◆最新マルチクライアント調査レポート:2017年04月28日予定

先端バイオマス技術の展望

-
急成長が期待されるセルロースナノファイバー技術、廃棄物系バイオマス技術、藻類利用技術の
研究開発動向とアライアンスの方向性、用途別将来性を徹底調査
-
−調査の背景−
  • 木質バイオマス由来のセルロースナノファイバーは、軽量の素材ながら鋼鉄の約5倍以上の強度を持ち、熱による変形がない等のメリットがあり、自動車部品、電子部品の他、食品、医薬、化粧品、ヘルスケアと用途が広く、潜在需要が多く見込める素材としてバイオマス関連製品としては最も注目されている。なお、セルロースナノファイバーにはコスト低減、量産化技術、キラーアプリケーション等の用途開拓等が課題としてあり、参入各社および関連官庁で開発が進められている。
  • 廃棄物系バイオマスは発電、熱、ガス利用、都市ガス、自動車燃料、廃棄物処理施設への応用等が、ここ数年、注目されており開発が加速している。
  • 本調査では上記の二つの技術の他、バイオマス分野で今後の市場の拡大が期待される藻類利用製品(自動車等のバイオ燃料、化学品/医薬品/食品等の原料)技術とユーザー動向にスポットを当て、海外を含めた研究開発動向とアライアンスの方向性、技術ロードマップ、用途別将来性等を調査することで、先端バイオマス技術の課題と方向性、問題点、関連ビジネスの将来性を徹底調査する。本調査企画の諸データが貴社企業戦略立案に役立つ基礎データとなることを願いつつ、本調査企画へのご参加を呼びかけます。
    調査のポイント
    • セルロースナノファイバー、廃棄物バイオマス、藻類利用技術の先端バイオマス技術の海外を含めた研究開発動向とアライアンスの方向性を明確化する。
    • 先端バイオマス技術の技術ロードマップ、用途別将来性を明確化する。
    • 各技術の有力企業10社の取り組みと既存ユーザー・潜在ユーザー10社の動向とユーザーニーズを詳細にケーススタディを行う。
−調査対象−
1. 調査対象技術
1) セルロースナノファイバー技術
2) 廃棄物系バイオマス技術
発電、熱、ガス利用、都市ガス、自動車燃料、廃棄物処理施設への応用、他
3) 藻類利用技術
バイオ燃料、化学品/医薬品、食品等の原料、他
2. 調査対象企業(参入企業、参入予定企業)
有力企業10社および既存ユーザー・潜在ユーザー10社を予定
王子ホールディングス、第一工業製薬、スギノマシン、星光PMC、吉田機械興業、花王、大阪ガスケミカル、大王製紙、日本製紙、旭化成せんい、モノシリナリー、中越パルプ工業、丸五ゴム工業、真庭バイオケミカル、三菱鉛筆、ダイセルファインケミカル、紀州製紙、三菱化学、三菱製紙、バイオエナジー、本田技研工業 他
上記の他、京都大学、九州大学、産業技術総合研究所等の主要大学、研究機関および海外の主要企業、関連研究機関に対して調査を実施いたします。
−調査項目−
1. 総括編
1) 市場概況
2) 業界鳥瞰図
3) 用途別将来性
4) アライアンスの現状と今後の方向性
5) 技術トレンド、技術ロードマップ
6) 関連材料、製造技術・製造装置の動向
7) 用途別ユーザーニーズの現状と方向性
8) 市場拡大に向けた成長要因/成長阻害要因
2. 市場編(3技術共通項目)
1) 市場規模推移・予測(国内・海外、数量/金額、2014〜2020・2025年予測)
2) 用途別市場規模推移・予測(国内・海外、数量/金額、2014〜2020・2025年予測)
3) 種類、タイプ別市場規模推移・予測(国内・海外、数量/金額、2014〜2020・2025年予測)
4) メーカーのポジショニング(数量/金額、2016年・2017年見込)
5) 研究開発動向
6) 課題、問題点と解決策の概要
7) 価格動向
8) アライアンスの有無と今後の予定
9) 技術ロードマップ
10) 今後の方向性
3. 企業事例編(有力企業10社を対象)
1) 企業概要
2) 技術の概要
3) 研究開発動向・特許動向
4) アライアンス状況
5) 注力製品・用途
6) 海外戦略
7) 今後の事業戦略
4. ユーザー事例編(既存ユーザー・潜在ユーザー10社を対象)
1) 企業概要
2) 当該技術の採用状況と今後の予定
3) 研究開発動向
4) アライアンス状況
5) 注力製品・用途
6) メーカーに対する要望点、ニーズ
7) 海外戦略
8) 今後の事業戦略
都合により一部の項目変更が発生する場合があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
先端バイオマス技術の展望

頒価
500,000円+税

発刊日
2017年04月28日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
130ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 50,000円+税
      合計金額 550,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ