◆最新マルチクライアント調査レポート:2017年07月14日予定

低燃費・軽量化自動車の開発方向性と将来展望

地球温暖化防止、大気汚染問題に対する次世代自動車の電動化、マルチマテリアル化を詳細に分析
−調査の背景−
  • 地球温暖化や大気汚染問題が深刻化しており、自動車にもCO2に代表される環境負荷物質の低減のため、世界各国で燃費規制が強化されている。
  • 2020年以降に求められる燃費規制は単純な部品の小型化による軽量化や既存技術の改良で達成するのは困難との見方が強い。
  • 大幅な燃費改善にはHV/PHV/EV/FCVといった電動/準電動のパワートレインを持つ次世代自動車の開発とCFRPやマグネシウム合金に代表される軽量化素材を採用した開発が挙げられる。
  • 現状では軽量化を目指したより比重の小さい材料への変更は、「材料コスト」「加工のしにくさ」「強度や剛性」のいずれか、またはその全てが障害となっており、採用は高級車を中心とする一部にとどまっているが、量産化技術の確立や素材の改良により、その現状を克服しようとする開発が活発化している。
  • 各自動車メーカーが低燃費自動車を開発していく中で、パワートレインの選択やマルチマテリアルの構成で他社と差別化を図っていくと推測される。本レポートでは自動車メーカーごとの低燃費自動車の開発方向性やビジネスモデルを明確化する。
  • また、マルチマテリアルを構成する軽量化に有利で、今後市場が拡大していく金属、樹脂の市場性についても考察する。
−調査ポイント−
各自動車メーカーをパワートレインと軽量化の両側面から総合的に調査
各自動車メーカーのパワートレイン戦略
  • 本命のパワートレインは?
  • 販売台数に対する次世代車の比率目標は?
  • 各パワートレインの燃費目標は?
  • パワートレインの差別化技術は?
  • 低価格化戦略は?
  • 電池/電池材料の調達戦略は?
  • SiC採用時期は?
各自動車メーカーの軽量化戦略
  • 非鉄ボディ/骨格の本格採用は?
  • 提唱するマルチマテリアルの構成は?
  • 金属部品の樹脂代替動向は?
  • 軽量化材料の調達戦略は?
  • 高価格軽量化材料に対する戦略、課題は?
  • 軽量化の具体的な目標は?
  • 既存部品の小型、薄肉化動向は?
−調査対象−
1. 対象候補品目
パワートレイン
(1) ガソリン/ディーゼル
(2) HV
(3) PHV
(4) EV
(5) FCV
軽量化材料
(1) 高張力鋼板(980MPa以上)/ホットスタンプ材
(2) 非鉄合金(アルミニウム/マグネシウム)
(3) CFRP/CFRTP/GFRP
(4) セルロースナノファイバー
(5) 金属代替エンプラ(PPS/耐熱PA/PEEK)
2. 対象候補企業
自動車メーカートヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、GM、Ford、FCA、Volkswagen、BMW、Daimler、Hyundai、他
軽量化材料メーカー
【金属】
新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所、UACJ、ArcelorMittal、ThyssenKrupp、Alcoa、Novelis、Aleris、Magontec、南京雲海特殊金属、他
軽量化材料メーカー
【CFRP/樹脂】
東レ、帝人、三菱レイヨン、三井化学、クラレ、DIC、ポリプラスチックス、SGL Group、Solvay、DuPont、DSM、DawAksa、他
自動車メーカー編では上記自動車メーカーから8社の事例をアウトプット致します。
−調査項目−
分析・総括編
1. 低燃費・軽量化自動車の将来展望
2. 各国の燃費規制ロードマップ
3. パワートレイン別自動車市場規模推移・予測(2015年〜2030/2035/2040年)
4. パワートレイン別の燃費動向、開発動向と今後の課題
1) ターボチャージャー搭載ガソリン/ディーゼルエンジン
2) HV(ストロングHV/48V電源搭載マイルドHV)
3) PHV
4) EV
5) FCV
5. SiCおよびSiC搭載インバーターの開発動向と自動車メーカーの投入ロードマップ
6. 各自動車メーカーのリチウムイオン電池、電池材料調達戦略比較
7. ボディ/骨格における採用材料比較と今後の展望
8. 鉄系材料と非鉄合金のすみ分け、競合状況と今後の展望
9. 樹脂製品における金属部品代替動向
10. 各自動車メーカーの低燃費・軽量化戦略の比較
自動車メーカー編
1. 企業概要
2. パワートレイン別販売台数推移実績(2010〜2016年実績)
3. 今後のパワートレイン別販売目標(2017〜2030/2035/2040年予測)
4. パワートレインの差別化技術動向と燃費目標
5. SiCおよびSiCインバーター採用ロードマップ
6. リチウムイオン電池および電池材料の調達動向と調達戦略
7. 軽量化材料採用実績と採用動向
8. 既存部品、システムの小型・薄肉化による軽量化動向(パワーコントロールユニット、電池、内装部品、他)
9. マルチマテリアル化の動向と今後の提唱する構成
10. ボディ、部品におけるCFRP/CFRTP/GFRPの採用動向
11. 金属部品の樹脂代替動向
12. 軽量化目標と課題
13. 軽量化材料サプライチェーン(自動車メーカー-Tier1/2-材料メーカー)
14. パワートレイン、軽量化以外の低燃費要素、開発動向
軽量化材料編
1. 製品概要と採用部位詳細
2. 当該製品の採用による軽量化効果と自動車1台当たりの使用重量
3. 市場規模推移・予測(2017〜2030/2035/2040年予測)
4. 開発動向と今後の課題
5. メーカーシェア(2015年/2016年実績、2017年見込 数量/金額ベース)
6. 強度、剛性、加工特性における今後の開発目標
7. 価格動向と要求されているターゲット価格
8. 低価格化に向けた技術動向
9. サプライチェーン
10. 参入企業一覧および生産拠点、生産能力
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
低燃費・軽量化自動車の開発方向性と将来展望

頒価
600,000円+税

発刊日
2017年07月14日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
150ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 60,000円+税
      合計金額 660,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ