◆環境マーケティングレポート 2015年11月号

木質系バイオマス直接燃焼発電の現状と将来展望

−はじめに−
  • バイオマスの直接燃焼は、木質バイオマス(建築廃材、製材残渣、間伐材、林地残材など)、草木類、もみ殻、バガスなどのバイオマス原料を、ボイラで燃焼させ、発電や熱回収・利用を行うものである。
  • FIT制度では、バイオマス発電は太陽光発電など比べ、買い取り価格の面で優遇されている。
  • 木質系のバイオマスの確保、長期安定供給が行えれば、FIT制度の下、天候に左右されずに発電できるため、安定した売上が期待できる。
  • 本調査では、木質系バイオマス直接燃焼発電の市場動向についてまとめる。
−調査目的−
  • 本レポートでは、国内の木質系バイオマス直接燃焼発電市場動向を捉えることを目的とした。
−調査ポイント−
1. 木質系バイオマス直接燃焼発電の概要の把握
2. FIT制度におけるバイオマス発電の位置付けの把握
3. 木質系バイオマス直接燃焼発電の導入状況の把握
4. 市場動向の把握
5. 主要参入企業動向の把握
−目次−
1. 木質系バイオマス直接燃焼発電の概要(1)
2. バイオマスボイラの分類(2)
3. 再生可能エネルギーの固定買取制度(FIT制度)におけるバイオマス発電の位置付け(3)
4. 木質系バイオマス直接燃焼発電の導入状況(2015年6月末現在)(4)
5. 問題点・課題点(7)
1) 資源の供給不足の懸念(7)
2) その他の問題点・課題点(7)
6. 主要参入企業一覧(8)
7. 市場動向(9)
1) 国内市場規模推移及び予測(2014年〜2018年予測)(9)
2) メーカーシェア(2014年)(11)
3) 用途先動向(12)
8. 今後の方向性(13)
9. 主要参入企業動向(14)
1) タクマ(14)
2) 住友重機械工業(17)
3) その他の企業動向(18)

ページトップ