◆環境マーケティングレポート 2016年5月号

次世代型電力貯蔵技術の展望

−はじめに−
  • 次世代型電力貯蔵システムとして、2次電池、揚水発電のほかフライホール蓄電システム、圧縮空気エネルギー貯蔵システム、超電導電力貯蔵システムが存在する。
  • ライホール蓄電システム、圧縮空気エネルギー貯蔵システム、超電導電力貯蔵システムは、まだ研究開発段階であるが、新たな手法として注目される技術である。
  • イニシャルコストの面が大きな課題となっており、現状では、国内外とも採用が進んでいない。今後コスト面の改善を図りながら、実用化を進めていくことになると見込まれる。
  • 本調査では、フライホール蓄電システム、圧縮空気エネルギー貯蔵システム、超電導電力貯蔵システムの今後の展望についてまとめる。
−調査目的−
  • 本レポートでは、次世代型電力貯蔵技術であるフライホール蓄電システム、圧縮空気エネルギー貯蔵システム、超電導電力貯蔵システムの今後の方向性を捉えることを目的とした。
−調査ポイント−
1. 電力貯蔵技術の分類の把握
2. 電力貯蔵技術の種類別利点・課題点の把握
3. 主要参入企業・研究開発機関の把握
4. 今後の方向性の把握
5. フライホール蓄電システムの把握
6. 圧縮空気エネルギー貯蔵システムの把握
7. 超電導電力貯蔵システムの把握
−目次−
1. 電力貯蔵技術の分類(1)
2. 電力貯蔵技術の種類別利点・課題点(2)
3. 主要参入企業・研究開発機関(3)
4. 今後の方向性(4)
5. フライホール蓄電システム(5)
1) 技術概要(5)
2) 参入企業、研究開発先機関(6)
3) 次世代フライホイール蓄電システムの開発動向(7)
4) 課題点(8)
5) 市場動向及び今後の方向性(9)
6. 圧縮空気エネルギー貯蔵システム(CAES)(10)
1) 技術概要(10)
2) 実用化、研究開発実施状況(12)
3) 課題点(14)
4) 市場動向及び今後の方向性(15)
7. 超電導電力貯蔵システム(SMES)(16)
1) 技術概要(16)
2) 主要研究開発機関(17)
3) 課題点(18)
4) 市場動向及び今後の方向性(19)

ページトップ