6. ベンダー動向
1) ベンダーシェア(2017年見込)
2) 主要ベンダーの取り組み
7. ユーザー動向
1) 業種/企業規模別需要・ニーズ動向
2) ユーザー先進事例
8. 関連機器/システムおよび他ソリューション連携動向
9. ワークスタイル変革/スマートオフィス実現に与える影響
10. 当該ソリューションビジネスの方向性
B. 関連機器/システム市場編 20品目予定
1. 調査対象定義/市場概況
2. 主要参入企業
3. 市場規模推移と予測(2016年実績/2017年見込〜2022年予測)
4. メーカー/ベンダー動向
5. 各ソリューションにおける位置付け/連携動向
6. 市場トレンド/製品化の方向性
都合/要望により若干の対象項目の変更を行う場合がございます。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
スマートオフィスソリューションビジネス市場総調査 2018

頒価
150,000円+税

発刊日
2017年11月20日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ