◆環境マーケティングレポート 2016年8月号

CO2排出削減に挑む自動車軽量・マルチマテリアル市場の方向性

−はじめに−
  • 自動車の環境対策として、地球温暖化を防止するためにCO2排出量の削減が望まれている。そのために各種環境対策自動車が開発されているが、自動車の重量が年々、増加傾向にある。
  • 自動車重量を100kg軽量にすると燃費が1km/l向上することがわかっており、車体の軽量化のためのマルチマテリアルの開発、製品化が進む。
  • 本調査レポートではCO2排出量の削減、燃費の向上目的に開発されている代表的自動車軽量化材料5品目を取り上げ、その市場性と周辺動向をまとめた。
−調査目的−
  • 本レポートでは、自動車軽量化に貢献するマルチマテリアル5品目の市場性を把握することを目的とした。
−調査ポイント−
1. 自動車の軽量化動向
2. 世界の環境対策自動車の市場状況
3. 自動車軽量化マルチマテリアル5品目の市場予測
−目次−
1. 環境対策自動車とCO2削減の取り組み(1)
2.次世代自動車のワールドワイド販売台数および販売比率推移(2015年〜2030年)(3)
3. 燃料/CO2排出量目標動向(4)
1) 各地域における排気ガス規制ロードマップ(6)
4. 燃費/排気ガス規制ロードマップ(7)
1) 次世代自動車におけるマルチマテリアル化の動向(8)
5. 品目編(9)
1) アルミ合金(9)
2) マグネシウム合金(12)
3) 高張力鋼(500MPa未満)(15)
4) 高張力鋼(500MPa以上)(18)
5) CFRP(20)

ページトップ