◆環境マーケティングレポート 2015年5月号

水素の用途展開と次々世代利用技術の展望

−はじめに−
  • 現状水素は、工業用として幅広い用途で利用されている化学物質である。
  • 燃料電池自動車や家庭用等の定置式燃料電池の利用が開始され始めたことで、新たな用途先が開拓され、需要拡大が期待されている。
  • さらに次々世代技術として燃焼発電や電力貯蔵等が検討されており、将来的に水素の利用量、用途が大きく拡大されると予想される。
  • 本調査では、次々世代技術を中心に水素の利用動向についてまとめる。
−調査目的−
  • 本レポートでは、国内の水素の用途展開と次々世代利用技術の動向を捉えることを目的とした。
−調査ポイント−
1. 工業用水素の現状の把握
2. 次世代水素利用技術(燃料電池自動車、水素ステーション、家庭用燃料電池)の動向把握
3. 次々世代水素利用技術(燃焼発電、産業用燃料電池、電力貯蔵、航空機・船舶)の動向把握
4. 今後の方向性の把握
−目次−
1. 水素の用途(1)
2. 工業用水素の動向(2)
1) 工業用水素の動向(2)
2) 圧縮水素の用途別市場規模推移(2010年〜2014年)(3)
3) 液体水素の市場規模推移(2010年〜2014年)(4)
3. 次世代水素供給先の動向(5)
1) 水素ステーション、燃料電池自動車(産業用車両を含む)(5)
2) 家庭用燃料電池(7)
4. 次々世代水素利用技術(8)
1) 分類(8)
2) 技術概要(9)
(1) 水素燃焼発電(9)
(2) 産業用大型燃料電池(10)
(3) 電力貯蔵(11)
(4) 航空機、船舶(12)
3) 技術ロードマップ(13)
4) 課題点・問題点(14)
5) 研究開発動向(15)
6) 次々世代利用技術の有望度(19)
5. 水素利用技術の今後の方向性(20)

ページトップ