◆環境マーケティングレポート 2016年3月号

鉄道用回生電力システムの利用動向と今後の展望

−はじめに−
  • 回生電力は、モーターを逆軸回転に入力して発電機として作動させ、運動エネルギーを電気エネルギーに変換し回収または消費する方法である。
  • 鉄道において回生電力を車両の電力として利用する方法自体は、1970年代初頭から採用されている技術である。
  • しかし近年鉄道事業者の省エネ、節電意識の高まりを受け、回生電力を貯蔵するシステムや駅舎に電力を供給できるシステムが製品化されている。
  • 本調査では、鉄道用回生電力システムと今後の展望についてまとめる。
−調査目的−
  • 本レポートでは、国内の鉄道用回生電力システムの利用動向と今後の市場の方向性を捉えることを目的とした。
−調査ポイント−
1. 鉄道用回生電力システムの概要の把握
2. 導入事例の把握
3. 国の支援策の把握
4. 主要鉄道事業者の導入動向の把握
5. 業界構造の把握
6. 回生電力システム市場及び今後の方向性の把握
7. 回生電力システムメーカーの事業動向の把握
−目次−
1. 回生電力の概要と主な利用用途(1)
2. 鉄道用回生電力システムの概要(2)
1) 回生電力の利用方法(2)
2) 主な装置概要(3)
3. 導入事例一覧(4)
4. 国の支援策について(5)
5. 主要鉄道事業者の導入動向(7)
1) JR東日本(7)
2) 東京メトロ(8)
3) 京王電鉄(9)
4) その他(10)
6. 業界構造(11)
7. 回生電力システム市場動向(13)
1) 市場規模推移及び予測(2013年〜2018年予測)(13)
2) システムメーカーシェア(2015年)(15)
8. 回生電力システムメーカーの事業動向(16)
1) 三菱電機(16)
2) 日立製作所(17)
3) 東芝(18)
4) 東洋電機製造、GSユアサ(18)
5) 明電舎(19)
9. 今後の方向性(20)

ページトップ