◆環境マーケティングレポート 2015年12月号

廃棄物発電の現状と将来展望

−はじめに−
  • 循環型社会の推進、地球環境保全対策など廃棄物に対する国としての政策が進められている。国としての方針、地球環境の変化に合わせ、廃棄物処理場の運営も、自治体として変化する。
  • 本調査レポートでは、廃棄物発電について取り上げることにした。1965年に初めて廃棄物発電が納入され、高効率発電の需要が拡大している。
  • 広域化により廃棄物処理場が減少する一方、廃棄物発電の需要が拡大している。廃棄物発電の市場を、社会情勢の変化や技術開発など併せて考えていきたい。
  • 本レポートでは、地球環境保全などに対する国としての政策、電気産業と併せて、廃棄物発電の動向について検証する。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場動向(2013年〜2017年予測)
4. 採用素材動向
5. 技術開発動向
6. 今後の方向性
−目次−
I. 全体市場動向(1)
1. 製品概要(1)
2. 主要参入企業、業界構造(2)
1) 主要参入企業(2)
2) 業界構造(3)
3. 国の政策動向(4)
1) 電気供給に関わる政策(4)
2) 廃棄物発電に関わる政策(5)
4. 固定価格買取制度の利用状況(6)
5. 廃棄物処理場と廃棄物発電の推移(7)
6. 市場動向(8)
1) 廃棄物発電の規模推移、予測(8)
2) 使用年度ごとの推移(9)
3) 受注実績(10)
4) 発電規模動向(10)
7. 現状の問題点・課題点(11)
8. 今後の方向性(12)
II. ケーススタディ編(13)
1) タクマ(株)(13)
2) 新日鉄住金エンジニアリング(株)(15)
3) 日立造船(株)(17)
4) 川崎重工業(株)(19)

ページトップ